私達と接続

開催地フランス

仏独関係の将来はどうなるのか?

SHARE:

公開済み

on

新たに再選されたフランス大統領エマニュエルマクロン (写真) しませんでした 彼のドイツのカウンターパートであるオラフ・ショルツ首相を訪ねるためにベルリンに行く前に多くの時間を無駄にします。 訪問は77とダブテールth ヨーロッパでの第二次世界大戦終戦の記念日であり、選出された直後にドイツとフランスの元首がお互いの国を訪問するという長年の伝統を反映しています。, コリン・スティーブンスは書いています。

この機会は伝統の継続性を示していますが、ヨーロッパにとって大きな変化の時期に来ています。 このブロックは、ウクライナでのウラジーミル・プーチンの侵略戦争に対処しているだけでなく、インフレの上昇とユーロ圏の不況の見通しにも直面しています。 この一連の課題に直面して、60年以上にわたってヨーロッパの原動力であったフランスとドイツの軸は、これらの危機を不変に乗り切ることができるでしょうか?

過去と現在の間

マクロンとショルツは、この機会にウクライナの過去と現在の状況を振り返り、ドイツの首相は「ウクライナが勝つだろう」と強調した。 自由と安全がその日を勝ち取るでしょう。ちょうど77年前に自由と安全が抑圧、暴力、独裁に打ち勝ったように」。 ウクライナとの連帯は、エマニュエル・マクロンの 初めての海外旅行 彼の再選に続いて、しかし会議はまた、エネルギーから、ブレグジット議定書の実施の難しさ、そして条約改革まで、ヨーロッパにとって優先度の高いいくつかのトピックに触れました。

しかし、会議はまた、フランスとドイツの関係の将来がどうなるかを垣間見ることができました。 伝統的に、両国間のパートナーシップは対等なものでしたが、アンゲラ・メルケルの引退により、勢力均衡が実現しました。 シフトしている可能性があります。 自宅でのあざの選挙運動にもかかわらず、マクロンは訪問中、より多くの人としての彼の役割で自信を持っているように見えました シニア ショルツは、おそらくウクライナに武器を送り、ロシアからのエネルギー輸入を阻止することを躊躇していることに対する容赦ない批判に照らして、不快に見えた。 さらに、マクロンは、ヨーロッパを改革するという野心的な議題を前に進め、フランスと 位置 EUの最も強力なリーダーとしての彼自身。

経済競争の新段階

仏独関係がリバランスに向かっていると信じる理由は、いつものように、その関係では、政治だけでなく、厳しい経済にも結びついているからです。 インフレの上昇と 成長の停滞 現在ユーロ圏を掌握している両国は、迫り来る景気後退の見通しから逃れるために競争を繰り広げていることにすぐに気付くでしょう。 確かに、私たちはすでにフランスとドイツの企業間の経済競争の新たな段階の最初の兆候を目の当たりにしており、両国の企業は成長の魅力的な見通しを提示する市場での地位を争っています。

広告

成長と確かな環境への信頼を約束する主要な市場のXNUMXつは、クリーンカーの生産です。 自動車産業と製造業は歴史的にドイツの強みでしたが、マクロンはフランスを大陸のトップにすることによってこの支配に挑戦する計画を明らかにしました プロデューサー きれいな車の。 現在、フランスの自動車産業のリーディングカンパニーであるルノーはXNUMX番目になると予測されています フォルクスワーゲンだけに しかし、これはエリゼの野心を満足させるのに十分ではなく、マクロンは昨年2025月に別の電気自動車を誓約しました。 €4億 ルノーグループをXNUMX位に押し上げる。

両国が注目しているもうXNUMXつの市場セグメントは、保険および再保険セクターです。これは、気候変動の壊滅的な影響を緩和するためのヨーロッパの取り組みにおいてますます重要になっています。 ヨーロッパ人は歴史的に 不足分の 自然災害に対して、洪水や山火事の頻度の増加は、保険および再保険料の需要の増加と業界全体の拡大を促しました。 特に急成長している再保険セクターでは、現在ドイツが優位に立っています。 のうちXNUMXつ 世界の再保険会社のトップ3はドイツで、フランスの会社はトップ10に12社しかありません。しかし、フランスの保険会社Covéaが最近世界のXNUMX社を買収する動きに見られるように、フランスの会社はこの優位性に挑戦し始めています。th 最大の再保険会社であるPartnerReは、9億ドルの取引で 緑の光 先月の欧州委員会による。 これは、可能性に満ちた市場へのフランス企業による多くのそのような賢明な投資の最初のものである可能性があります。

シフトする同盟

フランス企業がドイツ企業がすでに強力な足場を築いている有望なセクターにますます移行しているというこれらの兆候に加えて、ヨーロッパのバックボーンとしての関係の役割が変化する可能性があるという別の手がかりは、ベルリンの関与なしにブロックで新しいパートナーシップを構築するというマクロンの決意から来ています。 ごく最近、フランスの大統領は彼のイタリアの隣人とのより強い関係を追求しました 署名 昨年1963月にマリオドラギ首相といわゆるクイリナーレ条約を締結しました。 野心的な文書はXNUMX年を反映しています エリゼ ヨーロッパのフランスとドイツの同盟が享受した経済的および政治的支配の季節を開始した条約。 クイリナーレ条約が半分でも成功したことが証明された場合、それはEUの枢軸国における決定的な南方へのシフトを示す可能性があります。

最近まで、EUの主要な力のダイナミクスは揺るぎないようであり、フランスとドイツが先頭に立っていました。 しかし、ヨーロッパの地政学的シーンの確実性は過去のもののようです。 いくつかの同時の危機に直面して、パリとベルリンの間の関係はあまりにも困惑しているかもしれません。 マクロンはXNUMX期目の任期で、EUを改革することで彼の遺産をマークすることを決意しているようであり、そうするために、ベルリン以外のヨーロッパの首都で同盟国を探しています。 ドイツとフランスの企業間の競争を激化させる経済的インセンティブに加えて、政治的ダイナミクスは、この長年の地政学的関係が新しい段階に向かっている可能性があることを示唆しているようです。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド