私達と接続

防衛

NATOはアルバニアに新しい空軍基地を開設したばかりだ。それはいい

SHARE:

公開済み

on

NATOは西バルカン諸国での存在感を高めている。この地域への支持を示すため、NATOはアルバニアのソ連時代の空軍基地を新たな作戦拠点に改造した。アルバニアはこの取り組みを歓迎し、NATOとの安全保障パートナーシップ強化に意欲を示している。アルバニアの決定は、ウクライナにおけるロシアの行動から生じた最近の緊張への対応として、西側諸国との足並みを揃えていることを反映している - アルタ・ハシシェマイリ記者が書いている。.

空軍基地の建設は、ウクライナ戦争の直前にモスクワの反西側姿勢によって始まった。 感情 バルカン半島。アルバニアの戦略的な位置と、この地域の地政学的緊張の高まりを考えると、そこに基地を設置するのは当然のことでした。

アルバニアはNATO加盟国ですが、 まだ 独自の戦闘機は持っていない。アルバニア、NATOとユーロファイター部隊のために空軍基地を開設 着陸 初めて。さらに、NATO 積立 空軍基地には、保管施設、管制塔、逃走路、格納庫を含めて約50万ユーロの費用がかかる。

それだった 最初の アルバニアにおけるNATO安全保障計画の実施と空軍基地の式典は、この地域の安全保障の推進におけるアルバニアの役割を強調する大きな節目となった。

新しい空軍基地は、NATOとアルバニアの間のつながりと協力を強調するものである。これはアルバニアがより積極的になり、西バルカン半島におけるNATOの目的を支援する意欲を示している。 NATO報道官代理ディラン・ホワイト ストレス ヨーロッパと地域における抑止力と防衛の観点からの戦略的重要性における空軍基地の重要性。 

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する リフォーム アルバニアのクコバ空軍基地の建設は、西バルカン半島におけるNATOの立場を示す戦略的かつ地政学的な投資である。アルバニアは、地中海地域の地政学的観点から戦略的な位置にあります。

新しい空軍基地により、NATOのハブとしての関心はさらに高まるだろう。地域の安全保障と証券化を重視し、軍隊や航空乗組員を受け入れ、収容する予定だ。クコバ基地は、 host ギリシャとイタリアからの戦闘機 守る NATOの統合防空・ミサイル防衛システムの一部としてのアルバニア領空。 

広告

西バルカン地域は、ロシアの地政学的影響力と西側諸国との対立において重要な役割を果たしている。ロシアがウクライナでハードパワーを推進している一方で、西バルカン地域におけるロシアの影響力と経済的影響力は低下している。 NATOの存在感が優位に立っている。空軍基地の開設により、NATOはロシアの地政学的足跡を脇に置くことができることを改めて証明した。

一方、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、 共催 ティラナでアルバニアのエディ・ラマ首相とウクライナ南東ヨーロッパ首脳会議。ウクライナ大統領 要求されました サミットでは、ロシアとの戦いに役立つように西バルカン半島から軍事装備を提供することを求めた。ゼレンスキー大統領はまた、ウクライナの平和ビジョンに対するバルカン諸国の支援を望んでいると述べた。 昇進した のアイデア 共同武器の生産 ティラナでのサミット中。ウクライナは防衛能力を強化し、ロシアに対抗しようとしているが、アルバニアのようなNATOとの強い絆を持つ同盟国を持つことで、ウクライナに影響力が与えられる。空軍基地の開設にもかかわらず、エディ・ラマは他の人々に共感する 慾望 NATOが使用できるように、彼の国のポルト・ロマーノに新しい海軍基地を開設すること。 

クコバ空軍基地を再開するという決定は、ヨーロッパと西バルカン半島の安全保障環境を強化するというNATOの意図を反映している。 NATOは安全保障の一環としてインフラを近代化し、この地域で安全保障上の問題が発生した場合に迅速に対応できる新たな基地を開設している。

空軍基地は単なる軍事能力以上のものを意味します。これは、NATOとアルバニアの間の協力と協力の深化、そして西バルカン諸国における悪影響や紛争の影響に対する継続的な対策を象徴するものである。それは私のような西バルカン半島の人々にとって、友情と安全のしるしです。

Arta Haxhixhemajli はコソボの研究者であり、米国ジャーマン・マーシャル基金の非居住者フェローであり、ヤング・ヴォイス・ヨーロッパのフェローでもあります。彼女の研究は、国際関係、安全保障、地政学をカバーしています。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド