私達と接続

ナトー

「暴力や脅迫の禁止」はウクライナのNATOの道を妨げる可能性がある

SHARE:

公開済み

on

ヘルシンキで開催されたNATOオープンドア会議で、ミルチャ・ジョアナNATO副事務総長は、ウクライナのNATO加盟の用意を歓迎し、「NATOのドアは開いたままだ」「いかなる暴力も脅迫もそれを阻止できない」と述べた。ブルガリア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、スロバキア、スロベニアの大使館は、フィンランド国際問題研究所およびフィンランド大西洋評議会と協力して、自国のNATO加盟20周年を記念してこのイベントを企画した。 。

ゲオアナ氏は仮想演説の中で、NATOの門戸開放政策について話すのにフィンランド以上に最適なホスト国は考えられないと述べた。同氏は「新たに加盟したスウェーデンとともに、あなた方は世界に自由の意味を示した」と述べ、プーチン大統領が「NATOの扉を閉める」試みは失敗したと付け加えた。

副事務総長は、ウクライナがこれまでの中東欧やバルト諸国と同様、NATO加盟への道を選択したことを強調した。 1949年以来、NATOは加盟国XNUMXカ国からXNUMXカ国に増加し、XNUMX月のワシントンサミットに向けて「ウクライナが我々の偉大な同盟に加わるための架け橋を築く」ことを続けるだろう。  

同副事務総長は、NATOの開放政策により、より多くの兵力、より多くの能力、技術や専門知識を持つより多くの人材が同盟に導入されたと強調した。同氏は、「バルト海から黒海までのNATO同盟国は、NATOの集団安全保障に大きく貢献している」と述べ、これらの国々がNATOの北大西洋防衛イノベーション・アクセラレーター(DIANA)の一部である試験センターや加速器施設など、NATOのイノベーション・エコシステムにも貢献していると強調した。 )。

前日、ミルチャ・ジョアナはロンドン近郊のノースウッドにある連合海事軍司令部(MARCOM)を訪問し、マルコム司令官、マイク・アトリー中将および他の主要幕僚と面会した。副事務総長と司令官の議論は、NATOの新たな防衛計画におけるマルコムの重要性と、北米とヨーロッパの間の海路を開いた状態に保つ上での同軍の重要な役割に焦点を当てた。

バルト海の海中インフラが最近被害を受けたことを受け、同盟国の海軍と新技術が海底インフラをどのようにより良く保護できるか、また海底ケーブルやパイプラインのシールドにおける同盟の役割についても議論した。ゲオアナ氏はさらに、西側諸国によるウクライナへの継続的な支援の必要性を強調し、ロシアの勝利を許す代償は現在のウクライナ支援の代償よりはるかに大きいだろうと述べた。

副事務総長と司令官はまた、進化するミサイルとドローン技術、そしてNATOが現代の戦争における人工知能の役割にどのように適応できるかについても議論した。ゲオアナ氏は、同盟がこの世代で最大の安全保障上の課題に直面していると警告し、NATOの10億人の国民を守る上でマルコムの中心的な役割を強調した。

広告

同氏は、ロンドンで開催される年次NATO統合防空・ミサイル防衛(IAMD)第3回会議の開会の辞で今回の訪問を締めくくった。今年の会議は、ワシントン・サミットの成果物、対ウクライナ戦争から学んだ教訓、サミットを超えたNATO IAMDの適応に焦点を当てた。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド