私達と接続

開催地フランス

新しく任命されたフランスの大臣はレイプの告発を否定します

SHARE:

公開済み

on

ダミアン・アバド (写真) was appointed France’s minister for Solidarity and the Disabled on Sunday (22 May). This follows accusations made by Mediapart 女性へのインタビューに基づく記事で。

According to Saturday’s Mediapart 話によると、引用された女性たちは、アバドが彼らを不適切な性的関係に追いやったと言った。 彼らは、行動が2010年後半または2011年初頭に起こったと主張した。

アバドに対する女性の2017人がXNUMX年に警察に訴状を提出した。それ以上の措置なしに閉鎖された、とアバドは述べた。

He stated that he “contests with the greatest force these allegations of sexual violence. The sexual relationships that I have had all my life were by mutual consent”.

アバドは、関節拘縮と呼ばれる彼の四肢すべてに影響を与える彼の障害が、彼が起訴された暴力行為を実行することを物理的に不可能にしたと主張した。

When asked by Elisabeth Borne to comment on the allegations against Abad she said that she didn’t know about them until he joined the government.

She said: “I will be very clear: On all these topics of harassment, sexual assault, there cannot be impunity, and we must continue ad hoc so that women who might be victims of harassment, assault, or harassment can freely speak out.”

広告

Borne stated that her government would be responsible for the consequences of Abad’s appointment, “if new elements are added and a case is opened.” She didn’t give any further details.

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド