私達と接続

Ukraine

イタリア、ロシアによる砲撃を受けたオデッサ正教大聖堂の修復に500,000万ユーロを寄付

SHARE:

公開済み

on

イタリアのジョルジア・メローニ首相は、2023年23月2023日にロシアの砲撃で大きな被害を受けたオデッサの変容大聖堂の緊急修復に財政的に貢献するという、早ければXNUMX年XNUMX月までに交わした約束を守っている。 - HRWF が報告している。

報告書によると、2024年XNUMX月初旬、イタリアとユネスコの間で資金の配分に関する協定が締結された。 オデッサ市議会。イタリア政府代表団の議長は、ウクライナ復興・強靱性強化担当特使のダビデ・ラ・セシリア氏が務めた。

23年2023月XNUMX日の夜、ロシア軍は オデッサの領土とその地域に対する大規模な攻撃、さまざまな種類のミサイル19発を発射します。打撃はユネスコの世界遺産に登録されているオデッサの歴史的中心部に及んだ。攻撃の結果、25の建築記念碑、特に変容大聖堂が損傷した。大聖堂の半分は屋根なしで放置され、建物の中央の杭と基礎が壊れ、すべての窓がノックアウトされ、漆喰がノックダウンされました。救助者と聖職者は、オデッサの守護者と考えられている神の母のカスペロフスカヤ・イコンを含むいくつかのイコンをなんとか保存しました。オデッサ建国100周年を記念して設置されたイベリアのアイコンも生き残った。

2 年 2023 月 XNUMX 日、ウクライナとイタリアは変容大聖堂の修復に関する協定に署名しました。

11月に大雨により大聖堂が浸水し、オデッサ教区によって緊急に屋根の保存工事が開始された。

再建は三者覚書に基づき監査役会のもとで実施

市長室は、計画ではオデッサ再建に関する三者協力覚書(イタリア、ウクライナ、ユネスコ)に署名する予定であり、またイタリアとウクライナの間でも別途協力覚書に署名し、協力分野を明記する予定であると述べた。

広告

この修復作業を実行するために、三者覚書の関係者全員と戦略委員会、技術委員会、科学委員会を含む監査委員会が設立されます。特に後者には、ミラノ工科大学、ミラノトリエンナーレ美術館、ローマ国立近代美術館・建築博物館の科学者が参加する予定だ。

ウクライナ側としては、次のことを含めるのが賢明であるはずだ。 メシュチェリアコフ教授 彼の名前は、スターリン時代に完全に破壊されたオデッサ大聖堂の再建の歴史と密接に関係しているため、監査委員会に名を連ねています。博士号メシュチェリアコフ大准教授は、イコモス(国際記念物遺跡会議)のウクライナ委員会のメンバーであり、ウクライナ全国建築家組合の建築会議所オデッサ地域支部の会長であり、ウクライナ省の法医学専門家である。ウクライナ判事、英国アカデミーのリスク研究者プログラムの研究員、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジの客員研究員。彼は、建築および文化遺産保護の分野における 2 冊の単行本と 70 冊を超える科学出版物、記事、論文の著者です。

メシュチェリアコフの指導の下、建築家グループは 1999 年にオデッサ大聖堂再建プロジェクトの全国公募で受賞者となり、同大聖堂は彼のプロジェクトに基づいて 2000 年から 2010 年に再建されました。その後、オデッサ大聖堂の再建により、建築分野でウクライナ国家賞を受賞しました。彼はこのテーマに関する本の著者でもあります。

大聖堂の法的地位: 複雑かつ不明確

変容大聖堂の法的地位 かなり複雑で不明瞭です。 2022年XNUMX月までは、ウクライナ正教会/モスクワ総主教庁(UOC/MP)に所属する特別な地位と広範な自治権を有する教会とみなされていた。

27年2022月2018日、UOC/MP評議会はそのような依存への言及を法令からすべて削除し、財政的自主性と聖職者の任命に外部からの干渉がないことを強調した。これにより同教会はロシア正教会から分離し、ウラジミール・プーチン大統領の対ウクライナ戦争を支持したキリル総主教(ロシア正教会)を礼拝で追悼することを中止した。しかし、この距離設定はモスクワからの分裂にはつながらず、UOCは正規の地位を維持することができた。その一方で、ポロシェンコ大統領の下で5年2019月に設立され、XNUMX年XNUMX月XNUMX日にコンスタンティノープル総主教庁によって承認された国立ウクライナ正教会(OCU)へのUOC教区の移管プロセスが加速している。

この文脈で、次のコメントは、 アンドリー・パルチュク大執事、ウクライナ正教会(UOC)オデッサ教区の聖職者 大聖堂に生じた被害については言及する価値があります。「破壊は甚大です。大聖堂の半分は屋根なしで残されています。中央の柱と基礎が壊れています。すべての窓と漆喰が吹き飛ばされました。火災が発生し、教会内で聖像やろうそくが売られている部分が燃えました。空襲終了後、救急隊が到着し、すべてを消し止めた。」

23 7月2023で、 アルツィズ大司教ビクター (UOC)はロシア正教会のキリル総主教に対し、大聖堂への砲撃について激しく訴えた。主権国家であるウクライナに対する戦争を支持し、残虐行為を行っているロシア軍を個人的に祝福していると非難した。

ロシア正教会のキリル総主教は、ロシアの砲撃によってオデッサの正教会大聖堂が受けた甚大な被害について沈黙を守り、その再建に対する財政的その他の援助を提案していない。

日本の援助

日本は、ユネスコを通じて文化遺産、教育、メディアの修復のためウクライナに資金援助を提供した。

調印式は7月XNUMX日にパリの同団体本部で行われた。式典には、日本代表の狩野武弘ユネスコ代表、オードリー・アズーレユネスコ事務局長、ワディム・オメルチェンコ駐フランス・ウクライナ大使が出席した。

日本語 当局者らによると、今年、両国は戦闘が続くウクライナに約14.6万米ドルを割り当てる予定だという。

これらの資金は、ロシアのミサイル攻撃で被害を受けたオデッサの歴史的中心部の世界遺産の保存に役立てられる。

24月25日からXNUMX日にかけて、 ウクライナ文化に関するシンポジウム 戦争を背景にしたこのイベントは東京の慶応大学で開催され、終了後はオンラインで視聴できるようになります。 登録.

昨年、オデッサのギリシャ共和国総領事ディミトリオス・ドーツィスは、ギリシャも被害を受けた建築記念碑の修復を支援する意向であると発表した。 ロシアのミサイル攻撃の際に、大聖堂を含むが、2月初旬の時点では、具体的な取り組みの可能性については何も公表されていませんでした。

他のEU諸国は大聖堂の修復に貢献すると約束していない。

ロシアによるオデッサ砲撃の直後、 ジョセップ・ボレル欧州連合外交安全保障政策上級代表 同市への夜間攻撃を新たなロシアの戦争犯罪と呼び、ツイートした:「ユネスコの保護下にあるオデッサに対するロシアの容赦ないミサイルテロは、クレムリンによる新たな戦争犯罪であり、世界遺産である正教会の主要大聖堂も破壊した。ロシアはウクライナを破壊する目的で、すでに何百もの文化遺産に損害を与えている。」しかし、EUは大聖堂の破壊された部分の再建に貢献するという約束はなされていない。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド