私達と接続

ナトー

私たちはプーチンに対して十分に強くありません、彼はまだ私たちを弱いと見ています

SHARE:

公開済み

on

NATOを強大な軍事同盟として提示し、ロシアを破壊し、ソ連崩壊後の領域にさらに進出することに執着するのは、ウラジーミル・プーチン大統領にとって長い間都合が良かった。しかし、彼のレトリックが何であれ、本当の危険は、彼が実際にNATOを弱くて分裂しており、適切に防衛する資金を見つける気も無く、戦うための十分な兵器を製造する能力さえも持たない、いがみ合っている民主主義国の集団だと彼が見ていることだ、とポリティカル紙は書いている。編集者のニック・パウエル。

ロシアがウクライナ国民に死の雨を降らせ続ける中、NATOとEU加盟国の安全を享受している国に対するロシアの主に象徴的な行為を検証することは、ほとんど不適切であるように思えるかもしれない。しかし、エストニアのカジャ・カラス首相がロシア刑法の下で指名手配されているというクレムリンの発表は、ウラジーミル・プーチン大統領の考え方の一端を示している。

まず額面どおりに受け取ると、カラス氏や他のバルト諸国の政治家に対する告発は、エストニアなどにあるソ連戦争記念碑の撤去に対するロシアの長年の不満を反映している。多くの場合、歴史の物語が危険にさらされています。この記念碑は、ナチスに対する赤軍の勇敢さを記念するものなのか、それともヒトラーと共謀してバルト三国の独立を破壊し、奴隷化した後、バルト三国の防衛に失敗し、戻ってきて数十年続く圧政を敷いたソビエト政権を称賛するものなのか。

スターリンと第二次世界大戦におけるソ連の役割についてプーチン大統領が述べたことをすべて考慮すると、彼が歴史的真実であると主張しているものが実際にはせいぜい論争のある出来事にすぎないことをプーチン大統領が認識できる可能性は低い。さらに懸念されるのは、彼が好むと好まざるにかかわらず、消えつつある戦争記念碑が別の主権国家の領土内にあることを認めたがらないことだ。 

そして単なる主権国家ではなく、NATO加盟国でもあります。フィンランドとエストニアがともに加盟国となったことで、クレムリンはこの同盟が実質的にサンクトペテルブルクの門に到達したとみなしている。ロシアが本当に侵略を恐れているわけではない。 

NATO が厳密に防衛的な同盟であるというだけではなく、NATO がその役割においてかつて考えられていたほど効果的ではないかもしれないという兆候があまりにも多すぎます。ロシアのプロパガンダの貪欲かつ一枚岩の勢力とは程遠く、その弱点は明らかだ。

NATOのヨーロッパ加盟国は総じて防衛に十分な支出をすることができず、軍事力に衝撃的な不足を抱えている。これが最も顕著に表れているのは、ウクライナに約束した砲弾やその他の兵器を十分な量製造できないことである。このためプーチン大統領には、少なくとも掌握した領土を守り続けるという希望が生まれた。

広告

また、すべての NATO 加盟国が北大西洋条約第 5 条に基づく義務を果たし、攻撃を受けている他の加盟国を救援するかどうかについて、少なくとも疑問の余地が生じた。ある意味、その疑念は常に存在していたが、米国があらゆる同盟国を助けに来るという明らかな確信によって覆された。

ドナルド・トランプは、この政策をもはや維持すべきではないと示唆した最初または唯一のアメリカの政治家ではない true しかし、彼は議論を行う最も大きな声になった。同氏は、他のNATO加盟国がGDPに占める最大の国防予算と最大の割合を米国に依存していることは耐え難いと考えている。もちろん、国防予算の大部分をNATO作戦域外にも費やしている。

実際、ポーランドは現在、GDP に占める割合で測定した場合、米国の国防支出を上回っています。したがって、おそらくトランプ大統領がホワイトハウスに復帰すれば、攻撃された場合に支援する価値のない「不良」NATO加盟国には該当しないだろうし、トランプ大統領のレトリックによれば、プーチン大統領はこのような攻撃を歓迎するだろう。

エストニアもNATOの国防費目標であるGDP比2%を余裕で上回っているが、それにもかかわらず、米国がNATO同盟国の中から選ぶことができるという示唆に当然のことながら神経をとがらせている。もしロシア軍がこのような小さな国を迅速に制圧した場合、アメリカ軍は本当に戦争の流れを変えるために到着するだろうか?

より可能性の高いシナリオは、ポーランド、ラトビア、リトアニアが即座に存亡の脅威を認識し、エストニアを守ることになるだろう。 NATOに加盟しているかどうかに関係なく、フィンランドやおそらくスウェーデンも同様だろう。残りの北部防衛グループも間もなく、他の北欧諸国に加えて英国、オランダ、ドイツの順で続く可能性がある。

その時点までに、米国を含むNATOの残りの国々は紛争から逃れることはほとんどできなくなっていた。もちろんこれは悪夢のようなシナリオだが、同盟全体との戦争の危険があることが、プーチン大統領がNATO加盟国への攻撃を永久に阻止できる唯一の方法である。

私たちはウクライナで何が起こったのかを見ればよいだけだ。 NATO加盟の代わりに、領土内に駐留していたソ連の核兵器を放棄した際に、米国、英国、フランス、そしてロシアから与えられた、最終的には無価値な領土保全の保証を与えられただけだった。

プーチン大統領の戦略は、1930 年代の教訓を忘れていない人ならずっとそうしていたはずなので、今では簡単に認識できるようになりました。まず、ウクライナがNATOと欧州連合から背を向け、ロシア語を話す国民を「保護」するロシアの権利を認めるという政治的要求があった。その後、クリミアに対する「正当な」領土要求、続いてドンバスでの戦争が行われたが、それに対して西側の決意が試され、それが不十分であることがわかったときに初めて完全な侵略となった。

エストニアに対する最近の脅威に対する唯一考えられる信頼できる対応策は、バルト三国に対するNATOの関与を倍増させ、ヨーロッパによるウクライナへの軍事援助を加速させることである。武器生産の拡大を調整するという欧州国防委員のアイデアも良いものだ。もちろん、ワシントンでも下院が上院の例に倣い、ウクライナに対する超党派の支持に戻ることも期待しなければならない。そしてドナルド・トランプが大統領として戻ってこないことを祈ります。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド