私達と接続

ナトー

ブカレスト宣言:NATOのウクライナ論争は依然として2008年の首脳会談の影響を受けている

SHARE:

公開済み

on

NATO諸国がウクライナの加盟促進に合意しようとする中、 サミット 今週ビリニュスでは、以前の集会が長い影を落としている。

2008年XNUMX月にブカレストで開かれた首脳会議で、NATOはウクライナとグルジア両国が米国主導の防衛同盟に参加すると宣言したが、そこに至る方法については何も計画を示さなかった。

この宣言は、両国の入国を認めたい米国と、それがロシアの敵対となることを恐れたフランスとドイツとの間の亀裂をめぐるものであった。

これは巧妙な外交的妥協策だったかもしれないが、一部のアナリストはこれを両国の最悪の結果だと見ている。これはロシア政府に対し、かつてソ連の一部として統治していたXNUMXカ国がNATOに加盟することを通告したが、両国を保護には近づけなかった。それはメンバーシップに付属しています。

現在、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ロシアの侵略によって引き起こされた戦争が終わった後、ウクライナがいつどのように加盟できるかを明確にするようNATOに迫っている。

再びNATO内に分裂が生じた。 そして当局者はしばしばブカレスト宣言を参照点として引用する。

NATOはいつかウクライナが参加すると改めて表明するのではなく、「ブカレストを越えて」行動すべきだということで広く合意がなされている。 しかし、どこまで到達するかについては大きな違いがあります。

広告

今回、米国とドイツは、自動的に加盟につながる招待やプロセスと見なされるものを支持することに最も消極的だった。

一方、前世紀にロシアの支配下で数十年を過ごした東欧のNATO加盟国は、フランスの一部の支援を得て、キエフに明確な工程表を作るよう求めている。

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は月曜日、加盟のための一連の正式な条件が揃っていると発表したが、 削除されました、ビリニュス宣言は必然的に新たな妥協となるだろう。

外交関係者らによると、当局者らはNATO加盟国31カ国すべてが受け入れられる文言を見つけようとしている中、「ウクライナの正当な場所はNATO内にある」「条件が許せば」加盟するという主張も議論されている文言の一つだという。 ブカレストの場合と同様、最終的には指導者らの解決に委ねられる可能性がある。

ルーマニアの共産主義独裁者ニコラエ・チャウシェスクの委託により巨大な国会議事堂で開催された2008年のサミットとの類似点が、多くのNATOウォッチャーを驚かせた。

シンクタンク・チャタム・ハウスのウクライナ政策専門家オリシア・ルツェビッチ氏は、ゼレンスキー氏とその顧問らは今回キエフにとって可能な限り明確な結果を確保するために取り組んでいると述べた。

「ブカレスト首脳会談は後味の悪いものを多く残し、実際に戦略上の曖昧さを生み出した…ウクライナとグルジアにとっては常設のNATO待合室だ」と彼女は語った。

プーチン大統領からの圧力

2008 年以来多くのことが変わりましたが、変わらないものが XNUMX つあります。それはウラジーミル・プーチンです。

ロシア大統領は、ウクライナとグルジアをNATOに加盟させないようブカレストの指導者らに個人的に働きかけた。

今回、直接自分の主張を述べる機会を得たのはゼレンスキー氏だ。 しかし、ロシアは今後も議論において大きな要素となるだろう。

すべての根底にあるのは、NATOがロシアに対してウクライナを防衛し、核保有国間の直接紛争を開始する用意があるかどうかという問題である。 これまでのところ、キエフに対する西側軍事支援はすべて個々の加盟国からのものであり、大西洋同盟全体からのものではない。

東欧諸国は、ロシアが再びウクライナを攻撃しないようにする最善の方法は、戦後すぐにウクライナをNATO加盟に伴う集団安全保障の傘の下に置くことだと主張している。 彼らは、ブカレストの文言はプーチン大統領の長期的な意図にほとんど影響を与えなかったと主張している。

しかし、戦後のウクライナのNATO加盟を約束すればプーチン大統領が紛争継続を促す可能性があると主張する人もいる。

彼らは、ブカレスト宣言が実際、プーチン大統領にウクライナとグルジアの両国で西ウクライナ人を軍事実験するよう促したと主張している。

首脳会談からXNUMXか月後、ロシアが支援するジョージアの離脱地域南オセチアからの砲撃により、トビリシの親西側政府は軍隊の派遣を余儀なくされた。

これは今度はロシア侵攻軍によって即座に鎮圧され、グルジアの一部に対するモスクワの支配力が強化された。

2014年、ロシアはウクライナからクリミアを武力で奪取し、ウクライナ東部ドンバス地域での分離主義者の蜂起を支援した。 そして昨年XNUMX月、モスクワはウクライナへの全面侵攻を開始した。

ロシア政府は、ブカレスト宣言はNATOがロシアにとって脅威であることを示したと主張している。

しかしウクライナは、NATOは約束をしたので今はそれを守らなければならないと主張している。

トロント大学教授でNATOの歴史に関する本の著者であるティモシー・セイル氏は、「2008年が正しい決断であったかどうかはさておき、それは脇に置いて、それが今後非常に象徴的な重要性を持つようになったとだけ言える」と述べた。

「外交官は、NATOの発言やNATOがコミュニケに書いたことには永続的な重要性があり、予期せぬ義務が生じる可能性があることを指導者に思い出させる必要がある。」

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド