ベラルーシのHahn委員長は、#EasternPartnershipSummitにフォローアップする

欧州近隣政策と拡大交渉ヨハネス・ハーン委員 (写真) 訪問する ベラルーシ 30 1月に 東部パートナーシップサミット これはブリュッセルの24 11月に行われました。

ハーン委員長は、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領、アンドレイ・コビャコフ首相、ウラジミール・メシイ外相と会談し、東パートナーシップ・サミットの優先事項とEU-ベラルーシ関係の深化について議論する予定である。

これは、今後の協力をさらに明確にする新しいEUベラルーシパートナーシップ優先事項にも反映される。 また、委員長は野党の代表者と MOSTプロジェクト.

ハーン委員長は、「ミンスクを最後に訪問して以来、EUとベラルーシの関係が肯定的に発展し、協力関係を大幅に拡大しました。 共通の関心分野における協力が強化されている。 EUは、地域および民間セクター開発への支援を拡大した。 市民社会への支援。 エネルギー効率。 EUの努力は、引き続きベラルーシ社会のすべての部門との関与を拡大することに焦点を当てる。 私の訪問は、EUとベラルーシの関係、人権と地域協力に焦点を当て、 20の2020成果物これは、ベラルーシ市民の日常生活に具体的な利益をもたらすことを目指しています。

ミッションの写真とビデオは EBS.

注釈

Facebookのコメント

タグ: , ,

カテゴリー: フロントページ, ベラルーシ, EU, 欧州委員会

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *