私達と接続

独占禁止

独占禁止: 欧州委員会は異議申し立て声明を Apple に送付し、音楽ストリーミング プロバイダーに対する App Store の規則に関する懸念を明確にしています

SHARE:

公開済み

on

欧州委員会は異議申し立て声明を Apple に送り、音楽ストリーミング プロバイダーに対する App Store の規則に対する懸念を明確にしました。

この手続きは、委員会の 異議告知書 この報告書は、Apple が (i) 音楽ストリーミング アプリ開発者に独自のアプリ内購入決済技術を課すこと (「IAP 義務」)、および (ii) アプリ開発者が iPhone および iPad ユーザーに代替の音楽サブスクリプション サービスを通知する能力を制限すること (「誘導防止義務」) によって、その支配的地位を乱用したという欧州委員会の予備的見解を概説しています。

本日の異議申立書は、委員会が独占禁止法調査の目的においてIAP義務の合法性について立場を取らず、むしろ以下の点に焦点を当てていることを明確にしている。 契約上の制限 Apple がアプリ開発者に課したこと。

欧州委員会は、Apple の反誘導義務は、欧州連合の機能に関する条約 (「TFEU」) 第 102 条に違反する不公正な取引条件であるという暫定的な見解をとっています。特に、欧州委員会は、Apple が音楽ストリーミング アプリ開発者に課した反誘導義務によって、開発者が消費者に対して、どこでどのように低価格でストリーミング サービスを購読できるかを知らせることができなくなっていることを懸念しています。

プレスリリースは入手可能です オンライン.

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド