私達と接続する

EU

公衆衛生:委員会は、血液、組織、細胞に関するEU法に関する協議を開始します

EUのレポーター特派

公開済み

on

委員会は パブリック・コンサルテーション 血液および組織と細胞に関する指令を改訂するために提案された政策オプションについて意見を集めること。 2002年と2004年に採択された現在の法律は、これらの物質の安全性と品質を大幅に改善しました。 ただし、2019年に文書化されているように、現在は時代遅れであり、近年行われた新しい科学的および技術的開発に適切に対処していません。 評価.

健康食品安全委員会のステラ・キリヤキデスは次のように述べています。「血液、組織、細胞に関するEU法の評価により、強力な欧州保健連合を設立する取り組みの一環として、この枠組みを更新する必要があることがわかりました。 COVID-19危機は、プラズマを第三国に強く依存していることを考えると、さらに多くの必要性を浮き彫りにしました。 提供された血漿から作られた薬は、多くの患者の治療に不可欠です。 この協議の結果が、輸血、移植、生殖補助医療を安全かつ効果的に維持するのに役立つことを楽しみにしています。」

本日開始された協議は、目的に適合し、将来を見据えたより柔軟な枠組みを整備することを目的として、法律を更新するプロセスの重要なステップとなります。 これには、科学技術の発展との整合性が必要であり、伝染病の出現と再出現に取り組み、商業化とグローバル化が進むセクターのドナーと患者を保護する必要があります。 このプロセスでは、COVID-19パンデミックから学んだ多くの教訓が考慮されます。 提案は今年の終わりまでに提出される可能性があります。

EU

オランダのCOVID-19テストセンターでの爆発は意図的なもののようだ、と警察は言う

ロイター通信社

公開済み

on

An explosive went off at a coronavirus testing centre north of Amsterdam before sunrise on Wednesday (3 March), shattering windows but causing no injuries in what police called an intentional attack, 書き込み Eva Plevier.

An explosives team was on site in the town of Bovenkarspel, 55 km (35 miles) north of the capital, to examine the device, police in the province of North Holland said.

The metal remains of the explosive, about 10 cm by 10 cm (4 inches by 4 inches) in size, were found in front of the building and “must have been placed” there, police spokesman Menno Hartenberg told Reuters.

“Something like that doesn’t just happen by accident, it has to be laid,” the spokesman said.

A security guard in the testing centre alerted police to a “loud blast” that broke several windows, a police statement said.

The incident comes shortly before national elections on March 17 widely seen as a referendum on the government’s handling of the pandemic.

Anger at healthcare authorities has increased since the start of 2021, with the head of the country’s National Institute for Health now accompanied by a security detail.Slideshow ( 5 images )

Another test location was burned down during several days of rioting in January sparked by the introduction of a night-time curfew. Extra security has been provided to some locations due to threats and vandalism.

“For more than a year we have been leaning on these people on the front lines and now this. Insane,” Health Minister Hugo de Jonge said on Twitter.

The region around Bovenkarspel, a rural town, is currently suffering one of the Netherlands’ worst COVID-19 outbreaks, with 181 cases per 100,000 inhabitants, compared with around 27 per 100,000 nationally. At least one hospital has been forced to send patients to other provinces due to lack of space in its intensive care units.

Wednesday is the first day in several months when lockdown measures in the Netherlands have been slightly eased, with hairdressers reopening and non-essential stores accepting a small number of customers by appointment.

続きを読む

EU

マグニチュード6.2の地震がギリシャを襲う:EMSC

ロイター通信社

公開済み

on

An earthquake of magnitude 6.2 struck Greece on Wednesday (3 March), the European Mediterranean Seismological Centre (EMSC) said, having earlier reported magnitudes of 6.9 and 5.9 for the tremblor. The quake was at a depth of 10 km (6.2 miles), EMSC said, write Anirudh Saligrama in Bengaluru and Angeliki Koutantou, Lefteris Papadimas in Athens.

The German Research Center for Geosciences pegged the earthquake at magnitude 6.0, with a depth of 10 km.

The Athens Geodynamic Institute said that the epicenter was 20 km south of the town of Elassona in central Greece.

A fire service official in Athens said there were no reports of damages or injuries so far but added: “My colleagues felt it, it was strong.”

Greek seismologist Vassilis Karathanasis told state television that the tremor was felt across Greece.

続きを読む

EU

世界中の生物多様性を保護するために力を合わせる:委員会はより多くの支持者を関与させるように行動します

EUのレポーター特派

公開済み

on

世界野生生物の日(3月XNUMX日)の機会に、委員会は、自然の勢いを構築し、より多くの政府が重要な第XNUMX回会議会議で野心的になるよう説得するために声を上げるために、すべての世界の機関への招待を繰り返します。の締約国 生物多様性条約 (CoP 15)今年後半。 委員会からちょうどXNUMX年 グローバル連合を立ち上げました 「ユナイテッド・フォー・バイオダイバーシティ」は、国立公園、研究センター、大学、科学自然史博物館、水族館、植物園、動物園など、世界中の200を超える機関がすでに力を合わせて生物多様性の危機に取り組んでいます。 委員会はまた、政府間にも参加しています 自然と人々のための高野心連合(HAC)は、今年30月のワンプラネットサミットで開始され、2030年までに陸と海の少なくともXNUMX%を保護するという目標を積極的に支援しています。

欧州グリーンディールのエグゼクティブバイスプレジデントであるフランスティメルマンスは次のように述べています。「人類は前例のない速度で自然を破壊しており、1万種近くを失うリスクがあります。 私たちは地球の豊かな生命の網に完全に依存しているため、これは私たち自身の健康と幸福への直接の脅威です。 自然との関係のバランスを早急に回復し、生物多様性の損失を逆転させなければなりません。 行動は意識から始まり、「生物多様性のための連合」のような連合を介して行われる作業は、私たちの自然環境を回復への道に導くために不可欠です。」

環境・海洋・水産委員会のVirginijusSinkevičius委員は、次のように述べています。「今年の世界野生生物の日と、世界連合「生物多様性連合」の発足15周年を祝うにあたり、私たちは、自然のない世界。 これが、私たちが決定的なCoP XNUMXに近づくにつれ、世界中のより多くのパートナーを参加させ、各国に高野心連合に参加するよう呼びかけるために、あらゆる手段を講じている理由です。」

彼らのコレクション、教育および保全プログラムで、機関は グローバル連合 現在の生物多様性危機の劇的な影響について国民の意識を高めるための重要な大使です。 詳細については、 プレスリリース グローバル連合の組織の完全なリストは次のとおりです。 ここ.

続きを読む

トレンド