私達と接続

環境

アゼルバイジャン、COP29気候サミットの開催を準備

SHARE:

公開済み

on

国際イベントの開催や、重要な地域間エネルギー・接続プロジェクトの支援は、アゼルバイジャンの経済成長と地域協力のビジョンの重要な要素となった。アゼルバイジャンの首都バクーは、2024年29月11日から22日まで、地域で初めて2024年国連気候変動会議(UNFCCC COP XNUMX)を主催する予定であると、シャーマル・ハジエフ氏は書いている。.

国家元首、政府首脳、市民社会組織、企業、国際機関が南コーカサスに集まり、気候変動、パリ協定の履行を加速するための措置、そして長期的な気候戦略に焦点を当てて議論する絶好の機会です。そして目標。  

国際イベントについて言えば、バクーがすでに重要な国際イベントを主催した貴重な経験を持っていることは注目に値します。アゼルバイジャン最大の都市であり、国際空港の便が良い最も重要な交通ハブであるバクーは、ヨーロッパとアジアの交差点という戦略的な立地により、このようなイベントを主催するのに理想的な会合場所となっています。バクーは、57年に第2012回ユーロビジョン・ソング・コンテスト、12年28月2015日から2015日まで開催された第2016回ヨーロッパオリンピック、4年世界チェスカップ、XNUMX年チェスオリンピック、XNUMX年第XNUMX回ヨーロッパ選手権を開催しました。th 2017年イスラム競技大会、UEFAユーロ2020の一部の試合、および30月1日から2022月にかけて「世界平和と持続可能な開発の推進における各国議会の役割の強化」をテーマとした非同盟運動議会ネットワーク(NAM PN)会議上記のすべての国際イベントはインフラの開発と改善に貢献し、市はセキュリティの提供、通信インフラのアップグレード、デジタル技術の提供、文化イベントの設計、そして最後に重要なこととして、都市への支援の方法について貴重な経験を積んだ。観光部門。

 本質的に、観光はアゼルバイジャンの非石油経済における優先分野の一つであり、国際イベントの開催やインフラプロジェクトの開発は、観光地としての同国の魅力を高め、経済と社会の発展を確実なものにする。例えば、 ヨーロッパのゲーム、28,000人以上の外国人観光客がスポーツイベントを観戦するためにアゼルバイジャンを訪れました。外国人観光客のほとんどは、ロシア連邦、英国、ドイツ、オランダ、イタリア、スイス、スペイン、米国、アラブ首長国連邦の国民でした。の NAM バクーでのPN会議には、それぞれの国会の議長と副議長を含む40以上のNAM加盟国の国会議員と8つの議会間組織も出席した。また、ガラバーグがアルメニア占領から解放された後、バクー会議の参加者はシュシャ市を訪問した。

2024年はアゼルバイジャンで「グリーン世界連帯年」と宣言されており、これはアゼルバイジャンの環境保護と気候変動対策への取り組みを示す重要な措置です。国際イベントの開催経験国としてのバクーの注目度の高い役割は、バクーでCOP29を主催するというアゼルバイジャンの最終目標を支えています。さらに、アゼルバイジャンは信頼できるエネルギーパートナーであり、地球温暖化との戦いにおける国際社会の責任あるメンバーであることを証明しました。アゼルバイジャンは化石燃料が豊富で、そのエネルギーミックスは化石燃料(石油と天然ガス)に大きく集中していますが、持続可能なエネルギーの未来とグリーン経済を支持しています。アゼルバイジャンのグリーン成長戦略とグリーンエネルギープロジェクトは、南コーカサスからヨーロッパに再生可能エネルギー源を供給する地域の「グリーンエネルギーハブ」に国を変革します。この目的に向けて、アゼルバイジャン、ジョージア、ルーマニア、ハンガリーの間で締結された黒海海底電力ケーブルプロジェクトは、地域のグリーンエネルギーへの移行と欧州グリーンディールの目標をサポートしています。 

もちろん、COP29サミットははるかに大きなイベントであり、COP29を国内で開催されるイベントと比較することはできません。この重要なイベントを計画し、成功裏に開催するために、アゼルバイジャン共和国のイルハム・アリエフ大統領は、 判決 気候変動枠組条約第29回締約国会議(COP29)、第19回京都議定書締約国会議及び第6回京都議定書締約国会議に係る組織委員会の設置についてパリ協定締約国会議の様子。組織委員会の主な任務は、COP29、第19回京都議定書締約国会議、第6回京都議定書締約国会議の組織と実施に関連する行動計画を作成し、実施することである。パリ協定。さらに、運営会社を設立するための措置を講じるために、アゼルバイジャン閣僚内閣は、行動計画の実施に関連した資金を確保するよう指示されました。

ドバイでは注意してください COP28は、約200カ国が参加し、80,000万人が出席した過去最大規模の国連気候サミットであったが、主要な議題は、温室効果ガス排出の主要源である化石燃料に各国が取り組む必要性であった。さらに、COP28では、資金の分配を開始できる「損失と損害」基金について締約国が合意した。また、途上国のニーズと優先事項を考慮した「気候資金に関する新たな共同定量目標」を2024年に設定することについても議論が続いた。年間100億ドルを基準とするこの新たな目標は、2025年までに実現する必要のある国家気候計画の設計とその後の実施の基盤となる。そう考えると、バクーCOP29での主要な議題は、資金と、長期的な目標と戦略にどう焦点を当てるかということになりそうだ。

広告

COP29は2024年に開催される最大かつ最も重要な国際イベントの29つとなるが、世界の温室効果ガス排出量の削減にあまり進展が見られない中、気候変動対策のあらゆる分野での進展が遅すぎ、脆弱な国々への資金的・技術的支援の獲得が遅れている。バクーCOP29は、これらの分野での国際協力を支援し、パリでの約束を履行し、最終的には財政問題に焦点を当てる重要なプラットフォームとなるだろう。さらに、バクーは環境悪化と地雷汚染に悩まされているため、戦争による環境の脅威や地雷の脅威などの重要な議題をCOP29の議題に挙げる可能性がある。やがて、COPXNUMXはアゼルバイジャンにとって、経済全体での再生可能エネルギー源の幅広い利用を支援し、グリーン移行を加速する重要な機会となるかもしれない。  

著者: シャフマル・ハジエフ ,国際関係分析センター上級顧問

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド