私達と接続

ACP

サモアでは、EUとその加盟国がアフリカ・カリブ海機構加盟国との新たなパートナーシップ協定に署名

SHARE:

公開済み

on

EUとその加盟国は、アフリカ・カリブ海・太平洋諸国(OACPS)加盟国と、今後XNUMX年間の両国関係の包括的な法的枠組みとして機能する新しいパートナーシップ協定に署名した。 この協定はコトヌー協定を引き継ぎ、「サモア協定」として知られることになる。 この協定は、持続可能な開発と成長、人権、平和と安全などの主題をカバーしています。

協定の名称は、同じくサモアで署名式の直前に開催されたACP-EU閣僚理事会の第46回会合で合意された。

新しいパートナーシップ協定は共通原則を定め、人権、民主主義と統治、平和と安全、人間と社会の開発、包括的で持続可能な経済成長と開発、環境の持続可能性と気候変動、移住と移動といった優先分野をカバーしている。

詳細情報を記載したプレスリリースが入手可能です オンライン.

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド