私達と接続

文化

EUの文化的雇用は4.5年に2022%増加

SHARE:

公開済み

on

2022 年には、文化分野は EU 雇用者数は 7.7 万人で、総雇用者数の 3.8% に相当します。 2021年と比較すると、4.5万人から7.4%増加したことが示された。

文化部門で雇用されている人の割合は、EU 加盟国 19 か国で増加し、他の 8 か国では減少しました。最も大幅な増加が記録されたのは、キプロス (+21.5%)、ルクセンブルク (+14.5%)、アイルランド (+14.0%)、スウェーデンでした。 (+11.9%) とオランダ (+10.5%)。 一方、最も大幅な減少が記録されたのは、ブルガリア (-7.7%)、チェコ (-7.3%)、クロアチア (-6.3%)、エストニア (-5.3%)、ラトビア (-2.5%) でした。

棒グラフ: 文化的雇用の年間変化率、2020 ~ 2022 年 (%)

ソースデータセット: カルト_emp_セックス

2019 年から 2022 年の期間では、年ごとの年間変化率の異なるパターンに注目します。 文化的雇用の年間変化率で最も顕著な増加が見られたのはキプロスで、5.7~2019年の-2020%から21.5~2021年の+2022%、ルクセンブルク(-15.1%から+14.5%)、アイルランド(- 3.0% ~ +14.0%)。 最も大幅な減少が記録されたのはチェコで、5.3~2019年の+2020%から7.3~2021年の-2022%まで減少したのは、クロアチア(+6.3%から-6.3%)、ブルガリア(+4.1%から-7.7%)であった。

2019年から2020年と2021年から2022年の両方で文化部門の雇用が増加したEU加盟国はフランス、リトアニア、ポルトガルだけだった。 一方、エストニアは両時期に減少を経験した唯一のEU加盟国である。

文化的雇用における男女格差は 2022 年に最低レベルに達する

2013 年以来、2020 年を除いて欧州連合全体で文化的雇用に就く女性の数が増加し続けています。2022 年、文化部門はわずか 1.6 パーセントポイントの差で史上最小の男女雇用格差を記録しました。これは男性と女性の 3.93 万人に相当します。この部門では 3.80 万人の女性 (50.8% と 49.2%) が雇用されています。

広告
折れ線グラフ: EU における男女別の文化的雇用の進化、2012 年から 2022 年 (単位: 千人)

ソースデータセット: カルト_emp_セックス

状況はEU加盟国間で多少異なり、14カ国で文化分野で働く女性の割合が男性の割合を上回っている。 文化的雇用において女性に有利なシェアの大きな差が記録されたのは、ラトビア (男女間の差 26.3 ポイント)、リトアニア (25.7 ポイント)、キプロス (17.1 ポイント)、ブルガリア (13.6 ポイント)、およびルクセンブルク (13.3 ポイント) でした。 )。 

一方、文化分野で男女雇用格差が最も大きい国は、マルタ(男性と女性の割合の差が21.6ポイント)、スペイン(9.5ポイント)、アイルランド、イタリア(約8.5ポイント)だった。

さらに詳しく

方法論ノート

  • 文化における雇用 文化分野の文化関連職業(バレエ団に雇われているバレエダンサーや日刊紙で働くジャーナリストなど)、文化分野以外の文化分野の職業(出版社勤務の会計士など)、文化分野が含まれます。文化分野以外の関連の仕事、たとえば、自動車産業で働くデザイナーなど。 
  • 2021 年からの新しい方法論 EU労働力調査
  • フランスとスペイン: 2021 ~ 2022 年の定義は異なります (労働力調査の方法論を参照)  ). 
  • ドイツ: 2020 年の時系列推移


ご質問がある場合は、こちらをご覧ください。 連絡先 ページで見やすくするために変数を解析したりすることができます。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド