私達と接続

クリミア半島

バルト黒海防衛同盟

SHARE:

公開済み

on

バルト海・黒海防衛同盟はクリミアの枠組みを補完し、ヨーロッパの東国境を守ることになる。

23月5日、ヴォロディミル・ゼレンスキーは、バルト海と黒海にアクセスできる国々の間で安全保障同盟を創設することを提案した。 ウクライナは以前にも同様の構想を打ち出しており、2014年XNUMX月XNUMX日、ロシアの帝国政策と闘い、ウクライナとグルジアの占領地域を解放することを主な目的として、キエフでバルト海・黒海諸国連合が設立された。 しかし、プーチン大統領の対ウクライナ全面戦争とロシア連邦の完全な軍事化を考慮すると、そのような提案は全く異なる意味を持つことになる。つまり、ロシアに隣接する国はもはや安全だと感じることはできないのだ。 これがゼレンスキー大統領が表明した提案の意味である。 バルト海・黒海防衛同盟は、CCE諸国の防衛力を強化し(実際、これら諸国を「ミニNATO」に変える)、ロシアからの潜在的なリスクと脅威を予測すべきである。 プーチン大統領が欧州に突きつけた挑戦には、それに対抗するための追加の手段を探す必要がある。 ウクライナとともにすべてのCES加盟国を含む新たな超国家的連合の設立は、まさにそのような手段となる可能性があり、それはEUとNATOも強化することになるだろう。

2014年にロシアがウクライナのクリミアを占領すると、ロシア連邦側の大規模な領土拡大が始まり、2022年にはウクライナに対する全面戦争に変わった。 ウクライナ軍は侵攻以来占領されていた領土の50%以上を解放し、何とか自国を防衛したが、ロシアは依然としてウクライナ領土の約18%を保持している。 さらに、プーチン大統領には止めるつもりはなく、ロシアの政治家や従軍記者らは、いわゆる「SMO」の根底には、ウクライナを占領してロシア連邦に編入するという従来の征服戦争があるという目的をもはや隠していない。 プーチン大統領は主権国家の領土を意図的に侵害している。 この脅威は、ロシアに隣接するすべての CCE 諸国にも関係します。 プーチン大統領は、ロシアがかつてソ連社会主義圏の一部だった国々での影響力を回復することに躊躇していないことを何度もほのめかしてきた。 これは、ウクライナ侵攻の直前に表明された、1997年の国境までの撤退を求めるNATOの要求によって暗示されていた。

ウクライナ軍はロシア軍を阻止することに成功したが、これはヨーロッパへの脅威が終わったことを意味するものではない。 ロシアがウクライナの占領地を守り続ける限り、これは危険な地政学的前例となる。 23月XNUMX日、第XNUMX回クリミア綱領首脳会議で、アンジェイ・ドゥダ大統領は、ロシアによるクリミア占領は地域問題ではなく国際問題であると述べた。 この点で、ロシアの近隣諸国間の防衛同盟の創設は避けられない。 この同盟はクリミア・プラットフォームを有機的に補完し、国際的に認められたウクライナ領土の解放後、ヨーロッパの東国境に信頼できる安全地帯を構築することになる。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド