私達と接続

イラン

野党指導者「あらゆる兆候はイランのムラー政権の終焉を示している」

SHARE:

公開済み

on

イラン野党指導者のマリアム・ラジャヴィ氏は金曜日、欧州に離散した数千人のイラン人代表を前に、すべての兆候は支配神権政治の終焉を示していると述べた。

ラジャビ首相は、マーサ(ジナ)・アミニの悲劇的な死の後に始まったイラン人民の蜂起から一周年を迎える前夜、金曜日、ブリュッセルで行われた大規模な会議で演説していた。 ラジャビ氏によると、この暴動は政権崩壊の可能性を浮き彫りにし、XNUMX年にわたる組織的な抵抗に支えられてイラン国民を歴史の新たな時代の入り口に立たせたという。

元カナダ首相スティーブン・ハーパー、元ベルギー首相ガイ・フェルホフスタット、元コロンビア大統領候補で元人質のイングリッド・ベタンクール、元ドイツ国防大臣フランツ・ヨーゼフ・ユング、元フランス外相ミシェル・アリオ・マリーら国際高官が参加した。このサミットは、イラン国内の主要反政府勢力であるイラン人民モジャヒディン組織(PMOI/MEK)が率いる連合であるイラン抵抗国家評議会(NCRI)が主催したものである。

ヨーロッパの首都で開催された会議には、ベルギー議会の代表者と欧州議会、イタリア、アイルランド、アイスランドを含む欧州諸国の議会の超党派の代表団も参加した。

NCRI次期会長マリアム・ラジャヴィ氏は次のように強調した。「今回の暴動では、戦争挑発やテロリズム、そしてミサイルや核開発計画について騒ぐことで、その不安定性を覆い隠している政権が世界に明らかになった。 実際には火薬庫の上に置かれたままで、未来はありません。 そして、変化の主力である勇敢な女性と少女たちが最前線に立ったとき、イランで起きている変革は非常に強烈で深度があり、必然的に宗教独裁政権の崩壊につながり、自由なイランだ。」

彼女は、「蜂起の勃発につながった要因は減少するどころか、さらに激しく、集中し、深刻になっている」と強調した。

 「蜂起中に明らかになった死刑執行人体制に対する社会の敵対的なアプローチは明らかに増加した。 国内の組織的レジスタンスとレジスタンス部隊は、PMOI ソーシャル ネットワークとともに、抑圧の壁を打ち破り、蜂起を開始し、拡大することに活動を集中させてきました。 政権の石油収入は増加したが、公共資産を略奪し大衆を貧困化する政策により、爆発的な可能性が高まり、反乱に対する社会的準備が強化された。 このような状況では、政権は必然的にさらなる管理、抑圧、縮小に頼ることになる」とラジャヴィ氏は強調した。

広告

幅広い政治的傾向を代表する会議参加者は、政権による抗議活動参加者弾圧を強く非難し、イラン国民の蜂起への支持を表明し、西側諸国にはイラン国民、特に若者の側に立つ道義的責任があると強調した。 、彼らは政権交代をもたらすために努力している。

PMOI(またはMEK)ネットワークによると、昨年の暴動では少なくとも750人の抗議参加者が殺害され、30,000万人が逮捕された。 金曜日の会議の会場の一部は弾圧の犠牲者のための展示に充てられた。

会議参加者らは、MEK系抵抗部隊の役割を強調しながら、イランの街頭で掲げられた「シャーであろうと指導者であろうと抑圧者を打ち負かせよ」のようなスローガンは、イラン国民が旧シャーのどちらの勢力も拒否していることを明確に示していると強調した。彼らは独裁政治と現在の神権政治を克服し、マルヤム・ラジャヴィの3,600項目の計画で憲章に定められた民主共和国の樹立を目指している。 ここ数カ月で、世界中の国会議員124人、元大統領や首相75人、ノーベル賞受賞者XNUMX人がその計画への支持を表明した。

「イランの支配者聖職者たちが今日ほど宥和を必要としている時はない。 暴動の甚大な影響を受けて、これまで以上に外交的な駆け引きが必要となっている。 彼らはイラン国民とその民主革命に対して西側と東側の両方から支持を得ようとしている。 西側政府に強制する彼らの手法は知られている。 人質を取る、テロリズム、戦争挑発、そして核カードを切ることが彼らの戦術です。 西側諸国政府からの主な要求は、PMOIとNCRIを制限し、イランの蜂起と自由への道を閉ざすことである」とラジャヴィ氏は強調した。

同氏は西側に対し、革命防衛隊をテロ組織と宣言し、革命防衛隊やその他の抑圧勢力から身を守るイラン国民の権利を認め、イラン政権に対する国連安全保障理事会のXNUMXつの決議を復活させ、イランにおける人権侵害に関する文書を参照するよう求めた。国連安全保障理事会に提訴し、XNUMX年にわたる大量虐殺と人道に対する罪で政権指導者を訴追し、世界の平和と安全に対する脅威として聖職者政権を国連憲章第XNUMX章の下に置く。

元カナダ首相スティーブン・ハーパー氏は演説の中で、前回デモ参加者がホメイニ氏の先祖代々の家に放火したときのことについて述べた。 次回は政権全体を焼き払うだろう。 政権が強固で組織的な反対派がいないというプロパガンダは無視してください。 もしそのような反対派が存在しなかったなら、なぜ政権はNCRIに対してそのような悪者扱いをし、なぜ3,500人のレジスタンスメンバーを投獄したのでしょうか。 イラン国民に提供できる代替案がある。 それは単純だ。 イランのレジスタンスと、民主的で世俗的な国家を求める彼らの願望を支持します。 これはNCRIが長年主張してきたことだ。

続いてフランスの元外務・国防相ミシェル・アリオ・マリー氏が「私たちは皆、自由、男女平等、民主主義体制を切望している。 今日は、悲劇的に命を落としたマーサ・アミニの死と重なる悲劇的な記念日です。 しかしまた、15月2022日は、アミニ氏の死を受けてイランでデモが波紋を広げた日でもある。 XNUMX 年 XNUMX 月以降、アプローチが変更されました。 本質的な変化はイラン国民によってのみ達成できる。 自由、民主主義、男女平等は、そのために戦う価値がある。」

ベルギーのガイ・フェルホフスタット元首相は、マフサ・アミニ氏の死以来、男女が命を危険にさらして政権打倒を求めるという歴史的な出来事をイランで見てきたと付け加えた。 彼らは「シャーであろうと最高指導者であろうと、抑圧者に死を」と唱えていた。 イランの状況は、政権にとって不利益となり、イラン国民にとっても利益となるように悪化した。 政権による反体制派処刑でも抗議活動の波は止まらない。 EUや他の西側諸国の沈黙と無策が、政権の恐怖政治を強化している。 私たちはイラン政権に対する確固たる政策、つまりイラン変革戦略を持たなければなりません。 EUはNCRIと関与しなければならない。 金曜日のサミットでは、近年イランを離れた若者を含む、ヨーロッパに住むイラン人の若者による会議の結成の正式発表も行われた。

ラジャヴィ氏の演説は、ヨーロッパ全土から集まった熱狂的な聴衆のシュプレヒコールと拍手によって何度も中断された。 同党は西側諸国の現在の対イラン政策を強く批判し、宗教ファシズムの宥和政策の継続がイラン国民に発砲している殺人者を助けていると同時に、欧州自体の安全を含む世界の平和と安全を危険にさらしていると警告した。

会合後、ブリュッセルではイラン抵抗民族評議会の支持者数千人がデモと整然とした行進に参加した。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド