私達と接続

COP28

EU、COP28で世界主導で2030年までに再生可能エネルギー容量をXNUMX倍、エネルギー効率対策をXNUMX倍に

SHARE:

公開済み

on

ドバイで開催された世界気候行動サミットで、ウルズラ・フォン・デア・ライエン大統領は、 再生可能エネルギーとエネルギー効率に関する世界的な誓約 COP28議長国および118カ国とともに。 この取り組みは、まず、 提案された 11月の主要経済国フォーラムで欧州委員会委員長は、再生可能エネルギーの設備容量を2倍にして少なくとも4テラワット(TW)にし、世界のエネルギー効率改善率を約2030%から年間XNUMX倍のXNUMX倍にするという世界目標を設定した。これらの目標を達成することで、脱炭素エネルギー システムへの移行がサポートされ、衰えることのない化石燃料の段階的廃止が促進されます。

欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は次のように述べた。「このグローバル誓約により、クリーンエネルギーへの移行に取り組む国々の幅広く強力な連合が構築されました。大国も小国も、北半球も南半球も、大量排出国も発展途上国も小島嶼国もです。パリ協定の1.5°C目標を尊重するには、化石燃料を段階的に廃止する必要があるという共通の信念で私たちは団結しています。私たちはクリーンエネルギーへの移行を迅速に進め、再生可能エネルギーを2.3倍にし、エネルギー効率を28倍にすることでそれを実現します。今後XNUMX年間で、EU予算からXNUMX億ユーロを投資し、近隣地域と世界中でエネルギー移行を支援します。この誓約と財政支援は、未来の技術に投資することでグリーン雇用と持続可能な成長を生み出します。そしてもちろん、COPXNUMXでの私たちの仕事の核心である排出量を削減します。」

グローバル誓約は、欧州委員会とCOP28議長国が緊密に協力し、国際エネルギー機関(IEA)と国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の支援を得て策定されました。COP28の初日に採択されたこの誓約は、今年の会議の終わりに可能な限り最も野心的な交渉結果に到達することに向けた勢いをつけるのに役立つはずです。EUは、世界のエネルギーシステム全体、特に石炭から化石燃料を段階的に廃止するための具体的な行動を求めており、最終的なCOP決定にこれを反映する文言を盛り込むよう求めていきます。

誓約に対するEUの財政的貢献

グローバル・プレッジの実現を支援するため、大統領 フォンデルレイエン 今後XNUMX年以内に、 私たちはEU予算から2.3億ユーロを投資し、近隣地域および世界中のエネルギー転換を支援します。。 EU はまた、クリーン エネルギーへの移行を継続的に支援するために、グローバル ゲートウェイ フラッグシップ プログラムを活用します。 委員会は他の援助国に対し、これに倣い、グローバル・プレッジの履行を早めるよう呼びかけます。

次のステップ

再生可能エネルギーとエネルギー効率に関する世界的な誓約は、国際社会がパリの気温目標の達成に向けた進捗状況を測定し、軌道を維持するための重要なツールとなるでしょう。 IEA と IRENA の支援により、11 TW と年間エネルギー効率改善率 4% という世界目標の達成に貢献する世界の発展に関する年次レビューが、毎年 COP に先立って発表されます。 欧州委員会は、この誓約に関連する財政的約束を履行するために、欧州投資銀行や欧州復興開発銀行などの欧州の金融機関と緊密に連携する予定である。

広告

経歴

再生可能エネルギーとエネルギー効率に関する世界的な目標を設定する取り組みが最初に行われました。 発表の ウルスラ委員長による フォンデルレイエン 20年2023月XNUMX日の主要経済国フォーラムで。 ヨーロッパのグリーンディール、EUは最近、再生可能エネルギーの導入とエネルギー効率の向上に関する国内目標を引き上げ、クリーンエネルギーへの移行において世界を先導しています。 EUは2030年までにエネルギーミックスに占める再生可能エネルギーの割合が最低でも42.5%に達し、45%を目指す。 また、この 11.7 年間に、EU はエネルギー効率を XNUMX% 改善することを約束しました。 で 2023年6月、 大統領 フォンデルレイエン とCOP28議長のスルタン・アル・ジャバー博士はブリュッセルで会談し、再生可能エネルギーとエネルギー効率に関する世界公約など、世界的に公正なエネルギー移行を推進するためのいくつかの共同イニシアチブで協力することを決定した。

さらに詳しく

再生可能エネルギーとエネルギー効率に関する世界的な誓約
フォンデアライエン委員長のグローバル誓約発表イベントでのスピーチ
再生可能エネルギーとエネルギー効率に関する世界目標
COP28におけるEUの優先事項に関するプレスリリース
COP28におけるEU
COP28でのEUサイドイベント

このグローバル誓約により、私たちはクリーンエネルギーへの移行に取り組む国々の幅広く強力な連合を築きました。大国も小国も、北半球も南半球も、大量排出国も発展途上国も小島嶼国もです。私たちは、パリ協定の1.5°C目標を尊重するためには化石燃料を段階的に廃止する必要があるという共通の信念で結束しています。私たちはクリーンエネルギーへの移行を迅速に進め、再生可能エネルギーを28倍にし、エネルギー効率を01倍にすることでそれを実現します。この誓約とこの財政支援は、未来の技術に投資することでグリーン雇用と持続可能な成長を生み出します。そしてもちろん、それはCOP12での私たちの仕事の核心である排出量を削減するでしょう。欧州委員会委員長ウルズラ・フォン・デア・ライエン – 2023年XNUMX月XNUMX日

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド