私達と接続

欧州委員会

EU の現状: ウクライナ、グリーンディール、経済、中国、人工知能 

SHARE:

公開済み

on

毎年恒例の欧州連合教書討論会で、欧州議会議員らはフォンデアライエン大統領に対し、欧州委員会の過去の取り組みや2024年XNUMX月の選挙までの計画について質問した。

討論を開く、 欧州議会議長のロベルタ・メツォラ 「今日の欧州連合はかつてないほど強力で、より団結しています。 世界は変化しており、ヨーロッパもそれに適応し、変化しなければなりません。 私たちは、ヨーロッパを平等な機会、アクセス、繁栄の場所、つまり誰もが自分の可能性を発揮できる場所にするよう努力し続けなければなりません。 私たちは改革を続けなければなりません。 私たちは常に人々の懸念をすべての行動の中心に据えるべきです。」

フォンデアライエン委員長は、2019年に初めてプログラムを提示して以来、EUは大幅な変革を遂げたと述べ、「当時私が提示した政治ガイドラインの90%以上を実現できた」と付け加えた。

欧州産業の競争力を維持しながら脱炭素化を図るグリーンディールに関して、同氏は中国の電気自動車に対する反補助金調査を発表した。 「私たちは不当な行為から身を守らなければなりません」と彼女は言いました。

フォンデアライエン大統領は、農民、家族、業界にとって公正な移行の重要性を強調し、「欧州は競争力を維持するために『必要なことは何でも』行う」と述べた。 彼女は、新しい法律ごとに独立した委員会による競争力チェックを行うと発表した。

人工知能に関してフォンデアライエン氏は、AIは医療を改善し、生産性を高め、気候変動への対処に役立つと述べた。 同委員会の「最優先事項は、AIが人間中心で、透明性があり、責任ある方法で発展することを保証することだ」と同氏は述べ、AIの開発を主導するために気候変動に関するIPCCと同様の国際専門家委員会の設置も求めた。

ウクライナに関しては、欧州委員会がウクライナ人に対するEUの一時的保護の延長と、投資と改革のため50年間で追加のXNUMX億ユーロを提案すると発表した。 「ウクライナへの我々の支援は今後も続くだろう。」

広告

委員長はまた、法の支配、拡大、移民、EUとアフリカの関係、グローバル・ゲートウェイ・イニシアチブ、気候変動、食料安全保障、そして今後のソーシャル・パートナー・サミットにも言及した。

彼女のスピーチ全文を見ることができます ページ をご覧ください

政治団体の指導者

マンフレッド・ウェーバー (EPP、DE) は XNUMX つの優先事項を強調した。 まず経済成長と競争力について、「成長が必要、雇用が必要、まともな収入が必要、繁栄が必要、強力な産業が必要」とし、事務手続きの削減、イノベーションへの投資、貿易関係の育成に向けた取り組みを歓迎している。 第二に、同氏は移民を挙げ、欧州は国境から誰が入国できるかを決定する必要があると強調し、難民を保護する「欧州のDNA」を強調した。 第三に、同氏は欧州防衛同盟の必要性と「楽観主義、ビジョン、価値観、そして真の欧州連合になるための次のステップへの準備」の必要性を主張した。

IratxeGarcía (S&D、ES)は、EUの最優先事項は、気候変動の影響を阻止するためにグリーン移行を推進しながら、戦略的自治を達成するための再産業化であるべきだと述べた。 彼女はグリーンディールを支持する明確なメッセージを示してくれたフォンデアライエン大統領に感謝したが、組合の社会的支柱の強化について強調が欠けていたことを遺憾に思った。 ガルシア氏は、ジェンダー暴力をEUの犯罪リストに含めることと、凍結されたロシア資産をウクライナ再建の資金に充てるよう求めた。 同氏はまた、EUに対し移民協定に関する合意を確保するよう促し、「欧州の資金が国民の基本的権利を侵害する政府の懐に入るわけにはいかない」と強調した。

ステファン・セジュルネ (リニュー、FR)は、議会の残り数カ月を最大限に活用することの重要性を強調した。 同氏は、パンデミック、ロシアのウクライナ侵略、欧州グリーンディールに対応して講じられた前向きな措置を強調した。 同氏はEUに対し、欧州の再産業化に注力するよう要求し、EUは現在デジタルの「未開の西部」を規制していると指摘した。 セジュルネ氏は、移民問題に対する永続的な解決策の必要性を強調した。 同氏はまた、理事会における「有害な」全会一致ルールを批判し、ポーランドとハンガリーの裁判官の必死の嘆願に耳を傾けるようヨーロッパに求めた。

フィリップ・ランバート (緑の党/EFA、ベルギー)は、気候変動や環境関連法案の「一時停止を求めている人々」を批判し、「私たちは自然を超越しているわけではない(…)好むと好まざるにかかわらず、私たちの地球が取り得るものには限界がある」と述べた。そしてそれが与えることができるものについて。」 同氏は、生態学的移行は「欧州にとって唯一最大の経済チャンス」を表していると述べた。 ランバーツ氏はまた、欧州委員会に対し、住宅問題に取り組み、「ポーランドやハンガリーだけでなく」法の支配違反に対する取り組みを強化するよう求めた。

「今日のEUはXNUMX年前よりも良い状態にあるでしょうか?」 リザード・レグトコ (ECR、PL) が尋ねた。 「答えはノーです。これまで以上に不安定さと不確実性が増し、インフレが高くなっているからです。」 同氏はさらに、「人の密航は盛んで、グリーンディールは多額の費用がかかる贅沢品で、EU共通債務のコストは予想の2倍となり、EU予算は混乱に陥っている」と付け加えた。 「欧州委員会は寡頭制に傾き、国の政策に干渉し、法の支配を風刺画にして気に入らない政府を打倒しようとしている。」

マルコZanni (ID、IT)は、グリーンディールに関してEUは「イデオロギーを減らし、より現実的になる歴史的な機会」を持っていると述べ、「農家、企業、建物の所有者」に損害を与えることなく気候変動に取り組む必要があると付け加えた。 ザンニ氏は発表された外国補助金に関する調査について、その有用性を疑問視し、中国が不正競争に関与していることはすでに分かっていると強調した。 移民に関しては、EUが「入る権利のない人は出ないようにする必要がある」という点で合意できていない限り、「問題を解決する」ことは不可能だろうと述べた。

マーティン・シルデワン (デラウェア州左派)は、「真の政治的成功は、雄弁な演説によってではなく、大多数の人々の現実の状況によって測られる。」と述べた。 同氏は、高い約束にもかかわらず、多くの欧州人にとっての現実は依然として厳しいものであり、生活費の上昇と実質賃金の低下が続いていると付け加えた。 同氏は労働者、シングルマザー、退職者の闘いを強調し、「欧州連合の95万人が貧困に脅かされている」一方で、欧州委員会が国民より企業にますます奉仕する欧州を育成していると非難した。

討論会の全編を見ることができます (茶事の話はこちらをチェック).

さらに詳しく 

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。
広告

トレンド