私達と接続

Ukraine

ウクライナ平和サミットで採択された平和枠組みに関する共同声明

SHARE:

公開済み

on

スイスで開催されたウクライナ和平サミットは、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が、モスクワがウクライナ全土から撤退すれば、自国政府は明日ロシアと和平交渉を行うと発言して終了した。ロシアのウラジミール・プーチン大統領は出席しなかったが、先週、ウクライナにとっての和平の代償は、ロシアが併合したと主張する領土を放棄することであり、ロシアは実際にはそのすべてを征服したわけではないと発言した。

また、プーチン大統領はウクライナに対し、NATOと欧州連合への加盟の道を断念するよう要求。これに対しゼレンスキー大統領は、プーチン大統領は戦争を終わらせるつもりはなく、軍事的、外交的手段の両方で「あらゆる手段」で阻止しなければならないと指摘した。同大統領は、首脳会談はウクライナに対する国際社会の支援が弱まっていないことを示したと述べた。

出席した国の大半はウクライナの領土保全を堅持することを約束したが、署名しなかった国もいくつかあった。インド、南アフリカ、サウジアラビアなどである。90以上の国と国際機関がサミットに出席した。ロシアは招待されず、中国は出席しないことを選択した。

サミットの終わりに、スイスのリゾート地ビュルゲンシュトックで、次の声明が発表されました。

ロシア連邦によるウクライナに対する継続的な戦争は、引き続き大規模な人的被害と破壊を引き起こし、世界全体に影響を及ぼすリスクと危機を生み出している。我々は、ウクライナの包括的、公正かつ永続的な平和への道筋に関するハイレベル対話を強化するため、15年16月2024日~11日にスイスに集まった。我々は、国連総会で採択された決議A/RES/ES-1/11及びA/RES/ES-6/XNUMXを再確認し、国連憲章を含む国際法の遵守に対する我々のコミットメントを強調した。

この首脳会談は、ウクライナの和平方式と、国連憲章を含む国際法に沿ったその他の和平提案に基づいて行われたこれまでの議論に基づいて行われた。

広告

我々は、スイスのおもてなしと、国際平和と安全の促進に対する確固たる決意の表明としてハイレベルサミットを主催するという同国の取り組みに深く感謝する。

我々は、国連憲章を含む国際法に基づく包括的、公正かつ永続的な平和の枠組みに向けた道筋について、実り多い、包括的かつ建設的な様々な意見交換を行った。特に、我々は、いかなる国家の領土保全や政治的独立に対する武力の威嚇や行使も控えること、領海を含む国際的に承認された国境内におけるウクライナを含むすべての国家の主権、独立、領土保全の原則、そして国際法の原則としての平和的手段による紛争解決に対するコミットメントを再確認する。

さらに、私たちは以下の重要な側面に関して共通のビジョンを持っています。 

1. 第一に、原子力エネルギーおよび原子力施設のいかなる使用も、安全かつ確実で、保障され、環境的に健全でなければなりません。ザポリージャ原子力発電所を含むウクライナの原子力発電所および施設は、ウクライナの完全な主権管理の下、IAEAの原則に従い、その監視の下で安全かつ確実に稼働する必要があります。

ウクライナに対する進行中の戦争の状況において、核兵器のいかなる脅威または使用も容認されない。

2. 第二に、世界の食糧安全保障は、食品の途切れない製造と供給にかかっています。この点で、黒海とアゾフ海の港湾へのアクセスだけでなく、自由で完全かつ安全な商業航行が極めて重要です。港湾内および航路全体における商船への攻撃、民間港湾および民間港湾インフラへの攻撃は容認できません。 

食糧安全保障はいかなる形でも武器化されてはならない。ウクライナの農産物は、関心のある第三国に安全かつ自由に提供されるべきである。

3. 第三に、すべての捕虜は完全な交換によって解放されなければなりません。強制送還され、不法に避難させられたすべてのウクライナの子どもたち、および不法に拘留された他のすべてのウクライナの民間人は、ウクライナに送還されなければなりません。

我々は、平和の実現にはすべての当事者の関与と対話が必要であると確信しています。したがって、我々は、すべての当事者の代表のさらなる関与を得て、上記の分野において今後具体的な措置を講じることを決定しました。

すべての国の領土保全と主権の尊重の原則を含む国連憲章は、ウクライナにおける包括的、公正かつ永続的な平和の達成の基礎として機能することができ、また機能するだろう。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド