私達と接続

Ukraine

NATO長官、遅延と意見の相違が続く中、ウクライナへの支援拡大を要請

SHARE:

公開済み

on

NATO事務総長のイェンス・ストルテンベルグはEU国防相会議に出席し、ウクライナ支援に必要な最も緊急の行動は同国の防空を強化することであると明言した。その後、EUのジョゼップ・ボレル上級代表は、「活発な議論」を経て、「一部の加盟国」が防空への貢献を増やすと報告した。しかし、欧州連合はまた、ウクライナの領土でウクライナ軍を訓練するかどうか、そしてウクライナがロシアの目標を攻撃するために与えられた武器を使用できるかどうかという重要な問題をめぐって依然として意見が分かれていると政治編集者のニック・パウエル氏は書いている。

イェンス・ストルテンベルグ氏は、NATO同盟国(その多くはEU加盟国でもある)が弾薬、防空システム、特に先進的なパトリオット・システムの供給をどのように強化しているかを指摘することができた。 「つまり、我々はある程度の進歩が見られた」が、ウクライナでは更なる進歩と更なる防空システムが緊急に必要とされている、と同氏は述べた。

同氏はまた、装備と訓練の提供に関するNATOの調整、「最近見られたようなギャップや遅れを確実に防ぐため」の数年間にわたるウクライナへの財政的約束、そして生産を増やすための軍需産業とのさらなる協力を求めた。

事務総長は、ウクライナはロシア領内の正当な目標を攻撃するための武器使用に対する西側の制限から解放されるべきだと主張した。 「これが何なのか、私たちは思い出さなければなりません。これは侵略戦争だ。ロシアは他国を攻撃し、他国を侵略しました。

「そして、国際法によれば、ウクライナには自衛の権利、自らを守る権利がある」と彼は述べた。 「そして自衛権には、ウクライナ国外の目標やロシア国内の合法的な軍事目標を攻撃することも含まれる。そして、これは特に今に関連しています。なぜなら、最も激しい戦闘が現在、ウクライナとロシアの国境に近いハリコフ地方で起こっているからだ。そして国境の一部は実際には前線です。


「したがって、もちろん、ウクライナ人が国境の向こう側にある軍事目標を攻撃できなければ、自らを守ることは非常に困難で困難になるだろう。これらはミサイル発射装置である可能性があります。大砲かもしれない。ウクライナ攻撃に使われる飛行場かもしれない。そして、ウクライナがこれらの軍事目標を攻撃できなければ、自国を守ることははるかに困難になるだろう。

広告


「これらは国家の決定です。NATOの制限に関する決定ではありません。同盟国の中には、提供した武器に制限を課していない国もあります。課している国もあります。今こそ、国境沿いで実際に起こっている戦争の展開を考慮すると、こうした制限について検討すべき時だと私は考えています。そして、それによって自国防衛がさらに困難になっています。」


プーチン大統領は反対の主張にもかかわらず、そのような行動によってNATO同盟国が紛争の当事者になるわけではないと主張した。 「我々にはウクライナに支援を提供し、彼らが自衛権を守るのを助ける権利がある。」

事務総長の説得力は、その場では限られた効果しかなかったようだが、その後、EUのジョセップ・ボレル外務上級代表は、ロシアがウクライナへの全面侵攻を開始して以来、雰囲気がいかに変わったかを強調した。「ウクライナ戦争前は、“戦力”という言葉は使われていなかったと記憶している。即応部隊?いやいやいや、即応能力について話しましょう」と、軍事用語を使うことさえ躊躇していたことを思い出しながらボレルは語った。 

同氏は、イェンス・ストルテンベルグ氏と「活発な議論」があったと述べたが、議論された内容をすべて要約することは拒否した。同上級代表は、防空システムと迎撃機に関する約束を再検討したことを確認した。「ドイツは防空構想について報告した。一部の加盟国は防空への貢献を増やした。」

弾薬供給についても詳細な分析が行われており、同氏はこれがロシアの進撃を阻止するための重要な問題の一つであると述べた。しかし、ウクライナ支援基金の下で6.6億ユーロを動員するにはXNUMXつの法的行為の承認が必要だった。 「必要な合意が得られていないため、これはかなり長い間不可能でした。 

「私たちが全会一致を必要としていることはご存知でしょうが、全会一致は何か月も[存在]していません。私は昨日、外務理事会でそのことについて不満を言いました。今日も同じことをしました。  

「これは理論上の議論を超えたものです。軍事支援の遅れはすべて現実の影響を及ぼし、その影響は人命、インフラの損傷、都市の破壊、あるいはウクライナの戦場での更なる後退によって測られる。だからこそそれはとても重要なのです。」

ジョセップ・ボレル氏は、ロシア国内の標的に対する兵器の使用を許可する問題に関して、「相応の方法で使用されている限り、これが国際法に基づく合法的な行動であることは明らかだ」と述べた。しかし、それを行うかどうかは、各加盟国が決定し、責任を負うことであることも明らかです。

「一部の加盟国はそれに反対していましたが、考えを変えました。今日、彼らはウクライナに供給する武器に対するこれらの制限を解除することを受け入れています。しかし、それは加盟国の能力です。誰も加盟国に対し、ウクライナに供給している武器に対するこの制限を解除するよう強制することはできない。」

同氏は、訓練能力の野心レベルを高める必要性についてはコンセンサスが得られつつあると述べ、訓練の一部をウクライナで行うことについて議論があったと述べた。それに関するヨーロッパの立場。」

欧州連合(EU)諸国がウクライナで「ブーツ」を履かせる可能性についての質問に対し、ジョセップ・ボレル氏は、ウクライナの対応者を訓練する兵士のみが着用するものではあるが、現時点ではコンセンサスはないと述べた。 「一部の加盟国は、戦争のシナリオについて人々を訓練し、人々の行き来を避けることには利点があると信じている。

「確かに、エコシステムは戦争の実際の状況によりよく適応するでしょう。また、最終的にはトレーナーを派遣しており、そのトレーナーは軍隊であると考える人もいる。いずれにせよ、それは戦闘部隊を派遣することではなく、ウクライナ領土に軍事要員を派遣することになるが、それは確かにそれを意味するリスクを伴う。」

ある記者が、ウクライナへの軍事援助資金の調達を阻止している国としてハンガリーの名前を挙げたとき、彼はすべての加盟国がこの状況に不満を抱いていることを認めただけだった。「必要な一致を築けていないため、必要なほど迅速に行動できていない。不満を抱いているのは私ではなく、すべての加盟国だ…私たちがこれまでやってきたことを過小評価してはいけない。私たちにはやるべきことがまだ残っているからだ」。

一方、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナ戦争への西側諸国の関与の拡大に対して改めて警告した。同氏はタシケントで記者団に対し、「絶え間ないエスカレーションは深刻な結果を招く可能性がある」と語った。

「もし欧州でこのような深刻な事態が起こった場合、戦略兵器の分野での米国の対等性を念頭に置きながら、米国はどのように行動するだろうか。米国が世界規模の紛争を望んでいるかどうかは分からない」

プーチン大統領は、西側諸国がロシア国内の標的に対するウクライナの長距離攻撃を許可すれば、軍事援助だけでなく西側の衛星や諜報機関の利用を通じた直接関与が伴うと主張した。同氏は、フランスがウクライナに軍隊を派兵する可能性について、マクロン大統領は排除を拒否しているが、世界的な紛争への一歩であると述べた。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド