私達と接続

Ukraine

GDPの0.25%をウクライナ武装に寄付

SHARE:

公開済み

on

「我々は欧州防衛の柱の創設を加速しなければならない。私たちはヨーロッパの戦争や紛争への備えが限界に達していることを目の当たりにしており、だからこそ私たちはその能力を早急に向上させる必要があるのです。今日ヨーロッパにとっての最大の安全保障上の脅威はロシアであり、ホワイトハウスに誰がいるかに関係なく、我々は自力で自分たちを守れなければならない」とEPPグループ会長のマンフレッド・ウェバー議員は、国家安全保障の強化に関する全体討論に先立って述べた。ヨーロッパの守備。
 
「私たちは非常に困難な時代に生きており、近い将来のさらなる困難を防ぐためには直ちに行動が必要です。第一に、EU加盟国それぞれがGDPの0.25%をウクライナに武器提供するという約束をすれば、ウクライナがこの戦争に勝つことを確実にするのに十分だろう」と安全保障と国防を担当するEPPグループの副議長であるラサ・ジュクネヴィチエネ議員は付け加えた。 
 
ユクネヴィチエネ氏は、ヨーロッパはウクライナの戦争勝利を支援しなければならないと強く主張するだけでなく、「私たち自身も、通常攻撃とハイブリッド攻撃の両方に対峙する十分な備えをしなければならない。ウクライナでプーチン大統領を阻止しなければ、彼は間違いなくさらに踏み込み、レッドラインと私たちの決意を試そうとするだろう。私たちはプーチン政権の敗北を恐れてはならない。それがヨーロッパ大陸で持続可能な平和を達成する唯一の方法だからだ」とユクネヴィチエネ氏は結論づけている。
 
より強力な欧州防衛力の構築を求めるEPPグループの長年の要求が実を結んだ。欧州委員会はまもなく欧州防衛の柱に関する計画を発表する予定で、その計画は欧州の防衛製品市場の創設から始まる。
 
「サイバー防衛、ドローン、核兵器を含む欧州全体の抑止力など、欧州の真の付加価値に焦点を当てるべきだ。国家レベルだけではこれらの能力を発揮できないため、欧州が必要なのはそのためだ。平和を維持したいなら、我々は団結して強くならなければならない」とウェーバー氏は強調する。

EPPグループは、すべてのEU加盟国から178名のメンバーを擁する、欧州議会で最大の政治グループです。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド