私達と接続

ウクライナ

IAEA 長官、ウクライナ原子力発電所について世界が自己満足に陥っていることを懸念

SHARE:

公開済み

on

私たちはあなたのサインアップを使用して、あなたが同意した方法でコンテンツを提供し、あなたの理解を深めます。 いつでも退会できます。

木曜日(19月XNUMX日)、国連核ウォッチドッグの責任者は、ロシアが管理する原子力発電所cによってウクライナにもたらされた重大な危険について、世界が無頓着になるのではないかと懸念していると述べた。

ヨーロッパ最大の工場は、XNUMX月にロシア軍に占領された。 ここ数カ月間、繰り返し攻撃を受けており、核の大惨事への懸念が高まっています。 Rafael Grossi は、IAEA (国際原子力機関) の事務局長です。 彼は現在、この施設の周囲に安全地帯を作る作業を行っています。

Grossi は、ウクライナのキエフでジャーナリストと話をし、核事故はいつでも起こる可能性があると述べた。 彼はまた、プラントの状況が非常に不安定であることを繰り返した。

ウクライナ訪問中、彼は記者団に次のように語った。

「それ(偶発的な出来事)はいつでも起こる可能性があります。私の義務はそれが起こらないようにすることです。」

IAEA によると、ザポリージャには XNUMX 人の専門家が常駐しています。 グロッシ氏は会談のためにモスクワに向かう前に記者団に語った。

広告

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド