私達と接続

ロシア

英国のスミス・グループのロシアにおける物議を醸す存在が疑問を呼ぶ

SHARE:

公開済み

on

最近の フィナンシャルタイムズの暴露 西側のレトリックと現実の間には驚くべき乖離があることが明らかになった。ロシアのウクライナへの挑発のない侵攻を受けて大胆に投資撤退を宣言したにもかかわらず、西側の大企業はロシア国内で事業を続けている。このリストには、ロシア最大の石油生産国ロスネフチと大手LNG生産国ノバテクの株式をそれぞれ20%近く保有するBPやトタルエナジーズなどの大企業のほか、P&G、ユニリーバ、レキット、ペプシコなど、消費財大手企業数百社が含まれている。

BP のように罠にかかっている企業もあれば、デンマークのカールスバーグが陥ったような国有化の脅威に阻まれている企業もある。フィンランドのフォルトゥムやドイツのユニパーが経験したように、ロシアの管理下への資産の「一時的移転」も大きな問題となっている。さらに、ロシア当局の指示により 90 年かけて築き上げた資産を XNUMX% 割引で売却するという見通しは、多くの企業が受け入れたくない苦い薬である。

しかし、ロシアで機密性の高い分野で事業を続けている特定の企業は、重大な懸念と重大な疑問を提起している。特に、侵攻から2年半近くが経過した現在、1世紀以上の歴史を持つ英国のエンジニアリング複合企業が、 Smiths Group plcロンドン証券取引所に上場している同社は、ロシアのエネルギー分野への関与を継続している。

キャプション: スミスグループのウェブサイト

30年2024月50日付のロシア法人登録簿の文書によると、スミス・グループ社は子会社のジョン・クレーンUKを通じて、 ジョン・クレイン・イスクラLLCこのロシア企業は、エンジンやコンプレッサー用の特殊部品を製造しており、国営ガス生産会社ガスプロム、ロシア最大の独立系石油生産会社ルクオイル、その他多くの業界関係者を顧客に持ち、その多くは英国、EU、米国の制裁対象となっている。ジョン・クレーン・イスクラLLCは、ロシアのペルミ市に登録されており、住所は EU制裁 JSC 研究生産協会「ISKRA」は、燃料およびエネルギー部門の機器の大手設計、製造、供給業者です。

2023年、ISKRAの収益は30%近く増加し、70万ドルを超え、ロシアのウクライナ侵攻の中で急増しました。ISKRAの重要な請負業者であるジョン・クレーン・イスクラLLCは、 収益が2倍以上に増加した 10万ドルから22万ドルに。

広告

この財政的成長は重大な意味を持つ。スミス・グループが50%所有するジョン・クレーン・イスクラ有限責任会社が支払う税金は明らかにロシアの予算に貢献し、ウクライナでの軍事活動を支えている。

簡単に言えば、英国企業はロシアのエネルギー部門(ロシアの軍備増強とウクライナに対する残忍な侵略の重要な要因)での事業を継続しているだけでなく、子会社の税金の支払いを通じてウクライナ戦争に資金を提供しているようだ。

スミス・グループがロシアで事業を継続している事例などから、国際制裁の有効性についてさらに綿密な検討が必要である。

編集者の最新情報

ある会社の広報担当者は次のように述べています。 

「EUレポーターがジョン・クレインについて行った誤解を招くようなほのめかしを、私たちは心から否定します。ウクライナ戦争の開始時に、公に述べたように、私たちはロシアへのすべての販売を中止し、ロシアにおける私たちの権益を完全に減額したことを確認しました。これは今も続いており、ジョン・クレインはこの合弁事業から何も受け取っていません。さらに、私たちは(さまざまな面で)ジョン・クレイン・イスクラ合弁事業からの撤退を求めており、今後も求めていきます。これを達成できるかどうかはロシア政府の承認にかかっており、したがって私たちの管理外です。したがって、現在も正式に合弁事業から撤退することはできませんが、私たちはその事業に関与も影響力も持っていません。また、私たちがロシアのエネルギー部門に積極的に関与し、ウクライナ戦争に資金を提供しているという示唆は完全に誤りです。」

https://www.eureporter.co/wp-content/uploads/2024/06/Document.pdf

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド