私達と接続

人権

ヨーロッパのユダヤ人指導者100人以上による緊急サミット、ボレル氏を批判し、反ユダヤ主義に立ち向かうさらなる行動を呼びかける

SHARE:

公開済み

on

欧州ユダヤ人協会(EJA)主催の緊急会議の閉幕にあたり、欧州ユダヤ人コミュニティのトップや親イスラエル組織の理事ら100人以上が決議を可決した。ヨーロッパ全土でのユダヤ人への嫌がらせと、7月XNUMX日以来の反ユダヤ主義的憎悪の高まりに対抗する方法を見つけることを目的としたこの決議は、XNUMXつの主要な問題に焦点を当てた。

  • 記録の増加と存続の脅威に対処するために、これまで政府が採用した有意義な措置が欠如している。
  • 国際ホロコースト記憶同盟 (IHRA) による反ユダヤ主義の定義が広範囲に渡って採用されているが効果がありません。
  • そして、民主的に選ばれた政府に対する批判は正常であることを受け入れつつ、欧州連合(EU)上級代表ジョゼップ・ボレル氏の「進行中の反ユダヤ主義と国家中傷の重大な要因となっている、明白で度重なる反イスラエル偏見」を非常に懸念しながら指摘した。イスラエルの。」

「反撃」をテーマとした緊急会議の議題は、政府、法執行機関、施設の安全、「街頭のユダヤ人」、メディア、さらにはスポーツなど、解決策に100%焦点を当てた。現在のユダヤ人の生きた経験の全体を取り込んでいます。 

出席者には、オランダ系ユダヤ人の主要な指導者、オランダのユダヤ人コミュニティの統括グループであるCJO会長、オランダの首席ラビ、アムステルダム、ロッテルダム、その他のオランダの都市からのコミュニティ会長が含まれていました。ヨーロッパ全土からの指導者たちが彼らに加わりました。会議で講演したり、支援のメッセージを送った人には、オランダのマルク・ルッテ首相、イスラエルのイスラエル・カッツ外務大臣、ヨーロッパとオランダの反ユダヤ主義対策特使のカタリーナ・フォン・シュヌルバイン夫人とエド・ヴェルドナー夫人、元NBA選手とプロフットボール選手、主要人物が含まれる。イスラエル国際キリスト教徒およびEUカトリック教会事務総長より。 

EJA会長のラビ・メナヘム・マルゴリン氏は会議の冒頭で次のように述べた。伝統的な衣装を着たユダヤ人や、ドアにメズーザを付けたユダヤ人は、執拗な嫌がらせを受けている。ユダヤ人学生は命の危険にさらされ、大学の授業から締め出される一方、ユダヤ人の家、シナゴーグ、墓地には憎悪のスローガンが自由に走り書きされている。 

「私たちは、政治的、法律的、公の場で、そして地域社会と個人の安全を強化することによって、あらゆる面で反ユダヤ主義と戦う計画を立てなければなりません。しかし、これだけでは十分ではないかもしれません。したがって、イスラエル国家は、ヨーロッパ系ユダヤ人をイスラエルに吸収するための実際的な緊急時対応計画を早急に策定しなければならない。残念ながら、これはもはや仮定の状況ではなく、欧州各国政府が対処できていない、あるいは対処しようとしない現実の脅威です。」

パリのコンシストワール(ヨーロッパ最大のユダヤ人コミュニティ)の会長であり、EJAユダヤ人指導者評議会の会長でもあるジョエル・メルギー氏は、「ホロコースト後に行われた最悪の虐殺の後、イスラエルとディアスポラの両方のユダヤ人が、長期的には強く支持されるはずだったが、残念ながらそうではなかった。あっという間に、イスラエルと世界中のユダヤ人が、ハマスが彼らに対して仕掛けた恐ろしい野蛮な戦争の結果として非難されるようになった。この暗く不公平な現実は非常に恐ろしいです。」

広告

オランダ法務省反ユダヤ主義対策国家調整官(NCAB)のエド・ヴェルドナー氏は、「当事務所の主な目標は明らかである。反ユダヤ主義と闘うための適切な実施を見つける必要がある」と述べた。現代の問題の解決策を見つけるには、新たな政策変更が必要です。私たちは若い世代がホロコーストの教訓だけでなく、現在の反ユダヤ主義からも学べるようにする必要があります。」

ハンブルク反ユダヤ主義委員のステファン・ヘンゼル氏はユダヤ人指導者らに対し、「ドイツのユダヤ人の95%はソ連崩壊後の共和国の出身である。これらのユダヤ人のほとんどは無所属であり、彼らを代表する声を持っていませんが、移民コミュニティ内で見られる課題、特にイスラム教徒のコミュニティとの交流で見られる排除などの課題を経験しています。私たちは[イスラム教]機関との組織的な関係を再考する必要があります。コーシャ的虐殺や割礼などの重複する問題があっても、明らかに反ユダヤ主義的であるイスラム教制度内の問題を告発する必要がある。」

パリ弁護士会の弁護士であり、EJAリーガルフォーラムのメンバーでもあるパスカル・マルコウィッツ氏は、フランスの現在の法整備状況について会議で次のように説明した。「フランスの法律は、国籍に基づいて人々をボイコットすることを禁じている。それを差別だとみなしたのです。私たちは、この法的定義に基づいて反イスラエル活動家、特にスーパーマーケットでボイコットを組織した反イスラエル活動家を訴えることに成功しました。この法律は、全ヨーロッパレベルで再現できるモデルと見なされるべきです。」

行動保護同盟会長のカルマン・ザライ氏は会議で演説し、「世界は善悪の基本的な感覚を忘れているようだ。私たちは直面している正確な脅威を認識しなければなりません。私たちは、反ユダヤ主義憎悪犯罪の数は今後も増加し、それに伴い犠牲者の数も増加するという事実に備えなければなりません。現在、そのような被害者に対する保護、法的援助、精神的援助の提供を扱う欧州の統括組織は存在しない。一部の国ではすでにそのような支援の提供を余儀なくされている組織もあるが、この点に関してはEU全体の代表が必要である。私たちはコミュニティとして協力して行動することが最も重要であると信じています。これが今の私たちの任務です。」

スポーツにおける反ユダヤ主義との戦いに特化したパネルの中で、マッカビ世界連合グローバル大使エリック・ルービン氏は次のように強調した。私たちは極左ネオナチからなる人種差別主義のフリンジグループに前進することはありませんが、プロジェクトマックス(マックスノルドー)での私たちの活動は、スポーツ擁護者を活用して、中産階級の60%または70%の人々に意識をもたらすために彼らの声を貸しています。反ユダヤ主義が何であるかを実際には知らない世界の人々。」

元NBA選手(ニューヨーク・ニックス)のマイケル・スウィートニーは、反ユダヤ主義と闘った自身の個人的な経験を次のように語った。コーチングをしていました。イスラエルに行ったことは私にとってとても勉強になりました。妻のような人々が私を心配していたにもかかわらず、すべてがどれほど平和だったかに私は驚きました。嘆きの壁でユダヤ人とアラブ人が普通に会話しているのを見て驚きました。」

決議案の全文は以下の通り。

私たちユダヤ人の指導者とコミュニティは、本日、4年2024月XNUMX日にアムステルダムで開催される欧州ユダヤ人協会の年次会議に出席し、投票の結果、以下の決議を可決しました。

1. 反ユダヤ主義の記録的な高まりと、それに伴うヨーロッパにおけるユダヤ人の生活に対する実存の脅威を考慮し、

そして、記録的な増加と生存の脅威に対処するためにこれまで政府が採用した有意義な措置が欠如していることを考慮すると、

– 欧州各国政府に対し、ユダヤ人に対する継続的な嫌がらせや反ユダヤ主義の脅威に関するオンライン報告メカニズムを直ちに設置し、この報告メカニズムが法執行機関に直接リンクされて迅速な対応が行われるよう要請する。

– 反ユダヤ主義を特定し、反ユダヤ主義に対処し、反ユダヤ行為を犯す者を逮捕するための包括的な警察官の訓練を要請します。さらに、警察署に対し、テロ組織の横断幕、旗、記章を含む暴力的および/または威圧的な抗議活動に対して、一切容認しない姿勢を取るよう要請します。

– 反ユダヤ主義事件に対してより厳しい対応をとることを目的として、各欧州検察庁に反ユダヤ主義の苦情を扱う専門の専門家を任命し、起訴に向けた迅速な手続きを確立するよう要請する。

2. IHRA の反ユダヤ主義の定義が広く採用されていることを考慮すると、

– 各国議会に対し、IRHAの原則を法律に定め、その原則に違反した者を訴追する法的手段を確立するよう要請する。

– 授業、講義、キャンパス内での活動における、法的定義による反ユダヤ主義の扇動を禁止し、訴追することを目的として、大学と高等教育機関を同じ法律の対象に含めるよう各国議会に要請する。

3. 民主的に選ばれた政府に対する批判は当然のことだということは認めるが、欧州連合(EU)のジョセップ・ボレル上級代表が、7月XNUMX日以前とそれ以降、また報道官のピーター・スタノ氏を通じて、反イスラエルの偏見を明白かつ繰り返し示し、それが欧州の公共空間における反ユダヤ主義とイスラエル国家全体の中傷の大きな一因となっていることを、私たちは非常に懸念している。

– ボレル上級代表は在任中、欧州連合対外行動局内でイスラエル国に対する否定的な雰囲気を積極的に醸成してきたと述べる。

– 欧州理事会と欧州委員会に対し、上級代表の役割は「貢献的」であり、ボレル上級代表は、7月XNUMX日のハマスによる虐殺後に欧州委員会委員長がイスラエルへの支持を表明したことに対する公然たる批判を含め、欧州理事会の採択された立場を自らの判断で頻繁に装飾したり付け加えたりしてきたことを想起させる。

– 欧州理事会に対し、欧州とイスラエルの関係に重大な損害を与えたこと、また彼が反ユダヤ主義に加担したことを踏まえ、次期上級代表を適切に審査し、ボレル上級代表のときのように、EEASの地位と評判が党派的な目的のために利用され、操作されることがないよう徹底するよう要請する。

会議は欧州ユダヤ人協会に対し、この決議案を以下に送付するよう呼びかけています。

– すべてのヨーロッパ諸国の議会および政府。

– 反ユダヤ主義と闘うためのヨーロッパ各国の特使

– 欧州理事会議長および欧州委員会議長

この決議は4年2024月XNUMX日に挙手により過半数で可決されました。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド