私達と接続

欧州人権裁判所(ECHR)

冤罪と闘う慈善団体は、ストラスブールの判決を受けて法律を変える必要があると主張

SHARE:

公開済み

on


有力な慈善団体が、冤罪被害者への補償に関する英国の「残酷なテスト」を廃止するよう求める新たな要求に力を注いだ。この要求は、ストラスブールに本部を置く欧州人権裁判所による重要な判決を受けて出されたものである。

裁判所は火曜日、2人の男性からの損害賠償請求に関する2件の訴訟で判決を下した。

64人は、XNUMX歳のアイルランド人ビクター・ニーロン氏とイギリス人のサム・ハラム氏である。

ニーロンは1997年に強姦未遂で有罪となり、最低17年の終身刑を宣告された。彼の有罪判決は2012年XNUMX月XNUMX日に英国控訴院によって取り消された。 

ハラムは2004年に殺人、重傷害共謀、暴力騒乱の罪で有罪判決を受けた。新たな証拠が明らかになった後、2012年に有罪判決は取り消された。

その後、両氏は冤罪に対する賠償を請求した。

彼らは、誤って有罪判決を受けた者に対し、賠償を得るために合理的な疑いを超えて無実を証明することを要求することは、正義の基本原則に反すると主張した。

広告

欧州裁判所は両被告の賠償請求を却下したが、5人の判事は、ほとんどのEU加盟国が冤罪判決後の賠償を規定しているという事実に注目し、反対意見を述べた。また、同裁判所は「誤った有罪判決がもたらす壊滅的な影響に無関心ではない」と述べた。

ストラスブールの裁判官団は、二人の異議申し立てを棄却する判決で、「法務長官が補償を拒否したことは、申請者が刑事犯罪を犯したという刑事基準で有罪であるという意見を反映して、申請者に刑事上の有罪を帰属させ、刑事訴訟が別の方法で決定されるべきであったことを示唆しているとは言えない」と裁定した。

イーストロンドン出身のハラムさんはこう反応した。「20年間、私は青年期のすべてをかけて、全く無実の殺人事件と闘ってきました。刑務所で過ごしたXNUMX年半の罪で、いまだにXNUMXペニーも受け取っていません。」

同氏はさらに、「2014年に導入された残酷な補償基準は廃止される必要がある。この国が掲げるべき理念に完全に反するものだ」と付け加えた。

判決に対してニーロン氏はこう述べた。「私は17年間、全く無実の事件で闘ってきました。XNUMX年以上経った今でも、私は失った命に対しても、(両親の死や人間関係の喪失によって)受けた精神的苦痛に対しても、政府から何の補償も受けていません。これは正義ではありません。判決に愕然としています。」

冤罪被害者のために闘う英国を拠点とする大手慈善団体APPEALの共同ディレクター、マット・フット氏からもさらなるコメントがあった。

フット氏は、「冤罪事件に対する残酷な賠償制度は、我が国の刑事司法制度において私が最も恥じる点である」と述べた。

「郵便局や血液感染スキャンダルの被害者全員に補償する必要があるのと同じように、無実の罪で何年も刑務所で過ごした被害者に補償する仕組みを早急に見つける必要がある。」

この慈善団体は、これらの訴訟、そして英国で広く報道された郵便局やホライゾンITスキャンダルに対する国民の反応は、反対意見の判事に反映された国民の深刻な懸念を示していると述べている。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド