EUの「ソフトパワー」としての役割が、モロッコの人権を援助する

モロッコの人権と民主主義に関する報告書は、「ソフトパワー」としてのEUの役割の高まりを示しています - とColin Stevensは書いています。 大手ブリュッセルを本拠とする権利組織であるフロンティアのない人権による国際報告書は、火曜日に欧州議会で発表されました。

それが消滅した会議は、欧州議会のS&DおよびALDEグループによって開催されました。 ALDEグループのブルガリアMEPであるIlhan Kyuchyukは、モロッコのような国々に前向きな変化をもたらすのを助けるための「ソフトパワー」としてのEUの役割を説明したと述べた。

「モロッコの人権:今後の成果と課題」という報告は、NGOによる広範な調査の結果得られたものです。

基調講演者のKyuchyukは、次のように述べています。

網羅的な報告書は、人権の向上を目指す地域の他の国々のための潜在的なモデルとして、3月に設立された独立機関であるConseil National des Droits de l'Homme(CNDH)を称賛する。

HRWF理事のWilly Fautreは、市民社会のいくつかの分野における同国の著しい進展を歓迎したが、結社の自由は「懸念」の問題であると述べた。

国内には4,500人権団体がありますが、Fautreは、政府が要求するように、協会が法的地位を得る前の通知プロセスはしばしば法外なものであると会議に話しました。

Fautreはモロッコに「本当の進歩」を称えたが、この報告書は「まだ取り組む必要がある」分野を強調していると述べた。

「CNDHはモロッコに真の積極的な変化をもたらすために尽力してきましたが、報告書で概説されているように、さらなる進歩が必要です。」 。

Fautre氏は、次のように付け加えています。「モロッコでの事実発見の使命は最も緊急の問題を特定するように設計されており、このレポートはこれらを詳細に分析しようとしています。 それはまた、EUのソフトパワーがこの国や他の国々における人権の促進に貢献できることを示しています。

HRWFの研究者であるColin Forberは、1つの欠陥が教育にあり、モロッコの子供たちの28パーセント非識字率を示していると述べた。 同氏によると、他の問題分野には、特に農村地域での子供の結婚率、体罰の使用などがある。

HRWFのジェンダースペシャリストであるElisa Van Ruitenも、男女平等と女性に対する暴力の分野における著しい進歩と問題を報告しました。 2011で改正された憲法は、男性と女性のモロッコ市民の平等を可能にし、2004で改正されたMoudawana(Family Code)は、女性の離婚を容易にし、子供の監護に関してより多くの権利を提供する。追加しました。

モロッコでの2011憲法草案の作成を支援し、かつては人権を擁護するために12年の懲役刑を宣告された人権の輸出であるAhmed Herzenni博士は、これらは当局により「楽観的」とされるその国で。

彼は言った、「覚えておいて、これはまだ比較的若い民主主義であるので、まだいくらかの方法がある」。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, 人権

コメントは締め切りました。