私達と接続する

バイエルン

金利引き上げでインフレに対抗、バイエルン大臣はECBに要請

公開済み

on

インフレの上昇は貯蓄者の窮状を悪化させており、欧州中央銀行は金利を0%から引き上げることで対応すべきだと、バイエルンのアルバート・フエラッカー財務相 (写真)、毎日言われる ビルト 水曜日 (2 月 XNUMX 日) に公開されたコメントで。

連邦統計局は月曜日、ドイツの消費者物価の年間インフレ率が2月に加速し、XNUMX%に近いがXNUMX%未満というECBの目標をさらに上回ったと発表した。

他の欧州連合諸国のインフレデータと比較できるように調整された消費者物価は、2.4 月の 2.1% から XNUMX 月に XNUMX% 上昇しました。

「ドイツは貯蓄者の国だ。ECBの長期にわたるゼロ金利政策は、典型的な貯蓄計画にとって毒だ」と、バイエルンの保守的なキリスト教社会同盟(CSU)のメンバーであるフエラッカーは大量販売の日刊紙に語った。

「現在上昇しているインフレと相まって、貯蓄者の収用はますます顕著になっている。バイエルン州は、ゼロ金利政策を終わらせなければならないと何年も警告してきた。今がその時だ」と彼は付け加えた。

保守的なドイツ人は長い間、ECBのゼロ%金利は貯蓄者に打撃を与え、利益はほとんど残されていないためだと不満を漏らしてきた.

月曜日の 2.5 月の価格は、全国的なインフレ指標が 2011% に上昇したことを示しており、XNUMX 年以来の最高水準です。

「インフレが私たちの貯蓄を食い尽くしている」という見出しの下で、ビルトは別の記事で警告を発した。「ドイツの労働者、年金生活者、貯蓄者は高インフレのために恐れている!」

火曜日に、ドイツ連邦政府の経済大臣であるピーター・アルトマイヤーは、「インフレの進展を非常に注意深く見ている」と述べたが、まだ判断を下すことはできない.

ドイツ人は26月3日の連邦選挙で投票する.これまでのところ、インフレは選挙運動の問題として牽引力を獲得していないが、増税と統計的影響が価格圧力に加わるため、今年後半にはXNUMX%を超える可能性がある. 詳しくはこちら

すでにECB政策の最大の批判者である保守的なドイツ人の中には、中央銀行がインフレに対して過度に自己満足しており、その緩和マネー政策が価格上昇の新しい時代の到来を告げる可能性があると懸念する人もいる.

広告

Twitter

Facebook

広告

トレンド