私達と接続

開催地フランス

「我々は共和国を救った!」 -新人民戦線がマクロン、ルペン両氏に勝利

SHARE:

公開済み

on

主要出口調査によると、マクロン大統領が呼びかけた総選挙の第172回投票後、左派の新人民戦線がフランス国民議会で最大勢力となる見通しだ。フラ​​ンステレビジョンの依頼でイプソスが実施した世論調査では、新人民戦線の獲得議席数は192~150、エマニュエル・マクロ氏のアンサンブル連合は170~132、マリーヌ・ル・ペン氏の国民連合は152週間前の第XNUMX回投票で首位に立っていたが、XNUMX~XNUMXと予測されている。

ドゴール派の後継である共和党の議員57~67人は、ルペン氏が選んだジョーダン・バルデラ首相を支持する者と、シャルル・ド・ゴール氏が創設した第五共和制に対する根本的な脅威とみなす政党に常に反対票を投じる者に分かれると予想される。

世論調査が発表されるやいなや、新人民戦線のリーダー、ジャン・リュック・メランションは、自分たちが「共和国を救った」と宣言した。彼の非難の多くは、そもそも選挙を呼びかけたことで広く批判されているマクロン大統領に向けられた。彼はマクロン大統領に対し、敗北を認め、いかなる形でもそれを回避しようとしないよう求めた。

「新人民戦線に国政運営を委ねるのは大統領の義務だ」と彼は語った。彼は、新人民戦線以外の政党との連立は受け入れられないが、国会577議席の過半数獲得には至らないと付け加えた。彼らは交渉はせず、労働者へのより良い待遇と富裕層への増税を約束するマニフェストの実施を目指すだろう。

新人民戦線の議席の大半は、メランション氏の屈しないフランス党とオリバー・フォール率いる社会党の議員によって占められる。フォール氏はメランション氏の直後に演説し、「新人民戦線の綱領という、たった一つの綱領」を持つ政府が誕生すべきだと述べた。

フォール氏は共和党員と大統領のアンサンブル連合の議員らに対し、「新人民戦線が国を運営するのを阻止するために、彼らは決して極右に同調して投票すべきではない」と警告した。

広告

ジョーダン・バルデラ氏は、国民連合の勝利を祝うために集まった支持者たちに、「不自然」で「不名誉な同盟」が「フランス国民を奪った」と語った。同氏が言及したのは、フランス政治で長く定着している慣行で、極右に反対する政党の3位の候補者が、国民連合とその前身政党を破るのに有利な候補者を支持するために撤退するというものだ。

「今夜、これらの同盟はフランスをジャン=リュック・メランションの極左の懐に投げ込んだ」とジョーダン・バルデラ氏は語った。しかし同氏は、国民議会の議員数を倍増させたことで同党は「明日の勝利の礎を築いた」と主張した。マリーヌ・ル・ペン氏も演説で同じ考えを述べ、「勝利はただ遅れただけだ」と語った。

アンサンブル連合の一員であるガブリエル・アタル首相は、辞表をエマニュエル・マクロン大統領に提出すると述べた。大統領自身はすぐには発言しないとみられており、大統領に代わって出された声明では、まず結果を分析し、その後「フランス国民の選択を尊重する」とされている。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド