委員会は、#Antarcticのための画期的な判決としてロス海での最初の主要な海洋保護区を歓迎します

ロス海7今日(28 10月)は、交渉の5年後、南極の海洋生物資源の保存委員会(CCAMLR)は、ロス海地域における海洋保護区(MPA)を設置することで合意した - の歴史の中で最初の主要なMPA南極。

環境、漁業・海事局長Karmenuベリャ結果に深い満足感を表明:「南極海での最初の主要な海洋保護区の設立はちょうどCCAMLRのための重要なステップだけでなく、欧州連合(EU)のプッシュにおける重要なマイルストーンではありません包括的かつより効果的な国際海洋ガバナンス。 私は、今日の決定は、このようなウェッデル海と東南極のように、EUが提案されている他の保護地域のために地面を準備したいと考えています。」

ホバート、オーストラリア、中CCAMLR年次総会は、EUの提案に基づいて、それらの多くは他のいくつかの重要な決定をしました。 具体的には、メンバーが第2の性能評価を開始することに合意しました。 これは、海洋生物資源の持続可能な管理、特にEUの共通漁業政策の目標に沿って、組織の強化が可能になります。 大きな進展はまた、違法未報告及び未規制(IUU)漁業との戦いで達成されました。

メンバーは、血管の承認に関連する義務を強化し、IUUリスト手続きのルールを強化しました。 また、メンバーは、南極半島周辺の棚氷の後退または崩壊後曝さとなっている海域の科学研究と探査を促進することに合意しました。 南極の海洋生物資源の保存委員会(CCAMLR)は、南極海洋生物の保全を目的とした1982の国際条約によって設立されました。 CCAMLRの設立は、南極オキアミの資源に増加商業的関心(南極海生態系の台形成分)へと過剰開発南極海でのいくつかの他の海洋資源の履歴に応じました。 EUは一緒にアルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、チリ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、韓国、ナミビア、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ロシア、南で、CCAMLRのメンバーでありますアフリカ、スペイン、スウェーデン、ウクライナ、英国、米国、ウルグアイ。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, ヨーロッパの周辺海上地域の会議(CPMR), EU, 違法漁業, マリタイム, 世界