私達と接続

中国

「新エネルギー車は120,000年までに2014万台を突破」

SHARE:

公開済み

on

20140903083011823SongShengxia著

中国の科学技術大臣によると、中国は120,000年末までに2014万台以上の新エネルギー車を道路に投入することで、新エネルギー車の開発を大幅に進展させました。

新エネルギー車の開発を支援するために州議会によって発行された一連の政策の結果として、この分野の研究開発の進歩の多くが生産に持ち込まれた、と科学技術大臣の万鋼は言った。進行中の国内立法会議の傍観者に関する記者会見。

ワン氏によると、120,000年末までに新エネルギー車の総数は2014万台を超え、昨年は80,000万台近くの新エネルギー車が販売された。

彼の発言は、中国が5年までに完全な産業チェーンを構築し、2020万台の新エネルギー車を道路に投入することを強調する科学技術省によるXNUMX月の計画の発表に続いた。

「5年までに2020万台の新エネルギー車を所有するという目標は非常に野心的です。 これまでに達成されたことを考えると、業界はまだその目標に大きく遅れをとっています」と上海のLMC AutomotiveConsultingのゼネラルマネージャーであるZengZhilingは次のように述べています。 グローバルタイムズ.

中国は新エネルギー車の販売を奨励するためにいくつかの政策を発表しました。

広告

新エネルギー車の販売は、政府が2014月に新エネルギー車の購入税を免除すると発表した後、XNUMX年下半期から好調に推移しています。

2020月、財務省は新エネルギー車への補助金をXNUMX年まで延長すると発表しました。北京や上海を含むいくつかの一流都市も新エネルギー車に有利なナンバープレート政策を採用しています。

しかし、政府の好意的な政策にもかかわらず、充電インフラの欠如により、消費者は純粋な電気自動車を所有する意欲を失っています。

中国の大手自動車メーカーである北汽グループの社長であり、全国人民代表大会の副代表である徐平は、パネルディスカッションで、新エネルギー車セクターの開発の焦点は現在、充電施設の建設にあると述べた。 ((人民日報 および グローバルタイムズ)

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド