私達と接続

EU

EUは、ローマを支援するために促しました

SHARE:

公開済み

on

ローマ-ゲッティThe EU has been urged to tackle the factors that “trap” the Roma population in a “vicious circle” of ill-health.

XNUMXつの組織の連合が、ローマの統合と差別禁止政策の両方を担当するEU委員のベラヨウロバーに要求を送りました。

この問題は、ヨーロッパでのローマ統合に関するブリュッセル会議で議論されました。

The event heard that policy-makers, together with the Roma community, “need to design effective programmes” to make sure that Roma people across Europe “do not have to endure” discrimination in education, employment, housing and health.

The European Platform for Roma Inclusion, the umbrella body for the four groups, calls for support to help Roma people become “healthier and more productive members of society.”

EUの推定10万から12万人のロマ人は、ヨーロッパで最も不利な立場にあるコミュニティのXNUMXつであると言われています。

会議では、多くの人が差別に直面し、雇用や、政府が健康的な生活のための基本的なレベルの保護や良好な条件を提供できない教育や医療などの社会サービスへのアクセスを欠いていると聞いた。

広告

多くのローマは、健康をサポートしない劣悪な衛生状態の非公式な集落に住んでいると言われています。

The result is that the Roma “suffer worse health and a lower life expectancy than the rest of the population.”

会議に出席したJourová委員は、停滞しているEU差別禁止指令について合意に達するために、加盟国の大臣と協力するよう求められました。

2008年に提案されたこれは、宗教や信念、障害、年齢、性的指向に関係なく、男女平等と人の平等な待遇を確保するために不可欠な重要な法律と見なされています。

法案は、EUの能力の範囲内での生活のすべての分野(教育、住居、商品やサービスへのアクセスを含む)における宗教または信念、障害、年齢または性的指向を理由とする差別を禁止します。

しかし、EU加盟国は指令について合意に達することができませんでした。

差別と医療サービスへのアクセスの障害は、ローマの女性に不釣り合いな影響を及ぼし、未治療の健康問題を引き起こし、社会的排除をさらに増大させると言われています。

欧州公衆衛生同盟の会長であり、欧州女性健康研究所の局長であるペギー・マグワイアは、次のように述べています。「ヨーロッパ中のロマのコミュニティは、健康で充実した生活を送るための大きな障害に直面しています。

“If you happen to be a Roma woman, these hurdles multiply exponentially. The gender element in tackling Roma marginalization has to be strengthened in EU and member states’ Roma programmes.”

Further comment came from Bernadett Varga, chair of the Hungarian Roma Health Fund, who said, “To put an end to the exclusion of Roma communities in Europe from appropriate health care services, policy-makers must pay closer attention to prevention and protection, and provide health-care professionals with the right skills to better understand the Roma and their culture.”

彼女のコメントは、文化・教育・コミュニケーション協会の理事長であるマグダレナ・ロトヴァに反映されています。彼は次のように述べています。

“It is now the turn of the current trio EU presidency countries – Latvia followed by Luxembourg – to persuade the remaining EU member states still opposing the passing of this directive.”

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド