私達と接続

農業

EUの危機管理枠組みは、増大する課題の中で農家を優先する必要がある

SHARE:

公開済み

on

27月XNUMX日の最近の農産理事会会議で、欧州連合の農業大臣は、農業セクターの危機管理ツールを強化する緊急の必要性を強調し、予算の増額と柔軟性の向上を主張した。ベルギーのデイビッド・クラリンバル農業大臣が主導するこの重要な動きは、農家が直面する無数の気候、経済、地政学的リスクから農家を守ることを目的としている。クラリンバル氏は、研究とイノベーションが極めて重要な役割を果たす、回復力のある先進的な危機管理システムの必要性を強調した。

この展開は実にタイムリーだ。 EUの共通農業政策(CAP)は現在、多様化への支援、競争ルールの逸脱、投資信託、保険支援、公的市場介入、年間450億XNUMX万ユーロの危機準備金など、危機時に農家を支援するさまざまなツールを提供している。しかし、最近の議論が明らかにしているように、課題がエスカレートする中、これらの対策はもはや十分ではない可能性があります。

危機管理の強化を求める声

閣僚の討論のきっかけとなったベルギー大統領のメモは、CAP内外の既存の危機管理ツールを再評価し、必要に応じて適応させる必要性を強調した。欧州牛乳委員会がブリュッセルで抗議活動を行っており、過剰供給時の牛乳生産を規制する恒久的な危機メカニズムの設置を要求しており、この問題の緊急性がさらに浮き彫りになっている。この呼びかけは、2016年から2017年の酪農危機の際に採用された一時的な措置を反映しており、効果は証明されたものの、長期的な安定には不十分だった。

危機準備金の予算を増やすことが急務です。ロシアのウクライナ侵攻を受けて450年に初めて発動された現在の2022億XNUMX万ユーロの基金は、将来の危機には不十分である可能性が高い。クラリンバル氏自身も大幅な予算増額を提案し、苦境にある農民へのより強力な財政支援の必要性を強調した。

さらに、加盟国が委員会に通知することなく小規模な補助金を農家に与えることを認める「デ・ミニミス」援助の概念も勢いを増している。現在、20,000 年間で 50,000 社あたりの上限は XNUMX ユーロですが、前回のアグリフィッシュ評議会の会議で提案されたように、この上限を XNUMX ユーロに引き上げることには強い支持があります。現在の上限が無効になるような危機の急速な蓄積を考えると、この引き上げは極めて重要である。

広告

ニュートリスコア: 主要な問題からの気晴らし

危機管理に焦点を当てることは前向きな変化ではありますが、注意とリソースをそらしているもう一つの物議を醸す問題、つまりフロント・オブ・パック (FOP) ラベルの調和に取り組むことが不可欠です。 Nutri-Score は、消費者がより健康的な選択をできるようにすることを目的として、色分けされたシステムを使用して食品の栄養品質を示すパッケージ前面のラベルです。しかし、そのアルゴリズムは一貫性がなく、誤解を招くことが多く、明確な指針を提供できず、欧州人の買い物の意思決定を複雑にしているため、当然の批判も受けています。

ポルトガルの新農水大臣ホセ・マヌエル・フェルナンデス氏が発表したニュートリスコアの廃止というポルトガルの最近の決定は、透明で効果的な食品管理システムの回復に向けた重要な一歩を示している。この動きは、伝統的な高品質食品よりも過剰加工製品を支持するとしてニュートリスコアに長年反対してきた他のヨーロッパ諸国による同様の行動に続くものである。 Nutri-Score の単純化されたアプローチは、特定の食品が実際よりも健康的であると消費者に誤解を与え、伝統的な、より栄養価の高い選択肢に不利益を与えることがよくあります。

イタリアのフランチェスコ・ロロブリジーダ農業大臣は、ポルトガルの決定を透明性と消費者保護の勝利として称賛した。フランス、ドイツ、スイス、スペイン、ルーマニアなどの国々でニュートリスコアの人気が低下していることは、ヨーロッパ全体がこのシステムを拒否していることを示唆しています。

EU は、効果がないと証明されているニュートリスコアのような表示システムから離れる時期が来ています。代わりに、消費者が情報に基づいた食事の選択を自分で行うために必要な知識とリソースを提供できるようにすることに重点を置く必要があります。消費者が過度に単純化されたラベルを必要とせずに自らを学び、健康的な決定を下すことを信頼することで、より健康的な食習慣へのより本物で永続的なアプローチが促進されます。

ヨーロッパ農業の持続可能な未来に向けて

より強固な危機管理枠組みの推進は、正しい方向への一歩です。危機準備金の増額と「最低限度の」援助上限の引き上げは、農民に即時救済を提供するために不可欠な措置である。ただし、これらの取り組みは、持続可能な農業慣行とイノベーションを優先する長期戦略によって補完されなければなりません。

気候変動に対する農業の回復力を強化するための研究開発への投資、包括的な補償を提供する保険システムの開発、イノベーションを推進するための官民パートナーシップの促進は重要なステップです。 EUはまた、危機時の迅速な対応メカニズムをサポートするための規制枠組みを合理化し、農家がタイムリーかつ適切な支援を受けられるようにする必要がある。

アグリフィッシュ評議会での最近の議論は、危機の激化から農業セクターを守る必要性についてEU閣僚の間で認識が高まっていることを浮き彫りにしている。回復力と持続可能性を優先することで、EU は農民に安定した豊かな将来を保証し、ヨーロッパの経済と食料安全保障における農業セクターの重要な役割を強化することができます。

結局のところ、危機管理ツールの強化は前向きな進展ではありますが、EU は透明性と革新への取り組みを維持する必要があります。これには、ニュートリスコアのような欠陥のある表示システムから消費者が情報に基づいた選択をすることを信頼し、農家が繁栄するために必要なリソースを提供できるようにすることへの移行が含まれます。当面の課題と長期的な課題の両方に取り組むことで、EU は、将来の危機に耐え、ますます複雑化する世界情勢の中で繁栄を続けることができる、より強靱で持続可能な農業セクターを育成することができます。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド