私達と接続

欧州議会

「世界の暴力の半分以上はメンタルヘルスの問題から来ている」シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール氏が欧州議会に語る

SHARE:

公開済み

on

写真提供者: Aris Setya

世界は、うつ病、自殺、メンタルヘルスの問題の前例のない増加に直面しています。

2022年25月に発行されたWHO世界メンタルヘルス報告書によると、パンデミックの最初のXNUMX年でうつ病と不安症がXNUMX%増加し、精神障害を抱えて生きる人の数はXNUMX億人近くに達しました。

メンタルヘルスに関連する現在の課題のいくつかに対処するために、22月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会でシンクタンクが開催され、欧州議会議員リザード・チャルネツキが主催し、グルデフ・シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカールが議長を務めた(描写)。 このシンクタンクは、世界的な影響に向けてスケールアップできるメンタルヘルスを改善するための革新的なソリューション、メンタルヘルスと平和構築の相互関係、メンタルヘルスに関する最新の研究、職場における競争上の優位性としてのメンタルヘルスの取り組みについて取り上げ、議論しました。

「メンタルヘルスは、今日世界が直面している最大の課題の一つです。発展途上国でも先進国でも、戦争地域でも平和地域でも、それは全世界に影響を与える問題です」とグルデフ・シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール氏は語った。

しかし、メンタルヘルス問題の懸念すべき増加にもかかわらず、メンタルヘルス問題に関しては依然として偏見が存在するとグルデフ氏は強調した。 問題を抱えていて助けが必要であると本人が認めない限り、治療を受けることはできません。これはすでに勇気のいる第一歩ですが、今日の批判的な世界では、そのように認めると仕事や人間関係が危険にさらされる可能性があるため、人々は自分の問題を隠す傾向があります。

ストレスはメンタルヘルスの最大の原因の 600 つであり、健康的なライフ バランスによって管理できますが、そのためには人々は「少しのケアと注意が必要」です。 ただし、身体の健康とは異なり、学校には「精神衛生」のコースはありません。 「世界の暴力の半分以上はメンタルヘルスの問題から来ている」とシャンカール氏は語った。 「米国では過去6カ月で600件以上の銃乱射事件が起きた。その原因はメンタルヘルスだ」。

広告

世界中の精神的健康問題を減らすためには、まず社会的な偏見に対処する必要があるが、それから性別、宗教、階級や身分に関連して私たちが自分の中に抱いているさまざまな種類の偏見に対処する必要があるとグルデフ氏はアドバイスした。 ヨガや瞑想も健康的なライフスタイルに大きく貢献し、ソーシャルメディアではなく実際に人々と会う社会的交流はトラウマの癒しに役立ちます。

スロベニアの元首相アロイツ・ペテルレ氏は、「政治の使命は国内的にも世界的にも共通善を確保することだが、恐怖や怒りに基づいて共通善を確保することはできない」と語った。

「私は医師ではありませんが、世界の断片化は人々の断片化を意味し、断片化が進むほど精神衛生上の問題がより多くなるということは理解しています」とペテル氏は付け加え、自殺率がスロベニアの自殺率が10%減少したことを例証した。同じ価値観と原則を共有するコミュニティへの帰属意識によって人々が新たな希望をもたらしたため、欧州連合に加盟しました。

「単一の組織だけではメンタルヘルス危機に対処することはできません。政府、医療機関、NGOが力を合わせて包括的なメンタルヘルス戦略を策定する必要があります。力を合わせれば、より健康で回復力のある社会を構築することができます」とリザード・チャルネキ氏は述べた。

ポーランドでは、地域社会を無料で支援するメンタルヘルス計画が全国のセンターで実施されているとポーランド保健大臣アダム・ニエジエルスキ氏は説明した。 治療計画は、精神的健康危機を経験している人との関係に基づいて専門家によって作成されます。 そして、2019 年以来、これらのセンターのうち 380 が子供と青少年を専門にしています。

「悲しい顔が存在することは許されるべきではありません。私たち一人一人が責任を持って幸福の要素をもたらすべきであり、そうすれば社会をより良い場所にできるのです」とシャンカール氏は指摘した。 

さらに、ウクライナ戦争勃発以来、ポーランドはウクライナ難民のトラウマ回復を支援するため、国境沿いだけでなく国中に精神保健のための医療センターを設置し、ポーランド国民と同等に医療へのアクセスを提供し、難民キャンプでの情報キャンペーン。 「戦争は肉体的な傷だけでなく、心の傷も引き起こし、それが治癒するのはさらに困難になる可能性がある」とグルデフ氏は語った。

シャンカール氏の国際人間価値協会(IAHV)とアート・オブ・リビングも、ウクライナ国内とヨーロッパの両方でウクライナ人向けに400以上のワークショップを立ち上げることに成功し、現在5,000カ国以上に住む20人以上のウクライナ人を支援している。 彼らは、ストレス、不眠症、絶望感、外傷性症状を自己管理する方法を教えられました。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。
広告

トレンド