私達と接続

2024 年の欧州選挙

欧州選挙における極右勢力の台頭に深い懸念

SHARE:

公開済み

on


先週の欧州議会選挙で極右が躍進したことは「非常に憂慮すべきことだ」と、元欧州議会議員のクロード・モラエス氏は言う。極右はイタリアとオランダではその地位を維持した(極右政党への支持ではなく、極右政党間の支持の変動があった)。しかし、好成績が期待されていた他の国、ベルギー、チェコ共和国、ハンガリー(オルバン・ビクトル氏への敗北)、フィンランド、ポーランドでは躍進できなかった。


それでも、英国で最も上級の元欧州議会議員の一人であるモラエス氏は、この結果は真に懸念すべきものだと述べた。同氏はこのサイトにこう語った。「フランスにおける極右勢力の台頭と、迫りくるフランス総選挙は、20世紀のヨーロッパ政治の最悪の側面へと政治的、道徳的方向を転換する重要な瞬間だ。」

「しかし逆説的に、EU選挙の実際の結果は、EU議会で極右が多数派を形成することはなかった、あるいはそれに近いものさえもなかった。」 

「ECRグループとIDグループにはより多くのMEPが配置されていますが、どちらもEPPより規模は大きくありません。 

「ウルズラ・フォン・デア・ライエン氏が『中道は維持されている』と言ったのは正しかった。社会民主党は2019年とほぼ同じ数の欧州議会議員を送り出し、リベラルな新党は79議席を獲得し、フランスの新党の欧州議会議員の喪失で打撃を受けたにもかかわらず、依然として勢力を維持している。」

「現実には、EUレベルでは中道右派の保守政党である欧州人民党が新議会で勢力均衡を保つことになる。彼らは極右に対抗して欧州人民党や独立党と同盟を結ぶのか、それとも反極右の実質的な多数派を形成するのか。」

元労働党欧州議会議員のモラエス氏は、「新議会ではあらゆることが争点となるが、今後数日間で重大な決断を下さなければならないだろう」と付け加えた。

「21世紀のヨーロッパで極右の存在は当然のことであり、非極右政党がどう反応するかがすべてだ。」

一方、元欧州議会議員のエドワード・マクミラン・スコット氏は、この世論調査は今年世界で2番目に大きな民主的な国民投票であると指摘した。

結果を振り返り、彼はこのサイトにこう語った。「プーチンの妨害軍団による悪意ある介入は、2016年とは異なり、失敗したようだ。XNUMX年は、デービッド・キャメロン首相が党内の国家主義者をなだめるために弱々しく提案した英国のEU離脱国民投票の結果を歪曲した年だった。」

同氏は近い将来について、「今後欧州議会と欧州委員会がどのような体制を整えるかはまだ分からないが、歴史は重くのしかかっており、今後さらに暗い日々が訪れるという見通しは特別な重荷を課している」と付け加えた。

広告

 マクミラン=スコット氏は、2004年から2014年まで1984期にわたり、英国最後の欧州議会副議長を務めた。同氏は2014年から2009年まで親EU派の欧州議会議員としてヨークシャー州選出だったが、XNUMX年にデービッド・キャメロン首相がECRパートナーシップを設立したことに抗議して保守党を離党した。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド