私達と接続

2024 年の欧州選挙

投票はまだ集計中だが、選挙後の取引は進行中

SHARE:

公開済み

on

欧州議会選挙はまだ終わっていない。月曜日の夜までに、加盟国 14 か国 (アイルランド) は、XNUMX 人の欧州議会議員のうち XNUMX 人が誰になるかしか発表していない。しかし、新議会の全体的な構成は、議長会議が活動を開始するには十分明確であると、政治担当編集者のニック・パウエル氏は書いている。

「建設的な親欧州勢力が引き続き過半数を占める」と欧州議会報道官は自信に満ちた評価を示し、今後のスケジュールを示した。欧州人民党、社会民主主義党、改革党が依然として全体の過半数を維持しているため、議会のトップの座を分けることから、最終的には首相の選出を確実にする合意形成に移行する可能性さえある。委員長。

ウルズラ・フォン・デア・ライエン氏が期限までに16期目の欧州理事会の指名を確保すれば、19月16~19日にストラスブールで開会される議会の開会と同時に採決が行われる可能性があるが、XNUMX月XNUMX~XNUMX日の次期議会の方がより投票が可能となる。おそらく賭けます。

すべては「いつも通り」という感じだ。EUレポーターの選挙アナリストで、元アイルランド欧州担当大臣のディック・ロッシュ氏は「極右の津波は起きなかった。右派政党は特にフランスとイタリアで勢力を伸ばしたが、話題となった伝統的な中道政党の大敗は起きなかった」と述べている。  

「第9議会でブレグジット後に確立された政治的バランスは維持されている。中道は維持され、ウルズラ・フォン・デア・ライエンの立場は非常に安定しているようだ。EPPグループリーダーのマンフレート・ウェーバーが日曜夜の演説で指摘したように、次の動きはショルツ首相にかかっている」。 

ショルツ氏の社会民主党は一連の選挙結果が悪かったかもしれないが、彼は依然としてドイツ首相であり、ベルリンでの元閣僚の同僚を彼が指名することはフォンデアライエン氏が再選を目指す上で不可欠だ。しかし、彼がまさにそうするだろうということは、緑の党および自由民主党との連立協定に明記されている。

広告

ウェーバー氏も指摘したように、欧州委員会委員長には、5年前に彼女を推薦したフランスのエマニュエル・マクロン大統領の支持も必要だ。マクロン氏自身の選挙結果が悪く、現在行われている突然の国会議員選挙によって、彼が自分の後継者を交代させようと考えていた考えは消え去る可能性が高い。

最終的な最終的な選挙結果はまだわかっていません。特にアイルランドでは開票作業が続いており、月曜日の夜までに当選が宣言された候補者は1名のみとなっている。この国の単一譲渡可能な投票制度により、有権者は広範囲に比例した結果を確保しながら候補者を選択することができますが、最も支持の低い候補者が除外され、最終的には最も成功した候補者が複数議員での選出が宣言されるため、票を複数回再配分する必要があります。選挙区。

アイルランド南部のフィナ・ゲール党(EPP)のショーン・ケリーはすでに祝賀ムードだ。同選挙区は、アイルランド共和国の14名の欧州議会議員が選出されるXNUMXつの選挙区のうちのXNUMXつだ。ケリーに続いてフィアナ・フォイル(改革派)のビリー・ケレハーが当選する可能性が高いが、それにはあと数回の投票が必要になるかもしれない。

ミッドランド・ノースウェストでは、3回の開票結果で候補者は当選していない。無所属のルーク・ミン・フラナガン氏がリードし、フィアナ・フォイルのバリー・コーウェン氏とフィナ・ゲールのニーナ・カーベリー氏が続いている。

ダブリンでは、フィアナ・フォイルのバリー・アンドリュース氏がトップに立ち、フィナ・ゲールのレジーナ・ドハティ氏が2位、シン・フェイン党のリン・ボイラン氏も議席を獲得しそうだ。しかし、長年アイルランド政治の支配勢力であったフィアナ・フォイルとフィナ・ゲールに近年強力な挑戦を仕掛けてきたシン・フェイン党(GUE/NGL)にとっては残念な選挙となった。

伝統的なライバルである両党は、現在では連立相手であり、接戦を繰り広げており、シン・フェイン党が50議席以上を確保するかどうかは、決して確実ではない。アイルランドの投票率は51%で、EU平均のXNUMX%をわずかに下回った。

議会関係者らは、欧州の有権者の半数強が2回連続の選挙に参加したことで安心している。しかし、これは、2019年の数字には英国が含まれており、同国がBrexitに向かっていたため参加率は37%にすぎなかったという事実を無視していることになる。

「入手可能な投票率の数字は残念なものだ」とディック・ロッシュ氏は語った。「これはおそらく1979年以来最も話題になったEU選挙だ。新議会はヨーロッパの有権者とどのように関わるかをじっくり考える必要がある」

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド