私達と接続

2024 年の欧州選挙

EU国民のうち在英デンマーク人がEU選挙での投票を妨げられる 

SHARE:

公開済み

on

Else Kvist、フリーランスジャーナリスト兼コミュニケーションアドバイザー 

英国に住む数百万人の EU 国民が欧州議会選挙に投票するが、 EU離脱後はこれらの選挙で投票できなくなる英国人だけだ。 

英国に住むデンマーク国民として、またここに定住している他の大多数のデンマーク人として、私は投票することができません。デンマークは現在のEU加盟27カ国の中の一握りであり、ほとんどの国民にEU外からの投票を認めていない。他の「犯人」はブルガリア、キプロス、マルタ、アイルランドである。 

対照的に、スウェーデン、ポーランド、フランスは、国民が欧州議会選挙でEU外から投票することを認めている加盟22カ国の中に含まれている。そのため、英国に居住するほとんどの EU 国民は郵送、電子投票、または代理によって大使館で投票することができますが、私たちの多くは欧州議会で誰が私たちを代表するかについて発言権を持っていません。英国のEUとの離脱協定が私たちの権利を保護するはずであるにもかかわらず、私たちの多くはBrexitのずっと前に移動の自由の権利を行使してきたにもかかわらず、これは事実である。 

もちろん、多くのEU国民が自分たちの声を届ける機会を得られることを嬉しく思いますが、すべてのEU国民を代表するはずの同じ議会に投票する権利を私たちの一部が否定されるのはほとんど意味がありません。 。 EU外に住む自国民の選挙権を剥奪している上記の30,000カ国を除けば、他の加盟国は自国民が外国から実質的に投票することを困難にしている。これには、国民が投票するためにイタリアに戻らなければならないイタリアも含まれる。したがって実際には、英国に住む約XNUMX万人のデンマーク人とともに、英国に住むXNUMX万人のイタリア人のほとんどが選挙に投票する可能性は低い。

デンマークの場合、EU域外から投票する資格があるのは、外交官、デンマーク企業の駐在員、2年以内にデンマークに帰国する予定の人など、非常に限定されたグループだけだ。デンマーク国民として、海外に移住すると、指定されたグループのいずれかに属さない限り、デンマーク議会の国政選挙で投票する権利も失います。 

広告

ここ英国にいる私の仲間のデンマーク人の一人にとって、状況は特に特殊です。ブロンテ・オーレルは、スウェーデン人の夫ジョナス・オーレルとともにロンドンのウエストエンドにあるスカンジ・キッチンを共同設立し、英国のデンマーク人の間ではよく知られている。彼女は数冊の料理本の著者でもあり、首都のサディク・カーン市長から「並外れたロンドンっ子」として認められました。 90 歳で 17 年代にイギリスに来たブロンテさんは、「これまでの人生で国政選挙で投票できたことは一度もありません。私の夫は、橋を渡ったところに住んでおり、スウェーデンの総選挙と EU の選挙で投票することができます。私は子供たちに、投票し民主的権利を行使することがいかに大切かを教えて育てようとしているのですが、それでも私にはそれができません。」

ブリュッセルに本拠を置くシンクタンクECIT財団と国境なき有権者団体は2021年に欧州委員会に書簡を送り、国民の大多数が海外からの投票を認めていない加盟国に対して侵害手続きを講じるよう要請した。委員会は、国政選挙のためにそうする能力はないと答えた。

そこで、代わりに ECIT 財団は EU 選挙に注目しました。彼らは法律事務所と協力して欧州委員会への法的申し立てをまとめているほか、国民に欧州議会での投票を認めていないEU加盟国に対して法的措置を講じる可能性も検討している。焦点は英国在住のEU市民で、その多くはEU離脱前に移動の自由の権利を行使している。そのため財団は、デンマークやアイルランドなど、権利剥奪に懸念を持ち、訴訟の原告として行動する用意がある国民を探している。 

New Europeans UK は、英国国内の EU 国民だけでなく、海外の英国人の権利の確保と改善に取り組んでいる慈善団体であり、私はそこでコミュニケーション アドバイザーとして働いています。 

ECIT財団による法的異議申し立てを支援しているニュー・ヨーロピアンズUK会長のルヴィ・ジーグラー博士は、次のように述べた。「私の見解では、欧州議会選挙に関するEU全体の意見の相違は、それ自体に問題がある。それは、欧州議会が組合の機関であるためであり、加盟国は欧州議会の選挙手続きを管理する際に組合を代表して行動しているからです。 -つまり、加盟国間で資格の基準が異なる場合、それはEU国民の平等の原則に違反することになります。」平等の原則は欧州連合条約の第 9 条に規定されています。条約の別の部分では、すべての国民は連合の民主的生活に参加する権利を有すると規定されている(第10条)。 

英国も参加した2019年の前回欧州議会選挙に投票しようとしたところ、東ロンドンにある地元の投票所で拒否された。当時、私は母国(デンマーク)では投票しないことを宣言するフォームに記入することになっていたと言われました。実は私はこのことについて事前に地元の議会に連絡しており、すでに有権者登録をしているので他に何もする必要はないという内容の手紙を受け取ったのを今でも持っています。それにもかかわらず、私は、選挙管理委員会によると、これらの選挙で投票を拒否された推定1.7万人の英国のEU国民とEU内の英国人のXNUMX人にすぎませんでした。そのほとんどは、記入する必要があるフォームに関する情報が不足していたことによるものです。

当時、英国は EU 国民に EU 離脱国民投票の投票を許可していなかったので、これは私にとって「転換点」でした。これが、私がもともと運動家として New Europeans UK に関わったきっかけでした。しかし、2019年のEU選挙では英国から投票を拒否されましたが、今年の選挙ではデンマークが私の投票権を否定しています。

そこで私は、世界中のデンマーク人の利益を世話する会員組織であるデンマークズ・ワールドワイドに連絡しました。マイケル・バッハ・ピーターセン事務総長は、「EU外に居住するすべてのデンマーク人を含む海外のすべてのデンマーク人は、当然のことながら、他のすべてのEU国民と同等の立場で欧州議会選挙に投票できるべきであり、同様にそうすべきである」と述べた。デンマークの総選挙で投票することができます。 

「残念ながら、デンマークはこの選択肢を提供していない数少ないEU諸国の一つであり、もちろん我々はそれを変えたいと考えています。」 

デンマーク政府にも連絡しました。国務省は私に内務省と保健省を紹介しましたが、内務省は助けることができないと答えました。

それにも関わらず、Danes Worldwide、ECIT Foundation、New Europeans UK などの支援を受けて、これらの組織が我々のコーナーで戦ってくれると確信しています。このことは、新しい議会が設立され、新しい条約が交渉されるにつれて、政治的手段であろうと法的手段であろうと、英国やその他の地域にいるデンマーク人やその他の権利を剥奪されたEU国民が次の欧州議会選挙で投票権を得ることができるかもしれないという希望を私に与えてくれた。 

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド