私達と接続

政治

独裁者のミーム化:ソーシャルメディアのユーモアがいかにして独裁者を倒すか

SHARE:

公開済み

on

21 世紀の巨大なデジタル バザールでは、ソーシャル メディアのミームが、広範囲にわたる軽蔑の最も強力な武器に進化しました。これらの生意気で皮肉なユーモアのかけらは、私たちを笑わせるだけでなく、独裁政権の根幹を揺るがすこともあります。宗教的偽善と許しがた​​い人権侵害が混在するイランは、独裁政権が、うまく利用されたミームの力に対していかに脆弱であるかを示しています。

イラン:ムッラーに対するミーム戦争

まずイランから始めよう。イランでは、支配権を握る法王たちが、彼らが支配しようとしているメディアそのものに出し抜かれている。最高指導者アリ・ハメネイは、サーカスのピエロのような優雅さで政策を遂行する、ミームにふさわしい漫画キャラクターとなった。イランの人々は、インスタグラムやテレグラムを利用して、政権の主張と実際の行動の滑稽さを強調する風刺的な描写を作成し、広めている。

IRGCが「誤って」ウクライナ国際航空752便を撃墜したとき、インターネットは政権の無能さと欺瞞を示すミームで溢れかえった。ハメネイ師が「おっと」と書かれたミサイルをジャグリングしたり、ライシ師が小さな絆創膏で爆発する旅客機を修理しようとしたりしているところを想像してみてほしい。これらの画像は政権が阻止するよりも速く広まった。政権の宗教的言語と行動の鮮明な対比がこれほど滑稽に、あるいはうまく示されたことはかつてなかった。

ここ数週間、ツイッターアカウント@TalkhandMediaは、イランの指導者に対する執拗で滑稽な攻撃で話題になっている。TalkhandMediaは独裁政権を笑いながら痛烈な発言をしたい人たちの道しるべとして登場した。このアカウントはユーモアを巧みに利用して政権のプロパガンダを打ち砕いている。(https://x.com/TalkhandMedia/status/1792525073926295561)

@iranianmemes_ などの他のページやアカウントは、政権の失敗と偽善を見事に暴露しています。たとえば、Iran Wire の漫画セクションは、常に的を射た鋭く面白いコメントの宝庫です。(https://www.instagram.com/p/COdYdvdn0JB/?utm_source=ig_web_copy_link&igsh=MzRlODBiNWFlZA==)

広告

世界的なミーム革命

風刺の氷山はイランよりもはるかに大きい。ベネズエラを例に挙げよう。マドゥロ大統領の経済政策を批判するミームが国民的ゲームになっている。地元民が大統領の発言やダンスの動きをパロディ化したオンラインの「#MaduroChallenge」は、ユーモアが絶望を集団の回復力に変える好例だ。

高級住宅をめぐる汚職疑惑が広がる中、「プーチン大統領がアヒルのようにクワクワ鳴く」というミーム動画がロシアで拡散した。https://x.com/DarthPutinKGB/status/987411711929012224)。権威に輝いていたプーチン大統領が、ガーガー鳴くアヒルに成り下がった姿を想像してみてほしい。このシンプルだが力強いイメージは、ツイッターやインスタグラムで反響を呼んだ。同様にエジプトでは、「アサベ皮肉協会」などのフェイスブックページがシシ大統領をパロディ化し、風刺を使って検閲や経済政策を批判している。(https://www.facebook.com/asa7bess/?locale=ar_AR)

トルコでも、「TAMAM(もうたくさん)」運動のような風刺的なキャンペーンが人気を集め、エルドアン大統領の長すぎる統治を批判するミームが作られている。一方、中国では、習近平国家主席をくまのプーさんに例えるミームが巧みに検閲を回避し、シェアされるたびに政権の完全支配への野望をあざ笑っている。武器としてのミーム

なぜミームはそれほど効果的なのか。それは、複雑な政治批判を、アクセスしやすく共有可能な情報に凝縮しているからだ。ミームは、通常のメディア経路を飛び越えて、インターネット上で瞬く間に広まる。そのユーモアによって、ミームは魅力的で魅力的であり、人々は笑いながら批判的に考えることができる。直接的な批判がリスクを伴う権威主義社会では、ユーモアは異論を唱える安全な避難場所となる。

ミームは、地元の問題に国際的な注目を集めるというユニークな力を持っています。ミームが広まると国境を越え、本来なら報道されない不正に世界的な注目を集めます。この世界的な注目は権威主義体制にさらなる圧力をかけ、彼らが罰を受けずに活動することがより困難になる可能性があります。

そこで、独裁者の最近の失策を批判する人気のミームを楽しんでいるときに、この巧妙ななぞなぞを考えてみましょう。オンラインのミームで独裁者を退位させることができるなら、民主主義を確立するには何個の LOL が必要でしょうか。そして、ここで問題です。当局がくまのプーさんやアヒルの鳴き声を検閲するのに忙しい間、国を運営しているのは誰でしょうか。

画像: TwitterのTalkhandMediaチャンネル

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド