私達と接続する

日本

日本がトレーニングキャンプを失うと、オリンピックの盛り上がりは消えます

公開済み

on

2020年の東京オリンピックに先立ち、日本の加茂市は、鉄棒、体操マット、その他のトレーニング施設のアップグレードに70万円 (640,000ドル) を費やしました. 執筆は Ka Ka T本哲史、ダニエル・ロイシンク。

地元当局者によると、チームは日本でのオリンピック前トレーニングの計画を中止した。 人口 19 人の北西部の都市の当局者は、費やしたお金以上に、チームをホストする機会を失ったことを後悔していると言います。

19 年遅れてから 100 週間を切ったオリンピックは、COVID-XNUMX によってひっくり返されました。 外国人の観客は許可されず、XNUMX以上の自治体が海外チームの受け入れ計画をキャンセルした。

「将来のスター選手になる可能性のある地元の子供たちは、ロシアの体操選手に会う機会を逃してがっかりした」とカモの役員、鈴木博和氏はロイターに語った.

パンデミックの影響で緊急事態宣言が発令されている開催都市である東京では、オリンピックの盛り上がりはほとんどないが、2019年からキャンプを計画していた鴨のような小さな場所では、失望はおそらくより明白だ.

これまでのキャンセルのほとんどは、オリンピックの「ホストタウン」プログラムに参加している約 500 の自治体で発生しています。このプログラムでは、外国チームが日本の施設で試合前のトレーニングを行います。

オーストラリアの柔道チームのように、チームは安全上の懸念から撤退した。 キューバからの代表団が東京の北にある東松山市に滞在するように設定されているなど、他の地域では、地方自治体がホストしないことを決定した.

主催者によると、大会は安全に開催されるという。 いくつかの世論調査によると、ほとんどの日本人はイベントのキャンセルまたは延期を望んでいます。

政府は、コロナウイルス対策を課す一方で、自治体がトレーニングキャンプを開催するために13億円を割り当てた、と当局者は述べた.

東京都は110年2030月の見積もりで、東京以外の地方自治体は、オリンピックから2017年までに約XNUMX億ドルの増加が見込まれると述べた。

オリンピックの経済的影響を研究する関西大学の宮本勝浩名誉教授は、「トレーニングキャンプは、開催される町や都市の経済に大きな刺激を与えるが、それは失われつつある」と語った。

東京の東にある成田の当局者は、米国の陸上競技チームが計画されていたトレーニングキャンプから撤退することを決定したことを彼らに知らせたとき、驚きを隠せなかった.

スタースプリンターのジャスティン・ガトリンを含む約120人のアスリートとスタッフがキャンプに来ることになっていると、ホストタウンのプロジェクトを担当する市役所の阿部健太郎氏は語った。

成田と米国とのスポーツ関係は、2015年に北京で開催される世界陸上の前に米国のトレーニングキャンプを開催したときに始まりました。

安倍首相はロイターに対し、「日米間のスポーツ交流を促進するための努力が無駄になったという意味ではない」と述べ、市は関係を継続することを検討すると付け加えた。

自動車メーカーでオリンピックのスポンサーであるトヨタ自動車の本拠地であるトヨタの中心都市では、カナダの水泳選手とコーチが、XNUMX月に約XNUMX週間にわたって開催される予定だったオリンピック前のトレーニングから手を引いた.

このようなキャンセルは、観光客の減少からすでに動き出している町や地域の痛みをさらに増す可能性があります。

泉佐野市西部の彼女のホテルで、辻野恵理子は、選手が日本でのトレーニングを計画している場合、モンゴルとウガンダの代表チームから約 60 の予約を失う可能性があると心配しています。

「土壇場でキャンセルした場合、大きな損失になります」と彼女はロイターに語り、緊急事態のため予約はまだ確認されていないと語った.

ロシアが加茂でのキャンプをキャンセルした後、現地の当局者は土壇場で、女性の体操選手XNUMX人と同行スタッフXNUMX人のはるかに小規模なポルトガル代表団を受け入れることを決定した、と鈴木は述べた.

しかし、市はまた、ロシアの体操選手との友好関係を維持しようとし、子供たちや他の地元の人々に、ビデオメッセージや手紙を作ることで彼らに支援を示すように求めた.

($ 1 = 109.8100円)

日本

予測不可能なゲームが迫る中、日本のスポンサーは適応に苦労している

公開済み

on

東京オリンピックの開幕まであと XNUMX か月を切ったが、日本のアサヒビールは、ファンがスタジアムに入場してビールを買うことを許可されるかどうかまだわかっていない。 白木真紀、山光英美を執筆。

日本は、COVID-19のパンデミックと遅いワクチンの展開の中で、オリンピック計画を縮小しました。 現在、外国人の観客は国内で許可されておらず、主催者は国内の観客が何人参加できるかをまだ決定していません。

60 社以上の日本企業が合わせて 3 億ドル以上の資金を支払って東京オリンピックを後援しました。 昨年大会が延期された後、スポンサーは契約を延長するためにさらに200億ドルを支払いました。

スポンサーシップに直接関与している企業の 12 人の関係者および情報筋によると、多くのスポンサーは、広告キャンペーンやマーケティング イベントをどのように進めればよいか迷っています。

アサヒはスタジアムでのビール、ワイン、ノンアルコールビールの独占販売権を持っています。 しかし、国内の観客について決定が下されるまで、それ以上のことはわからない、と広報担当者は語った。 それは、20月XNUMX日頃、年末に向けて発生する予定です。 東京の現在の緊急事態.

たとえ観客が許可されたとしても、東京政府は会場外のパブリックビューイングサイトでのアルコールを許可する計画はないと、関係者は述べた.

広報担当者によると、朝日はまだマーケティングに大きな変更を加えていません。 2020月には予定通り、東京XNUMX大会のデザインを一新した「スーパードライ」ビールの販売を開始した。

当初から、日本はオリンピックをめったにないマーケティングの機会として捉えていた.

しかし、スポンサー企業の従業員の XNUMX 人によると、スポンサーは意思決定の遅さに不満を募らせ、主催者に不平を言うようになりました。

情報が公開されていないため、情報提供者は、「準備ができていないさまざまなシナリオが多すぎます」と語った。

情報筋によると、企業は主催者に声を上げているが、下位のスポンサーは彼らの懸念が考慮されていないと不満を述べている.

スポンサーは XNUMX つのカテゴリに分けられ、通常は複数年契約を結んでいるグローバル スポンサーが上位に位置します。 他の XNUMX 層は、東京大会のみを契約する企業である。

観客に関する決定が遅れたことでスポンサーが直面する困難についてのロイターの質問に応えて、東京組織委員会はパートナーやすべての利害関係者と緊密に協力していると述べた.

また、委員会は観客への対応方法について関係者と引き続き話し合い、有効性、実現可能性、コストなどの要素を検討していると述べた。

最近の世論調査によると、日本人の約60%がイベントのキャンセルまたは延期を支持している. 日本政府、国際オリンピック委員会、東京の主催者は、 ゲームは先に進みます.

失われた機会

グローバルスポンサー トヨタ自動車株式会社様 (7203.T)、ゲームはその最新技術を披露するチャンスでした。 3,700台の水素燃料電池セダン「MIRAI」を含む約500台の車両を配備し、アスリートやVIPを会場間で送迎する計画だった。

また、選手村の周りに選手を運ぶために自動運転ポッドを使用することも計画しました。

このような車両は今後も使用される予定ですが、規模ははるかに小さく、「私たちが期待し、想定していたものとはかけ離れたものです」と、トヨタの情報筋は述べています。 情報筋によると、本格的なオリンピックは「電気自動車にとって素晴らしい瞬間」だっただろうという。

トヨタの広報担当者は、マーケティングに変更があったかどうかについてはコメントを控えた。

ワイヤレス キャリアの NTT ドコモは 5G 技術を実証するキャンペーンを検討していたが、同社は主催者が国内の観客についてどう判断するかを待っていると、代表者は語った。

旅行会社の JTB Corp と Tobu Top Tours Co は XNUMX 月中旬にゲーム関連のパッケージを開始しましたが、彼らの Web サイトはそれらがキャンセルされる可能性があることを示しています。

東武トップツアーズは「状況が刻一刻と変化することを予見していた」が、計画通りにパッケージを販売している、と広報担当者は語った。 旅行会社と JTB は、観客が許可されない場合、またはゲームがキャンセルされた場合、顧客に払い戻しを行うと述べた。

スポンサー企業の従業員によると、オリンピックのスポンサーは、有名人や有名なスポーツ選手が参加する歓迎パーティー、自家用車、ラウンジなど、日本のトップ CEO に旅程を提供する予定でした。

一部の企業は現在、これらのプランをホテルの宿泊やギフトと組み合わせたゲームのチケットに減らしていると、その人は語った。

ジョージタウン大学のマクドノウ ビジネス スクールでマーケティングの准教授を務めるクリスティー ノルディエルム氏は、「観光客や参加者が不足しているため、地元の広告主、地元の参加者、地元の企業により直接的かつ直接的な影響があることは明らかです」と語った。

レピュテーションリスク

事情に詳しい関係者とスポンサーの従業員によると、オリンピックへの反対を懸念した一部の国内企業は、オリンピック選手を起用したコマーシャルや日本代表チームを支援するコマーシャルの計画を中止している.

国内スポンサーのある情報筋は、「オリンピックの広告を放映することが、会社にとってマイナスになるのではないかと心配している」と語った. 「現時点では、私たちが支払った金額に見合うだけの宣伝を得ることができませんでした。」

東京を拠点とする広告制作会社、Mr+Positiveの創設プロデューサーであるピーター・グラス氏は、オリンピックのために国際的な広告主は依然として日本に焦点を当てたいと考えていると語った.

しかし、彼らのメッセージは、オリンピックの勝利の標準的なイメージから離れました。

「人々が勝利を収めた脚本を書いたとは思わない」とグラースは言った。 「それは、人間性に対するより控えめな敬意です。」

2024年まで契約が続く一部の一流のグローバルスポンサーは、東京でのプロモーションを縮小し、2022年の北京または2024年のパリの予算を延期している、とこの問題に直接詳しい別の人物が語った。問題について説明を受けました。

しかし、国内のスポンサーは別のオリンピックを開催していません。

国内スポンサーの関係者は「だから、単純にやめられない」と語った。 「たとえマーケティングが効果がなくても」

($ 1 = 109.4000円)

続きを読む

コロナウイルス

EU、日本を安全な旅行リストに追加、今のところ英国は除外

公開済み

on

欧州連合(EU)は、不要不急の旅行を許可する「安全な」国の小さなリストに日本を追加する予定ですが、英国人観光客へのドアの開放は当面差し控えると、EU筋は火曜日(1月XNUMX日)に述べました。 フィリップBlenkinsopは書いています。

EU の 27 か国の大​​使は、水曜日の会議で日本を追加することを承認する予定ですが、英国は、インドで最初に確認された感染性コロナウイルスの亜種による COVID-19 の症例の増加のため、見送ります。

現在の制限の下では、予防接種の有無にかかわらず、オーストラリア、イスラエル、シンガポールを含むXNUMXカ国の人々のみが休暇中にEUに入国できます。

個々の EU 諸国は、引き続き COVID-19 の陰性テストまたは検疫期間を要求することを選択できます。

EUは先月、リストに新しい国を追加するための基準を緩和し、過去75日間の25万人あたりの新しいCOVID-19症例の最大数を100,000から14に変更しました。 また、懸念されるバリアントを考慮に入れて、トレンドは安定しているか、減少している必要があります。

EU の保健専門家は、月曜日の会議で日本と英国の両方について検討しましたが、多くの国の代表が、今英国を追加することに反対の声を上げました。

インドの亜種の症例は先週倍増しており、政府は、英国が19月21日にCOVID-XNUMXの制限を完全に撤回できるかどうかを判断するには時期尚早であると述べています。

EUの情報筋によると、バリエーションのコースによっては、英国は14月XNUMX日に安全な旅行リストに入る可能性があり、より多くの国が検討されると予想されます.

このリストは、ブロック全体で一貫性が確保されるように設計されていますが、不足しています。

フランスとドイツは英国の訪問者に検疫を課し、オーストリアは英国の観光客を禁止しましたが、ポルトガルとスペインは彼らを歓迎し始めました。

英国は、ポルトガルからの訪問者を除くすべての EU 訪問者に検疫を受けることを義務付けています。

続きを読む

コロナウイルス

日本はオリンピックファンにCOVID検査の陰性、ワクチン接種を求めることを検討 - メディア

公開済み

on

読売新聞は月曜日 (19 月 31 日) に、東京オリンピックに参加するファンに、COVID-XNUMX 検査の陰性結果またはワクチン接種記録の提示を求めることを検討していると報じた。 山光栄美は書いています。

日本は金曜日に延長 (28月XNUMX日) 緊急事態 20月XNUMX日まで東京やその他の地域で開催され、大会の開幕からXNUMXか月も経たないうちに、コロナウイルス感染の第XNUMX波とワクチン接種の展開が遅れたことで、国民の信頼は揺らいでいます。

外国人観客はすでに禁止されており、主催者は来月、日本のファンが23月8日からXNUMX月XNUMX日まで開催される大会に参加できるかどうか、そしてどのような条件で開催されるかを決定する予定です。

大声での歓声やハイタッチを禁止するなどの他の措置に加えて、政府はオリンピックイベントに参加してからXNUMX週間以内に検査結果が陰性だった場合でも、観客に見せることを義務付けるべきかどうかを政府が検討していると、読売新聞は述べた。

加藤勝信政府の最高報道官は月曜日、記者団に対し、この問題に関する決定については何も知らなかったと語った。

「大会を成功させるためには、国民の気持ちを考慮する必要がある」と加藤氏は語り、主催者はイベントを安全に開催するための措置を講じる準備をしていると付け加えた。

東京オリンピック組織委員会は、同紙の報道についてコメントを求めるメールにすぐには応じなかった。

しかし、委員会の副社長である遠藤利明はロイターに語った 一部の観客は会場に入ることが許可される可能性があります、しかし、彼は個人的には、オリンピックへの反対が広まっている中で大衆を安心させるために、全面的な禁止を望んでいた.

読売のレポートは、パンデミックの最中にオリンピックを開催するという国の継続的な推進を批判するソーシャルメディア上の何千もの投稿を引き起こしました。

「ネガティブテスト証明書」という用語は、日本のツイッターで流行しており、月曜日の午後までに26,000件を超えるツイートを集めました。

「食事、応援、ハイタッチができない場合、チケットと高額なテストにお金を払う意味は何ですか?」 は Twitter ユーザーに質問したが、他のユーザーはそのようなテストの正確性に疑問を呈した。

日経新聞が月曜日に発表した世論調査では、回答者の60%以上が大会のキャンセルまたは延期に賛成しており、これは他のメディアによる以前の世論調査と一致しています。

パンデミックのため、大会はすでに延期されていますが、日本政府と国際オリンピック委員会は、厳格なCOVIDセーフルールの下でイベントを進めると述べています。

続きを読む
広告

Twitter

Facebook

広告

トレンド