私達と接続

カザフスタン

トカエフ大統領、経済成長促進に向けて投資評議会の権限を強化

SHARE:

公開済み

on

カザフスタンのカシム・ジョマルト・トカエフ大統領は4月XNUMX日、カザフスタン経済への投資誘致効率を高め、経済成長を加速するための措置に関する画期的な政令に署名したとアコルダ通信社が報じた。 この政令は、投資促進評議会(投資本部)に前例のない権限を与えるための包括的な計画を概説している。

この政令に規定されているように、投資促進評議会は中央および地方自治体の機関および準公共部門の団体に対して拘束力のある決定を下す権限を有することになる。 さらに、理事会には、投資に有利な環境を作り出す政府の努力を補う、法的強制力を持った一時的な規制法を制定する権限が与えられています。

カジンフォルムによれば、この政令は、XNUMX月の一般教書演説で概説されたトカエフ大統領の経済政策の継続である。 この政策は、経済改革、多様化、透明性のある税制、公平な経営慣行に重点を置いています。 

カシム=ジョマルト・トカエフ。

トカエフ氏は、海外投資の誘致と世界的な経済関係の強化に積極的なアプローチを一貫して示してきた。 彼は、特に海外への公式訪問中に、国内外の投資家と頻繁に会合を行っています。 このような外交関与の最近の例 発生した アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催中の国連(UN)気候変動枠組条約締約国会議(COP28)中に。 そこでトカエフ氏はUAE投資大臣のモハメド・アル・スワイディ氏と会談した。 議論の中で、両氏は、UAEのプレサイトAIホールディングとサムルク・カズィナ・ソブリン・ウェルス・ファンドとの共同プロジェクトに関する協力の可能性や、人工知能に焦点を当てたカザクガズとカザフスタンのテミル・ゾーリーが関与する戦略的協定について検討した。 カザフスタン全体としては、 署名されました COP20に合わせて、グリーンエネルギー、インフラ、デジタル化に関して4.85億28万ドル相当の外国企業とXNUMX件の協定を締結。 投資政策の強化は、トカエフ氏のより広範な経済戦略の重要な要素を反映している。

Finance.kz Telegram チャンネルの著者、アンドレイ・チェボタレフ氏は、大統領の取り組みを賞賛した。 「エネルギーシステムを近代化し、野心的な工業化計画を推進し、厳格な金融政策を維持する必要があるため、カザフスタンはこれらの投資を緊急に必要としている」と同氏は述べた。

投資本部の権限強化は、カザフスタンにおける投資環境を強化するための広範な戦略の一環として行われる。 最近の税法改正とそれに対応する国家投資支援に関する政令の変更により、投資家は投資方向を選択する際の柔軟性が高まり、経済のさまざまなセクターへの積極的な参加が促進されています。

広告

投資本部には、その決定に違反した政府機関および準公共部門の団体の長の解任を含む懲戒処分を提案する権限が与えられている。 この強化された監視は、投資イニシアチブの厳格な順守を保証し、投資家の信頼を高めることを目的としています。

チェボティレフ氏は、適切な法改正の必要性を強調し、次のように述べた。 投資は常に新しい仕事、新しい知識、新しいテクノロジーを意味します。 これらは国民にとって新たなチャンスです。」

国連貿易開発会議が発行した2023年世界投資報告書によると、83年に世界の投資の流れが急激に減少したにもかかわらず、カザフスタンでは純海外直接投資(FDI)の流れが6.1%増加し、2022億ドルに達した。ソ連崩壊後の中央アジア諸国へのFDI誘致で主導権を握り、61%のシェアを確保している。

チェボティレフ氏は国立銀行のデータを挙げ、カザフスタン経済への海外直接投資の着実な流入を示している。 具体的には、2021年にその額は23.8億ドルに達し、28年には2022億ドルを超え、13.3年上半期には2023億ドルを記録した。専門家によると、これらの投資は主に原材料の採掘に向けられているという。

「2022 年の数字の内訳では、石油・ガス部門が最大のシェアを確保し、9.6 億ドルの投資を集めました。 冶金業が4億ドル強で続き、電力部門は635.6億177.9万ドル、食品・飲料生産部門はXNUMX億XNUMX万ドルという控えめな額を獲得した」と同氏は書いた。 

この点に関して、大統領令は、経済の持続可能な発展を確実にするために、投資を主要部門、特に製造業に振り向けることを目的としている。 この政令で概説された措置は、意思決定プロセスを合理化し、説明責任を促進し、国内外の投資家にとってより有利な投資環境を作り出すことが期待されている。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド