私達と接続

工芸作物(茶、たばこ、てんさい)

提案されたタバコ規制の変更は、EUの立法を弱体化させるだけでなく、人命を危険にさらす恐れがある。

SHARE:

公開済み

on


21月XNUMX日に開催されるEU保健相会議では、デンマーク保健相の土壇場での提案が議題に加えられる予定だ。この提案は、EUの法律制定や規制策定のアプローチの特徴である抑制と均衡を崩そうとするものだ。この提案は、常に議論の的となっているタバコとニコチンの規制問題に影響する。誤った決定は、喫煙者がタバコをやめるためにしばしば必要とするより安全な代替品を得られなくなる可能性がある。タバコは健康を害し続け、最終的には多くのヨーロッパ市民の命を奪っている。

この警鐘を鳴らしたのは、ブリュッセルに戻った初日に再選されたスウェーデンの欧州議会議員チャーリー・ワイマーズ氏だ。「どうやらデンマークはニコチンポーチを含む新しいニコチン製品のフレーバー禁止に踏み切ったようだ」とワイマーズ氏はツイートした。「デンマークは今期中に予定されているタバコ製品指令の改定を先取りしようとしている」

欧州委員会は、欧州議会選挙と新委員会の任命手続きを前に、ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長が物議を醸す可能性のある措置を中止したため、新しいタバコ製品指令(TPD2)に関する意見公募の報告書を公表できなかった。

しかし、今年初めには、タバコ製品指令の改訂の可能性とその内容は、科学的評価と公聴会、そして徹底的な影響評価の結果次第であるという公的な保証が与えられた。

「この点に関する政治的決定は、上記の準備段階を踏まえて、次の委員会で行われることになる」と広報担当者は述べた。しかし現在、現在の委員会が終了する前、そして欧州の立法機関である理事会と議会が意見を述べる前に、新しい政策を通そうとする試みがなされている。

欧州委員会が民主的なプロセスを短絡させようとしたのは今回が初めてではない。加盟国の裁判所は、欧州指令を国内法に転用した国内法への異議申し立てを支持した。裁判官は、加熱式タバコ製品やタバコより安全な代替品の規制がEU法を超えていると判断した。

しかし、これらの訴訟が最終的に欧州司法裁判所に持ち込まれ、欧州委員会が敗訴したとしても、損害はすでに発生している。あまりにも多くの喫煙者が、がんの原因となる煙を吸い込まずにニコチンを摂取できるベイプや電子タバコなどのデバイスに切り替える代わりに、タバコを使い続けるだろう。

広告

デンマーク保健大臣がEUのカウンターパートに送った、TPD継続評価プロセスを事実上回避する急進的な提案への支持を求める要請書には、欧州委員会の保健食品安全総局(DG SANTE)の指紋が残っていないことは不可能だ。デンマークは、喫煙削減に関して北欧諸国の中で最悪の記録を持ち、隣国スウェーデンの3倍の喫煙人口の割合を誇っている。

スウェーデンには、タバコを燃やさずにニコチンを吸収できるスヌースというタバコの伝統的な代替品がある。これはがんのリスクがはるかに低く、スウェーデン政府はスヌースへの課税を減らし、タバコへの課税を増やすことで喫煙者にスヌースへの切り替えを奨励している。スヌースはEUの他の国では禁止されているが、スウェーデンはEU加盟時に免除された。 

皮肉なことに、欧州委員会はタバコ物品税指令を更新する措置を講じており、タバコとニコチンに関する法律のより広範な改正に関する適切な手続きを実施する前に、これを前倒しできる可能性がある。提案されている新しいTEDは、単一市場の機能を改善するために加盟国間で税制を調和させることを目指しており、タバコとより安全な代替製品との区別を定めている。

新聞へのリークによりスヌースに高税が課されることが明らかになり、スウェーデン政府から強い反対を受け、計画は頓挫した。しかし、その点について欧州委員会が譲歩すれば、計画は前進するはずだ。

その代わりに、デンマークから土壇場での提案があった。これは、保健大臣会議で「その他事項」として取り上げられる予定だった、複数の加盟国による新しいタバコおよびニコチン製品の制限または禁止を求める要請に基づいたものと思われる。

公衆衛生と持続可能性に関する独立コンサルタントで、英国の喫煙と健康に関する行動(ASH)の元ディレクターであるクライヴ・ベイツ氏は、これは加盟国が自国の管轄区域内で合意できないたばこ政策措置を押し付けようとする一部の保健大臣の試みだと見ている。 

「さらなる規制が正当だと考えているなら、証拠に基づいた主張をすべきだ」と彼は私に語った。「大人への影響、喫煙している若者への影響、喫煙しない若者への影響、そして不法取引、自分で製品を混ぜる人、喫煙に戻る人など、意図しない結果の影響を考慮に入れるべきだ。彼らが言っているよりはるかに複雑な状況だ」

「彼らはゲートウェイ効果を主張しているが、すべての証拠は逆の方向を示している。つまり、これらの電子タバコ製品や他のニコチン製品は喫煙からの離脱手段であるということ。もしあなたが何百万人ものヨーロッパ人の個人的行動に干渉することを正当化するつもりなら、もっと良い主張をするべきだ。」

「実際に命がかかっているときに、安っぽい大衆迎合的な態度で、こうしたことを性急に規制すべきではない。これが適切に行われるかどうかは生死に関わる問題だが、彼らはそれを軽々しく扱っている。実際に害を及ぼす禁止ではなく、EU内の健康と域内市場のために役立つ、よく考えられた対策につながる強力な審議プロセスが必要なのだ」

クライヴ・ベイツ氏はワルシャワで開催されたニコチンに関する世界フォーラムで私に話していたが、主催者の発言によれば、EU​​の官僚が何百万人もの人々を喫煙に回帰させ、その結果EUのがん撲滅計画ががんを減らすという目標を達成できない可能性がすでに懸念されていた。

この計画で定められた新しいニコチン製品に対する厳しい規制には、フレーバー禁止、公共スペースでの使用禁止、無地パッケージ、電子タバコやその他のより安全なニコチン製品への高税などが含まれており、ヨーロッパの一部の国では喫煙率がすでに上昇している。

「ヨーロッパは、喫煙目的の場合のみ合法的にタバコを購入できるという、皮肉なオーストラリアのようになる可能性がある」と、オーストラリアたばこ危害軽減協会の創設会長であるコリン・メンデルソン博士は述べた。「電子タバコは入手が非常に難しいため、禁止されてもおかしくない」。

米国でも状況は同様に深刻で、規制が厳しすぎるため合法的な選択肢は闇市場と競争できず、一方ニュージーランドと日本では加熱式タバコ製品の導入後、喫煙率がそれぞれ半分と3分の1に減少した。  

「価格を高く設定して禁煙を難しくしたり、代替品を魅力のないものにし、誰も使いたがらないようにしたりするのは解決策ではない」と、アイルランドのダブリンにあるプライオリティ・メディカル・クリニックの医療ディレクター、ギャレット・マクガバン医師は語った。

フォーラムでは、製品のニコチン含有量を減らすことは、人々の喫煙量を増やすだけでなく、ヨーロッパのタバコ農家の生活を脅かすため、逆効果であるという意見も聞かれた。ニコチン含有量の低いタバコは、遺伝子組み換え(GM)作物を使ってのみ栽培できるが、ほとんどのEU加盟国は、こうした作物を禁止または制限している。農家はそれらを栽培することができず、タバコ栽培に悪影響が出るだろう。

これは、よく考えられていない法律がもたらす、予期せぬ悲惨な結果の一例に過ぎません。では、何をすべきでしょうか。ニコチンに関する世界フォーラムの専門家は、新しいタバコやニコチン製品を未成年者の手に渡すべきではないと全員一致で意見を述べました。しかし、禁止措置や極端な措置で国から製品を排除できると考えるのは甘い考えです。未成年者が手にしている製品の中には、すでに違法輸入品であるケースが数多くあります。問題は、不十分な規制ではなく、施行と教育です。

未成年者によるこれらの製品の使用に対処するには、必要に応じて公衆衛生分野における独占的権限を行使すべきなのは EU 加盟国です。これには、電子タバコやニコチン ポーチのフレーバーやパッケージの規制、未成年者にとって手が届きにくい低価格を回避するための物品税の導入、小売業者のライセンス付与、および青少年のアクセス防止対策の施行強化が含まれます。

新たなタバコやニコチン含有製品の規制に関する貴重な経験を加盟国レベルで集めることは、EUレベルで行動するための必須の前提条件です。それどころか、欧州委員会は加盟国の経験、そして場合によっては革新的な製品を活用して喫煙率を減らすことに成功した経験を無視し、同時に未成年者がこれらの製品にアクセスできないようにしようとしています。

例えば、フィンランド、デンマーク、ラトビア、リトアニア、エストニアでは、電子タバコのフレーバーやパウチに対する規制を導入済み、または導入手続き中ですが、タバコなどの特定のフレーバー(場合によってはミントやメンソールも)は許可しており、これらの製品が成人喫煙者にとって受け入れられる代替品であり続けるよう保証しています。

最終的には、喫煙による害を軽減する新しいタバコおよびニコチン製品の潜在力と未成年者保護との間で適切なバランスを取る必要があります。これらの製品は、未成年者にとって特に魅力的にならないようにしながらも、成人喫煙者にとって喫煙のより良い代替品として受け入れられるように規制される必要があります。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド