私達と接続する

オーダメイド医療のための欧州連合

EAPM –二国間ワクチン取引に焦点が当てられ、ワクチンに数十億ドルが費やされた

公開済み

on

こんにちは、健康の同僚、そして2021年の何週間にもわたって、今週の最初の欧州個別化医療同盟(EAPM)の更新へようこそ。これは、私たち全員がはるかに良い年になることを望んでいると確信しています。その前任者より。 健康と健康政策は待たない、などのショーで、 EAPM事務局長のデニスホーガン博士は書いています。

EUのワクチン交渉担当者が二国間供給取引を拒否

EUの主任ワクチン交渉担当者は、委員会はCovid-19ジャブの二国間取引に署名する個々の加盟国についての知識を持っていないと述べました。 DG SANTEの責任者で委員会の主任ワクチン交渉担当者であるサンドラガリーナは本日(12月XNUMX日)MEPに、メディアの報道にもかかわらず、ブリュッセルは委員会自身の命令を超えてワクチンの「並行契約」に署名する国を見たり聞いたりしたことがないと語った。 「これらの並行契約は非常に噂されています。私はまだ見たことがありません。 

そして、私はそれを見ることはないと思います。 それは私の見解では存在しないものだ」と語った。委員会は加盟国で何が起こっているかについて「優れた情報」を持っていたと付け加えた。

ブリュッセルは昨年、主要なワクチン開発者と高度な調達契約を締結し、ファイザー/バイオンテックのジャブを300億回確保し、さらに300億回の接種を予定しています。 モデルナジャブは、欧州医薬品庁によってもクリアされています。 ワクチンは、人口規模に基づいて加盟国に配布されます。

ホットシートのガリーナ

そして、ガリーナは、EUのワクチン取引に対する批判を受けて、今日、健康委員会で非難されるでしょう。

委員会は、十分なワクチンを購入しなかったとして一部の四半期で非難されましたが、先週、BioNTech / Pfizerワクチンをさらに300億回確保したにもかかわらず、委員会は、ドイツ系アメリカ人企業の2021ワクチンの多くを入手したことで非難されました供給。 彼女のナンセンスな態度で知られているガリーナは、確かに彼女の仕事を切り落とすでしょう、ボーナスがあります– MEPは今日の時点でCureVac契約を見ることができます、それは保健委員ステラキリヤキデスが月曜日(11月XNUMX日)に発表しました。 

すべてのMEPはCureVac契約を見る資格がありますが、705MEPへのアクセスを手配するのは健康委員会次第です。 「問題は、それをどのように生産するか、どれだけ速く生産するかです。 そして、あなたがもっと注文したなら、それはこれ以上速く生産されることができなかったでしょう」と保健省のスポークスマンであるハンノ・カウツは言いました。 「不足は生産能力の不足から来ています。」 

MEPの視界にもフランス

毎日フランス語 ル·モンド フランスでは、一部の病院でワクチンが十分に供給されておらず、ワクチンの投与量によって針の送達がどのように上回っているかを示しています。 実際、フランスでは、反対派は、戦略がヨーロッパの隣国と比較して遅すぎて慎重であると主張しています。 

そして、二国間協定についての質問はまだ非常にニュースになっています。委員会のスポークスパーソンは11月XNUMX日、保健委員のステラ・キリヤキデスがすべての保健大臣に手紙を送り、「途中で必要なすべての透明性を提供するように求めます。彼らは、私たちが交渉してきた、または交渉している製薬会社との接触、またはむしろ接触の欠如に関して、私たちのワクチン戦略の規定を遵守しています。」 

COVIDワクチンへの英国の支出は12億ポンド近くに達する

公的支出の監視機関によると、数億回分のコロナウイルスワクチンを確保して投与するという英国の取り組みは、これまでに最大11.7億ポンドの費用がかかったと推定されています。 政府は、267億ポンドの予想費用で最大2.9億357万回分を提供するXNUMXつのワクチンの契約に署名し、他のXNUMX社との拘束力のない合意により、合計でXNUMX億XNUMX万回分を提供する予定であると国家監査局は述べた。

試験のスポンサー、ワクチンの配布と投与に関連する費用を含む追加費用は、総支出を11.7億ポンドに引き上げました。 EUとの交渉において、製薬会社は同様のアプローチを追求しました。 英国とEUの両方が、完全な免責の要求を拒否しました。 

がん計画を公表する委員会

欧州委員会のヨーロッパの鼓動する癌計画は、世界対癌デーである4月XNUMX日に予定されていると、DG SANTEの公衆衛生担当ディレクター、ジョン・ライアンは議会の癌委員会に語った。 

欧州連合では、毎年3.5万人が癌と診断されています。 これは深刻な健康問題であり、EU市民の40%に直接影響を及ぼし、ヨーロッパの医療制度と経済に重要な影響を及ぼします。 しかし、癌の症例の最大40%が予防可能な原因に起因しているため、行動の範囲とEUでの症例数を減らす可能性は計り知れません。 

欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、次のように述べています。 誰もが同じ悲しみと無力感を経験しています。 しかし、私たちにできることがあります–個別にそして集合的に。 加盟国のレベルで、そして私たちの欧州連合を通して。 もちろん、ゼロから始めるわけではありません。 しかし、現在行っている以上にできることはたくさんあります。」

欧州の生き方を推進するマルガリティス・シナス副大統領は、次のように述べています。 私たちのヨーロッパの生き方を促進することは、価値観、尊厳、相乗効果にも関係しています。 それは、癌に関するあらゆる政策が構築されるべきものです。 ヨーロッパのBeatingCancer Planは、がんの予防とケアに新しい時代を開くことにより、これを実現するための新しい主要な取り組みです。 一緒に、ヨーロッパのすべての患者、その家族、そしてその友人に希望と人生の機会をもたらす、患者中心の鼓動がん計画を立てましょう。 この戦いに勝つことができます!」 

「ワクチンパスポート」は「リスク」の議論を引き起こします

コロナウイルスに対するワクチン接種が海外旅行の要件になる可能性があるという立法者と少なくとも11つの航空会社による指摘を受けて、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)は月曜日(XNUMX月XNUMX日)に接種を義務付けることは差別的であると述べました。 

健康の専門家も世界的な集団免疫への長い道のりを表明したロイターのパネルディスカッションで、組織の長は「脆弱なグループ」の世界的な優先順位付けを求め、旅行に戻るための潜在的なワクチン要件を宣伝する人々に警告した。 WTTCの最高経営責任者であるグロリア・ゲバラ氏はロイターのビデオパネルで、「就職や旅行のために予防接種を要求するべきではない」と述べた。 「旅行前に予防接種が必要な場合、それは私たちを差別に導きます。」

 ベルギーは、EUまたは世界レベルでさえ「検証可能なCOVID-19ワクチン接種証明書」を支持しています。 そしてここ数週間、スペイン政府は、ワクチンを拒否した人を登録し、他のヨーロッパのパートナーとデータを共有することにより、逆の種類のワクチンパスポートを実装することを示しました。 フランスにも同様の計画がありますが、データの保存期間に制限があり、どの当局がデータにアクセスできるかを指定しているため、データ保護規制当局は、プライバシー規則を順守できると考えています。

各国がrescEUに参加

ベルギー、オランダ、スロベニアはすべてrescEUのホスト国になり、デンマーク、ドイツ、ギリシャ、ルーマニア、ハンガリー、スウェーデンに加わりました。 RescEUの消耗品には、65万を超える医療用マスクと280億11万ペアの医療用手袋が含まれます。 XNUMX月XNUMX日の発表で、委員会はドイツがXNUMX番目の医療予備部隊も追加したと述べた。 

そして、それは今のところすべてEAPMからのものです。素晴らしい一週間を過ごし、安全で元気を保ちましょう。またお会いしましょう。

オーダメイド医療のための欧州連合

EAPM –サイバーセキュリティから大量絶滅まで、健康問題は臨界量に達します 

公開済み

on

Good afternoon, health colleagues, and welcome to the second European Alliance for Personalised Medicine (EAPM) update of the week, in which there are numerous key health concerns up for discussion, EAPM事務局長のデニスホーガン博士は書いています。

Dutch MEP Groothuis to lead cybersecurity bill

Dutch Liberal member of the European Parliament Bart Groothuis is set to be the lead negotiator on the NIS Directive, which is the first piece of EU-wide legislation on cybersecurity. It provides legal measures to boost the overall level of cybersecurity in the EU. The Directive on security of network and information systems (the NIS Directive) was adopted by the European Parliament on 6 July 2016 and entered into force in August 2016. Member States had to transpose the Directive into their national laws by 9 May 2018 and identify operators of essential services by 9 November 2018.

The NIS Directive provides legal measures to boost the overall level of cybersecurity in the EU by ensuring member states' preparedness by requiring them to be appropriately equipped.  Businesses in these sectors that are identified by the member states as operators of essential services will have to take appropriate security measures and to notify serious incidents to the relevant national authority. 

Of course, this has an impact on health care, taking into account recent hacking issues relating to approval procedures of COVID-19 vaccines with the aim to sow distrust in vaccines as highlighted by the EU medicines agency.

Vaccine union

On Wednesday (13 January), the EPP held its online “Towards a European Health Union” conference, with three heads of major mRNA-based coronavirus vaccine companies and three commissioners.  Commission Vice President Margaritis Schinas used the opportunity to declare the EPP “the health party of the European Union”, and Schinas stood by the EU’s joint purchase of coronavirus vaccines, saying: “This is a small miracle happening at the European level: For the first time, a European health union is tangible, emerging reality — not just a soundbite, not just a slogan, not just a clip. It is happening.” 

COVID-19 unlikely to strike twice but guidance should be followed, according to study

Researchers conclude that reinfection is uncommon but still possible and say people must continue to follow current guidance, whether they have had antibodies or not. Scientists from Hong Kong recently reported on the case of a young, healthy man who recovered from a bout of Covid-19 only to be re-infected more than four months later. 

Using genome sequencing of the virus, they could prove he caught it twice because the virus strains were different. Experts say re-infection isn't surprising, but it's likely to be rare, and larger studies are needed to understand why this might happen. Researchers found that those who had already been infected once had 83 percent lower odds of infection compared to those who had never been infected based on both probable and possible positive COVID-19 test results. If restricted to only positive results — where there is a high viral load and symptoms — that number rises to 99 percent. 

German health minister defends vaccination strategy 

Health Minister Jens Spahn has admitted there have been mistakes in Germany's vaccination campaign – but says everyone in the country will be offered a jab by summer. Speaking in the Bundestag on Wednesday, Spahn, of the Christian Democrats (CDU) spoke out over the vaccination strategy in Germany, which has been under fire since it began on 27 December.

"Not every decision in recent months was right," said Spahn. "We are learning from that." However, he said, vaccine production capacity limitations was the problem, not too few contracts. "That's why we have to prioritize," Spahn said."Some things could have been done faster," he added. "Of course there are hiccups in the biggest vaccination campaign in history."

However, Spahn said things will improve."We will be rewarded for our patience," he said. By summer the government believes it will be possible to offer every German resident a vaccination, he added.

Stick to EU vaccination strategy, von der Leyen urges

The European Commission will step up its efforts to help EU countries with their vaccination campaigns — Commission President Ursula von der Leyen is contacting the health ministers across the 27 member states for reassurance that they are sticking to the bloc’s joint strategy. The commission has faced criticism over the amounts of vaccine it has procured for the 27 states, with the president of Cyprus, Nicos Anastasiades, being the latest to voice concern. Anastasiades has said his government is in talks with Israel over a side deal to bolster his country’s efforts, claiming the EU’s procurement was “not enough for rapid and mass vaccinations”. 

His comments followed confirmation in Berlin that the German government had struck a deal with BioNTech/Pfizer for 30 million extra doses beyond those agreed through the commission. On Monday (11 January) a spokesman for the commission declined to comment on the developments in Germany and Cyprus but disclosed that Von der Leyen was now seeking assurances from the EU capitals. 

The spokesman said: “The president has asked Commissioner Kyriakides to send a letter to all health ministers asking them to provide us with all the necessary transparency in the way in which they are complying with the provisions of our vaccine strategy in terms of contacts, or lack of contacts rather, with with those pharmaceutical companies that we have been or are negotiating with. So this letter is currently being drafted, and will be sent as soon as it is ready.” 

Vaccines: MEPs call for more clarity and transparency

MEPs welcomed the European Commission’s openness to share available information whilst also acknowledging that some questions can be better answered by member states and pharmaceutical companies. Many questions concerned possible additional national or bilateral contracts. The Commission confirmed that it is not aware of any such alleged contracts. Through the Joint Procurement Agreement, the EU has priority to deliver vaccines, which will then be distributed to member states on a pro-rata basis.

Lockdowns spread

Germany’s Health Minister Jens Spahn has intimated that his country’s lockdown will continue beyond 1 February, Italy has extended its state of emergency until the end of April, and the Netherlands has extended its lockdown until 9 February. Scotland is placing more restrictions on takeaway food and click-and-collect services starting from tomorrow (16 January).  On Thursday (14 January), French Prime Minister Jean Castex on announced a nationwide 18h curfew as of Saturday (16 January) and stricter measures at the country’s borders to limit the spread of coronavirus.

Anthropologist Schuller raises prospect of human extinction

In his new book, Northern Illinois University (NIU) anthropologist Mark Schuller tackles a frightening prospect that seems all too relevant in these turbulent times: Is the human species headed toward extinction? Published today (15 January) Humanity’s Last Stand: Confronting Global Catastrophe dares to ask this and other provocative questions, exploring the interconnections between climate change, global capitalism, xenophobia and white supremacy. Schuller’s work surveys the struggles of disenfranchised peoples across the globe, from frontline communities affected by climate change, to #BlackLivesMatter activists, to Indigenous water protectors, to migrant communities facing increasing hostility. Across all these spectrums, he argues that we must develop radical empathy, requiring that we move beyond simply identifying ourselves as “allies” in movements for the betterment of our planet and start acting as “accomplices”.

Bringing together the insights of anthropologists and activists from many cultures, the NIU professor’s timely study ultimately points to establishing a more inclusive vision of humanity before it’s too late.

And on that cheery note, we will leave you until next week – have an excellent weekend, stay safe and well, and join us again soon for more health news from EAPM.

続きを読む

EAPMは自信と将来への健全な希望を持って2021年に入ります

公開済み

on

健康の同僚の皆さん、2021年の最初の個別化医療のための欧州連合(EAPM)の更新へようこそ。そして、みなさん、明けましておめでとうございます。 昨日(6月XNUMX日)の米国のキャピトルヒルでの悲惨なシーンは、新年が前任者と同じように進むかどうか疑問に思うかもしれませんが、EAPMは、すべての健康について米国と協力して、今後の良好な協力関係に自信を持っていますジョー・バイデン大統領の最初からの問題、 EAPMエグゼクティブディレクターデニス・ホーガンは書いています。

Beating CancerPlanは新しい発行日を受け取ります 

毎年、EUでは3.5万人が癌と診断され、1.3万人が癌で亡くなっています。 癌の症例の40%以上は予防可能です。 現在の傾向を逆転させることなく、それはEUの主要な死因になる可能性があります。 ヨーロッパのBeatingCancer Planは、患者、その家族、および医療システムのがん負担を軽減することを目的としています。 

加盟国間および加盟国内のがん関連の不平等に対処し、加盟国の取り組みを支援、調整、補完するための措置を講じます。委員会は、3月XNUMX日に欧州のBeating CancerPlanを発表する予定です。, ヨーロッパ中の病気と戦うための委員会の戦略を設定する。 もともとは2020年2021月上旬に発行される予定でしたが、パンデミック対応が優先されたため、XNUMX年に延期されました。

CorWaveが最初の委員会の新興株主として主導権を握る

水曜日(6月XNUMX日)、t欧州委員会は、「非常に革新的な」新興企業や中小企業への投資を開始しました。 最初の投資ラウンドでは、EUは新しいEuropean Innovation Council(EIC)ファンドを通じて178社に42億117万ユーロを投入しました。 新しいタイプの埋め込み型血液ポンプを開発しているフランスの会社CorWaveは、EUをその株主として最初に見ました。 投資を受けるパイプラインにはさらに3社があります。 EIC基金は合計で約XNUMX億ユーロになると予想されています。

ポルトガルのEU議長国はコロナウイルスワクチンに重点を置いています 

ポルトガルの副常駐代表であるペドロ・ルルティ大使は、次のように述べています。「重要なのは、調整し、情報を共有し、共同契約を通じて行われたワクチンの購入を確実にすることです。満たされました。 そしてその意味で、欧州委員会は私たちに定期的な情報を提供するでしょう。」

シャルル・ミシェル理事会議長は、「定期的に国家元首および政府首脳と」展開を調整したいと述べた。 「もちろん、国の能力に応じてこの調整を維持します。」 

予防接種に加えて、ポルトガル大統領は、医薬品へのアクセスの改善、危機への対応能力の強化、デジタルヘルスの擁護など、他のいくつかの健康への野心も持っています。

コンタクトトレーシングアプリの論争

コロナウイルスの危機をきっかけに、コロナウイルスの蔓延を監視し、診断、治療、ワクチンを研究開発し、ヨーロッパ人がオンラインで接続と安全を維持できるようにするためにデジタルツールが使用されるため、欧州委員会のデジタル戦略は新たな重要性を増しています。 しかし、スペインは、ワクチンの服用を拒否した人々を登録して、そのデータをEUと共有できるようにすることを計画していると発表しました。 省のスポークスパーソンは、すべてのデータは仮名化され、ワクチンを断る理由だけを記していると述べた。 法律事務所Intangiblesのスペインのデータ保護法の専門家であるSergioMiralles氏は、提案されたデータ処理は、ワクチン接種センターを訪れて不承認を表明する人々に限定されているため、「合理的」であると述べました。 しかし、「他の国とのデータの共有は…ワクチン接種を受けた国に限定されるべきであり、したがってワクチン接種に反対する国を除外すべきです」と彼は付け加えました。

ドイツが以前の取引を概説しているように、EUはBioNTechワクチンのより多くの用量を求めています

欧州委員会は、COVID-19ワクチンの追加投与を注文することについてBioNTechと話し合っている、とスポークスマンは月曜日(4月450日)に言った。ドイツは昨年200月に追加の注射を確保したと述べた。 人口100億XNUMX万人のこのブロックは、すでにXNUMX億回分のファイザー・バイオNテックワクチンを注文しており、XNUMX月に両社と締結した契約に基づいてさらにXNUMX億回購入するオプションを採用しています。 ワクチンはXNUMX人あたりXNUMX回投与する必要があります。「委員会は、すでに契約しているものに追加の投与量を追加する方法があるかどうかを企業に確認しています」とスポークスマンは記者会見で語った。ファイザーは、EUとの新たな交渉が進行中であるかどうかについてコメントすることを拒否した。

EMAは、EUでの認可にCOVID-19ワクチンモデルナを推奨しています

欧州医薬品庁(EMA)は、19歳からの人々のコロナウイルス病(COVID-19)を予防するために、COVID-18ワクチンモデルナの条件付き販売承認を付与することを推奨しています。 これは、EMAが認可のために推奨した19番目のCOVID-XNUMXワクチンです。 EMAのヒト用医薬品委員会(CHMP)は、ワクチンの品質、安全性、および有効性に関するデータを徹底的に評価し、欧州委員会によって付与される正式な条件付き販売承認をコンセンサスによって推奨しています。 これにより、EU市民は、ワクチンがEU基準を満たしていることを保証し、EU全体のワクチン接種キャンペーンを支えるための保護手段、管理、義務を実施します。

「このワクチンは、現在の緊急事態を克服するための別のツールを提供してくれます」と、EMAの事務局長であるEmerCookeは述べています。 「パンデミックがWHOによって宣言されてからわずかXNUMX年足らずで、このXNUMX番目の陽性ワクチンの推奨があることは関係者全員の努力とコミットメントの証です。

「すべての医薬品について、ワクチンの安全性と有効性に関するデータを注意深く監視し、EU国民の継続的な保護を確保します。 私たちの仕事は常に科学的証拠とEU市民の健康を守るという私たちのコミットメントによって導かれます。」

大規模な臨床試験では、COVID-19ワクチンモデルナが19歳からの人々のCOVID-18の予防に効果的であることが示されました。この試験には合計で約30,000人が参加しました。 半分はワクチンを受け、半分はダミー注射を受けました。 人々は彼らがワクチンを受けたのかダミー注射を受けたのか知りませんでした。 有効性は、以前の感染の兆候がなかった28,000歳から18歳までの約94人で計算されました。

ブロックの周り 

ギリシャは220,000月末までにXNUMX万人に予防接種を行うことを目指しています

ギリシャの保健当局は月曜日に、コロナウイルスのワクチン接種は220,000月末までに最低56万人に達すると発表しました。 、は間もなく提供されるため、利用可能なワクチンの数が増えます。進行中のワクチン接種の進捗状況に関する限り、ギリシャはヨーロッパの平均の範囲内で十分に進んでいます。医師や看護師を含む医療従事者のワクチン接種はXNUMX歳で実施されました。月曜日の公立病院。

オランダのコロナウイルスの封鎖は延長されますか? 

過去数日間、多くの国でコロナウイルスの封鎖が強化または延長されました。 月曜日に、ドイツは既存の封鎖を延長する可能性が高いことが明らかになりましたが、英国のボリス・ジョンソン首相は、少なくとも19月中旬まで続く完全な国家封鎖の下に英国を置きました。現在行われているいわゆるハードロックダウンオランダでは12月6.671日までしか続かないと予測されています。 しかし、マルク・ルッテ首相の次の記者会見の日付であるXNUMX月XNUMX日はすぐに近づいています。 RIVMからの日報によると、オランダのコロナウイルス感染数はわずかに減少しており、月曜日にはXNUMXと報告されていますが、その数は依然として高いままです。 これに加えて、クリスマス休暇の完全な影響は不明であり、新しい非常に伝染性の高い「英国のコロナウイルス」の蔓延、および専門家は、感染数が多すぎて封鎖を解除することを正当化できないことを恐れています。

イタリアのためのより厳しい措置

イタリアは、休日のパンデミック制限を少なくとも15月9日まで延長していると、イタリアの政府当局者は発表しました。規則は、医療や仕事のためでない限り、国の地域間の旅行を禁止しています。 全国のバーやレストランはテイクアウトと配達に制限されています。 イタリアで最も被害が大きかった地域では、人々は10人以下のグループで毎日5,000つだけ他の個人の家を訪れるように言われています。 イタリア当局は、小さな町の住民が特定の日に旅行することを許可しています。 たとえば、18月XNUMX日とXNUMX日には、XNUMX人未満の町の住民は、地域の境界を越えて約XNUMXマイル移動することが許可されます。

そして、これで2021年の初めは終わりです。戻ってきて、安全で元気を保ち、来週初めに最新情報を入手するのは良いことです。

続きを読む

コロナウイルス

サンタはコロナウイルスワクチンのEMA承認を早期に取得しますが、新しい突然変異も同様です

公開済み

on

クリスマスが近づくにつれ、今年最後の欧州個別化医療同盟(EAPM)の更新へようこそ。 世代の中で最も奇妙で困難な年の19つでしたが、EAPMは、2021年のCOVID-4の終了と、EUXNUMXHealthの資金調達メカニズムによってサポートされるEuropean HealthUnionの設立を楽しみにしています。 EAPMエグゼクティブディレクターデニス・ホーガンは書いています。

どうもありがとう

クリスマスが迫る中、今こそEAPMが、この非常に困難な年に、すべての利害関係者とEU保健機関の支援に感謝する時です。 さらに、すべての協力者が2021年に向けて最善を尽くすことを願っており、XNUMX月に私たちが目の前に抱える多くの政策問題について協力することを楽しみにしています。 規制/ポリシーの観点から、これらの主なものは、EU Health Data Space、Pharma Strategy、Orphan Regulation、およびEU Health Unionであり、忘れないように、EU Beating CancerPlanです。 

EMAはワクチンを承認しますが、英国ではクリスマスは概してキャンセルされました

欧州連合の医薬品規制当局は、ブロックの27州で使用するためにファイザー-BioNTechコロナウイルスワクチンを推奨しています。 欧州医薬品庁(EMA)は、英国と米国で流通した後、EUの約448億XNUMX万人の住民にこの薬を承認しました。 EMAの決定から数時間後、欧州委員会はジャブの使用について独自の正式な承認を与えました。 

BioNTech / Pfizerワクチンの出荷は、明日すぐにベルギーの倉庫を離れる可能性があると、BioNTechの最高経営責任者であるSean Marettは本日(22月XNUMX日)確認しました。

さらに、世界保健機関(WHO)は、BioNTech / Pfizerワクチンを月末までに緊急使用リストに掲載する予定です。これは、世界中のより多くの国で利用できるようになるためのステップです。 WHOの予防接種に関する戦略的諮問グループ(SAGE)は、XNUMX月の第XNUMX週にワクチンをどのように使用すべきかについての勧告を発表する予定であるとWHOのチーフサイエンティストSoumyaSwaminathanは述べています。

それは良いニュースです。

少なくとも英国にとって悪いニュースは、感染に対して約70%効果的であると言われている最新のコロナウイルス突然変異の出現により、オランダ、ベルギー、イタリアを含む多くの国々が、フランスとカナダは、英国への旅行を一時的に停止しました。 

何百台もの大型トラックやその他の重量物運搬車がドーバーの外で背中合わせに並んで、そのような停止がいつ解除されるかについてすべての当事者間で議論が進行中ですが、新しい病気の変種のために、英国のボリス・ジョンソン首相はU-ロンドンとイングランド南東部に住む人々が休暇のために他のどの世帯とも混同することを許されないように、クリスマスのために提案された制限の緩和を裏返します。 

英国の他のほとんどの地域では、最大XNUMX世帯と混ざり合う可能性がありますが、これはクリスマスの日のみであり、以前の計画のXNUMX日間ではありませんが、屋内ホスピタリティエリアで他の世帯と交流することは許可されていません。

EU健康プログラムに関する合意、EU4Health

欧州議会の交渉担当者と欧州連合理事会を代表するドイツ大統領は、2021年から2027年までの欧州連合の健康プログラムであるEU4Healthに合意しました。 その予算は5.1億ユーロに達し、EU予算の一部となります。EU保健プログラムは、EU保健システムの質と回復力を高めることにより、COVID-19パンデミックによって露呈した欠点を改善することを目的としています。 

先週報告されたように、医療制度の回復力を高めることで、EU4Healthは、深刻な国境を越えた健康の脅威に直面するために欧州連合をよりよく準備するでしょう。 これは、欧州連合が将来の流行だけでなく、人口の高齢化や健康の不平等などの長期的な課題にも対処するのを支援するためです。

COVID-19危機は、薬物、医療機器、個人用保護具の提供をEU以外の国に依存するなど、国民医療制度の多くの弱点を露呈させました。 したがって、このプログラムは、製品の生産と供給に有利な活動を支援します。

COVAXワクチンの調達を担当するアライアンスであるGAVIのCEOであるセスバークレーは、ワクチンが低中所得国に時間通りに配達されることを記者に安心させようとしました。 

これは、規制当局の承認と各国の納品準備を条件として、2021年の第2四半期に開始される予定です。 GAVIによると、この合意により、2021年に世界中に展開される170億回分のワクチン候補の確保に近づくことができました。 最新の取引には、アストラゼネカとのワクチン候補の500億XNUMX万回分に関する事前購入契約、およびJ&JとのXNUMX億回分のワクチンに関する覚書が含まれています。 

ジョー・バイデンは安全性を証明するために生ワクチン接種を受けます

米国大統領エレクトのジョー・バイデンは、予防接種が安全であることをアメリカ国民に納得させるための努力の一環として、生放送でコロナウイルスワクチンの最初の投与を受けました。 

このイベントは21月19日の同じ日に行われ、Modernaによって製造された317,000番目のワクチンが米国の州に到着し始め、COVID-XNUMXの大流行に対抗してファイザーに加わり、現在米国でXNUMX人以上が死亡しています。バイデン氏は、彼の決定について、「私は先を行くことはしたくないが、アメリカの人々に安全に服用できることを示すことを確実にしたい」と述べた。 

これが2020年のEAPMからのすべてです。この機会を利用して、すべての医療関係者が可能な限り安全で幸せなクリスマス、そして2021年の最高のクリスマスをお祈りします。そうでない場合でもXNUMX月にまたお会いできることを楽しみにしています。前。

続きを読む
広告

Twitter

Facebook

トレンド