私達と接続

食物

農業の変革: 第1回EU炭素農業サミットが気候変動に強い実践の基礎を築く 

SHARE:

公開済み

on

地球規模の環境問題が深刻化し、持続可能な農業ソリューションを求める声が高まるにつれ、 EU炭素農業サミット は、ヨーロッパ全土から専門家、革新者、思想的リーダーを迎え、炭素農業の革新と機会について話し合う準備をしています。 5年7月2024日からXNUMX日までスペインのバレンシアで開催予定のこのサミットは、持続可能な農業と気候回復力の追求において極めて重要な瞬間となることが約束されている。 

が主催する プロジェクト・クレディブルEIT Climate-KIC および SAEイノバ、EU炭素農業サミットでは、農家から政策立案者、環境活動家、技術専門家に至るまで、多様な関係者が団結し、炭素農業実践の導入を促進できる革新的な技術を探求します。  

このイベントは、持続可能な農業土壌管理を動機とするすべての人々のための、EU全体の実践コミュニティを構築する第一歩となります。再生農業アプローチから最先端のモニタリング技術まであらゆるものを紹介し、農業にこれまでとは異なるアプローチをする機会を示します。欧州委員会が準備中の炭素除去認証に関するEUの枠組みも提示され、その実施について議論される。このサミットは、炭素を隔離し、土壌の健全性を高め、生物多様性を促進する技術の進歩に特に重点を置き、協力を促進し、欧州農業の緊急の課題と戦うための実行可能な解決策を推進することを目的としています。  

土壌劣化、水不足、温室効果ガス排出削減の緊急性など、これらの複雑な課題の中で、持続可能な実践への緊急性がかつてないほど高まっています。このサミットでは、イノベーションと体系的なアプローチを通じてこのニーズに取り組み、多様な関係者を協力して取り組み、強靱で持続可能な未来に向けた革新的なソリューションを開拓していきます。 

イベントでの議論のトピックには次のものが含まれます。 

  • EU のさまざまな気候帯や土地利用に関連する農業慣行とは何ですか?また、生物多様性と食料生産を支援しながら気候変動を緩和するにはどうすればよいでしょうか? 
  • 炭素農業への取り組みを支援するために、土壌有機物の経済的価値を正確に測定するにはどうすればよいでしょうか? 
  • 地域クラスターがカーボンファーミング計画を開発できるようにするには、どのような戦略を実装できるでしょうか? 
  • 炭素農業の実践が持続可能性の利益を確実にもたらすために必要な最小要件は何ですか? 
  • 政策手段を組み合わせて炭素農業の取り組みを効果的に拡大するにはどうすればよいでしょうか? 
  • 土壌炭素動態のマッピングとモニタリングのために公的データセットと民間データセットを調和させるにはどのような方法を採用できますか? 
  • 近接センシングとデジタル化におけるイノベーションをどのように活用して、炭素農業の実践を強化できるでしょうか? 
  • 地球観測技術は炭素除去のための測定、報告、検証 (MRV) 手法をどのようにサポートしていますか? 
  • 意思決定に情報を提供し、成果を向上させるために、長期モニタリングサイトからのデータを炭素農業の文脈でどのように効果的に利用できるでしょうか? 

「最初の信頼できるカーボン農業サミットは、ヨーロッパのカーボン農業市場の創出にとって重要なマイルストーンです。カーボン農業のビジネスチャンスを解き放つには、信頼できる認証が必要です。ヨーロッパ全体でカーボン農業をどのように拡大できるかについて、実践者や科学者と議論できることをとても楽しみにしています。」 – Christian Holtzleitner 氏、欧州委員会、DG CLIMA、土地経済および炭素除去ユニット長 

「この最初のEUカーボンファーミングサミットは、気候変動との戦いにおける持続可能な農業の重要な役割を強調しています。EIT Climate-KICは、有意義な変化をもたらす実践的なソリューションを積極的に推進し、ホストの1つとして重要な役割を果たすことを嬉しく思います。多様な意見と専門知識を結集することで、イノベーションと協力的な取り組みに根ざした、より環境に優しく、より回復力のある未来に向けた具体的な進歩を実現するために必要な対話を可能にします。」 – Saskia Visser 氏、土地利用、農業食品、持続可能なバイオエコノミー オーケストレーター、EIT Climate-KIC 

広告

「炭素農業は、農業上の利益というレンズを通してのみ見るのではなく、社会と生物多様性への利益ももたらす長期的かつ総合的な景観修復計画に組み込むことで、最も利益を生むでしょう。これは、劣化した景観を修復するよう人々に促すコミュニティ主導の取り組みを推進する、ブレンド型金融アプローチの一部であるべきです。」 – ウィレム・フェルウェルダ氏、コモンランド創設者 

EU カーボン・ファーミング・サミットは単なる議論にとどまらず、現実世界の洞察や成功事例を共有するためのプラットフォームを提供します。このサミットは、炭素農業の変革の可能性にスポットライトを当てることで、持続可能な農業と回復力のある食料システムへの集団的な移行を促すことを目指しています。 

EU カーボン・ファーミング・サミットの詳細については、以下をご覧ください。 https://www.carbonfarmingsummit.eu/ 

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド