私達と接続

食物

英国の栄養危機を解決するための地域的なソリューション     

SHARE:

公開済み

on

イギリスでは、果物と野菜の消費量を86人当たり推定XNUMX%増やす必要があることが研究で示されている - と書いている サク・ナーワル , 共同創設者 ヴァナヘルス

しかし、私たちのグローバル化した食品システムは、栄養の質を犠牲にして、すぐに入手できることを優先しています。私たちは季節外れの農産物に過度に依存するようになり、化学処理され、途方もない長距離を運ばれ、スーパーマーケットの棚で何週間も放置されることがあまりにも多いのです。

必須栄養素の1日あたりの摂取量に対するアプローチを再考することが急務となっています。これらの課題に対処するには、私たちの栄養ニーズが適切に満たされることを保証する革新的な自家製ソリューションを特定、構築、開発する必要があります。現状では、英国の「生鮮」農産物の輸入方法は、しばしば深刻な栄養不足をもたらし、私たちの長期的な健康と福祉を危険にさらしています。

英国の需要を満たすために、農産物はあまりにも早く収穫され、過度に長い輸送に耐えるため、熟度が不十分で栄養価の低い果物や野菜が生じます。さらに、輸送中の熱、光への曝露、および長期保管により、食事の必需品がさらに減少し、到着時のその後の処理により、この問題が悪化します。

たとえば、長期的な健康をサポートする上で最も重要な栄養素のいくつかは、ポリフェノールとして知られる強力な抗酸化物質のグループです。これらは霊芝、ビーツ、ローズヒップなどの栄養豊富なスーパーフードに含まれており、高血圧やアルツハイマー病などの慢性心血管疾患や神経変性疾患のリスクを軽減すると同時に、強力な抗がん作用をもたらします。

しかし、私たちの食物がどのように収穫、輸送、保管されるかによって、これらの重要な健康構成要素の生物学的利用能が損なわれます。これらの課題に対処するには、最適な栄養保持を確保し、全体的な健康をサポートするために、成熟するまで栽培され、適切な時期に収穫される生鮮食品を優先する協調的な取り組みが必要です。

広告

自家製の解決策の 1 つは、単純に自宅で栽培することです。地元の旬の農産物は最も熟した状態で収穫され、より高いレベルのポリフェノールを保持しています。長時間の輸送に耐える品物と比較して、風味が増し、より大きな健康効果が得られます。さらに、季節の食事を持続可能な農業実践と組み合わせると、排出量の削減と食料安全保障の強化を通じて、地域の環境と経済の回復力に貢献できます。すべてにとってwin-win。

果物や野菜をすべて自分たちで栽培するというアイデアは魅力的ですが、現実的な課題はまだ残っています。まず、英国には、アロニアベリーやタルトチェリーなど、さまざまなポリフェノールスーパーフードが可能な限り最高レベルの栄養密度に達するための生育環境がありません。これらのポリフェノール スーパーフードは、フリーラジカルを中和し、コレステロールを改善し、老化を遅らせる効果的かつ効率的な効果をもたらすために、日光、湿度、土壌組成の完璧な組み合わせを必要とします。

しかし、議論したように、それらはあまりにも早く選択されているか、有害な方法で処理されているため、それらを輸入することは実行不可能です。その効力を最大限に高め、英国人がポリフェノールを豊富に含む幅広い種類のスーパーフードを確実に摂取できるようにするには、輸入品や現地農業の欠点を克服する方法で革新を起こす必要があります。

健康補助食品は、専門的に作られた場合、高品質の農産物に含まれるポリフェノールやその他の必須栄養素を濃縮した形で提供することで、実行可能な解決策を提供します。栄養関連の新興企業である VANA Health が使用しているような、生産と配送に対する革新的な技術的アプローチにより、最も熟した状態で収穫されたスーパーフードの利点を活用し、栄養上の利点を最大限に体に届けることができます。研究に裏付けられたこれらの進歩により、距離や季節に関係なく、重要な栄養素への一貫したアクセスが保証されます。このような最先端の戦略を採用することで、栄養格差を埋め、国民全体の健康状態の改善を促進することができます。

個人の健康上の利点だけでなく、外部の混乱に対する回復力を強化し、すべての人にとってより健康な未来を促進するために、食品消費へのアプローチを再考する時期が来ています。

サク・ナーワルはVANA Healthの共同創設者です。 https://vanahealth.com/- イースト・ミッドランドで生産されるプレミアム液体栄養補助食品会社。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド