私達と接続

Audi Quattro: 全輪駆動の世界における革命

SHARE:

公開済み

on

アウディは素晴らしい車を作ります、そうです!私達はことを知っています。そして、彼らの車はどれもハイエンドの車載技術と運転機能を備えた豪華なものです。同社は世界の自動車産業において数多くの革新を先導してきましたが、その最も顕著な影響の 1 つは、アウディ クワトロでデビューした革新的な全輪駆動システムです。

アウディ クワトロは、全輪駆動システムを搭載した最初の車でした。 1980年に同年のジュネーブモーターショーで発表されました。クワトロは、車に搭載されている XNUMX 本のタイヤ全体にパワーとトルクを伝えることにより、新しいドライブトレインで並外れたトラクションを発揮しました。クワトロが AWD システムをデビューさせてから間もなく、他の多くの新型車がこの技術を統合しました。

今回は、業界における全輪駆動システムの広範な採用におけるアウディ クワトロの影響について考察します。

アウディの 1980 年クワトロが自動車産業に革命を引き起こした経緯

1980 年代初頭までは、ランチアとフォードの後輪駆動ラリーカーが世界のラリーを独占していましたが、1980 年にクワトロが登場して状況が変わりました。クワトロの物語は、アウディのエンジニア、ヨルグ・ベンシンガーがフォルク​​スワーゲン イルティス ジープの全輪駆動システムをテストした 1977 年の冬シーズンに遡ります。

アウディのエンジニアはそのパフォーマンスを見て、より強力な全輪駆動プロトタイプ車両を発売しました。それは「A1」と呼ばれ、ショーケースですぐに成功を収めることになりました。これらすべてを踏まえて、同社は全輪駆動システムの改良に取り組み、1980 Quattro でそれを正式に発売しました。

Quattro は明らかな理由ですぐにヒットしました。 147kWの5気筒ターボエンジンと全輪駆動システムを搭載。アウディ クワトロは、他の自動車メーカーが独自の全輪駆動システムを開発する前に、1982 年から 1984 年にかけて世界ラリーで優位に走りました。

広告

長年にわたり、Audi Quattro 全輪駆動システムは進化し、事実上すべての Audi モデル (ただし標準ではありません) で使用される洗練されたテクノロジーになりました。 AWD の成功により、2 輪駆動システムは「ベース」トリムに追いやられましたが、より高いトリム レベルには全輪駆動が標準装備されています。

アウディが全輪駆動システムを導入してから 40 年以上が経過しましたが、ドライビング ダイナミクスに革命をもたらし、AWD システムの広範な採用を強制する上でのアウディ クワトロの全輪駆動システムの役割は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。

アウディはクワトロ全輪駆動のすべてのモデルを製造しましたか?

1980 年にラリー スポーツカーとしてデビューして以来、アウディ クワトロのすべてのモデルには全輪駆動システムが搭載されていますが、アウディは車両モデルごとにクワトロ ドライブトレインを特定のチューニングに合わせて調整しています。しかし、クワトロはアウディの車を効率的かつ高速にする最高の製品であるだけではありません。しかし、アウディは自動車エンジン用の最高のフィルターも製造しています。

パティキュレートフィルター アウディはその点で特別です エンジンが最高の状態で作動するようになります。このフィルターはさまざまな理由で目詰まりしたり損傷したりする可能性があります。アウディ車のパティキュレート フィルターに故障の兆候が見られる場合は、エンジンが最高のパフォーマンスを維持できるように交換することが重要です。

他に知っておくべきことは何ですか?

さて、重要なことは、アウディのクワトロ システムが世界の自動車大手に自社車両用の全輪駆動システムの構築を後押ししたということです。スバルなどの自動車ブランドは、すべての車種に全輪駆動システムを採用していることで知られています。全輪駆動システムを使用すると、ドライバーはよりスムーズに運転し、(希望に応じて)スタントを実行できます。

また、全輪駆動システムには多くの利点があります。そのため、古い車に 2 輪駆動を搭載した愛好家の中には、アフターマーケットの全輪駆動 (または 4 輪駆動) システムを選択する人もいます。クワトロはアウディの全輪駆動システムの命名法であり、他の自動車メーカーもそれぞれのコードネームを持っています。たとえば、メルセデスの全輪駆動システムは「XNUMXMatic」と呼ばれています。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。
広告

トレンド