#Brexit –「同等のものは永続的なサブスクリプションではなく、取り消し可能な特権です」

| February 13, 2020

欧州議会は圧倒的多数で採択されました 英国との将来の関係に関する交渉に関する立場。 この決議は、すべての親ヨーロッパの政治グループによって共同で起草され、将来の関係のあらゆる側面に関する明確な立場が含まれています。 欧州議会は、金融市場と金融犯罪の分野で、欧州委員会よりも公正な競争(「公平な競争条件」)に関する明確で鋭い声明を発表しています。

Greens / EFAグループの金融および経済政策のスポークスマンであるMEP Sven Giegoldは、次のように述べています。「英国の特別扱いの時期は終わりました。 ロンドンの金融センターに数十年にわたって欧州の金融システムへの永続的かつ包括的なアクセスを提供しようとする英国政府の試みは大胆です。 EUは、英国の金融市場のルールがヨーロッパのルールと互換性があるかどうかについての決定を手放すことはできません。 同等とは永続的なサブスクリプションではなく、取り消し可能な特権です。 単一市場以外のすべての国に既に適用されていることは、英国にも適用されます。 英国がヨーロッパの規則から逸脱する場合、ヨーロッパの金融市場へのアクセスを失うことを期待しなければなりません。

「今日の決定に伴い、議会は英国のタックスヘイブンの傷に指を入れています。 今日でも、英国の海外領土はすでに意図的にヨーロッパのルールを下回っています。 欧州議会は、タックスヘイブンを運営し続ける人々が同時にEU金融市場にアクセスすることはできないことを明らかにしました。 カリブ海やテムズ川のタックスヘイブンは受け入れません。」

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , ,

カテゴリー: フロントページ, Brexit, EU, 欧州委員会, 欧州議会, UK

コメントは締め切りました。