英国は#ClimateGoalを満たすために土地の使用方法を変更する必要があります–アドバイザー

| 28日1月2020年
政府が2050年までにネットゼロエミッションに到達するという気候目標を達成するためには、英国人はより多くの木を植え、肉を減らし、食品廃棄物を削減し、泥炭地を回復する必要がある、と政府の気候アドバイザーは木曜日(23月XNUMX日)に述べた、 書き込み スザンナトワイデール.

英国は昨年、先進国XNUMXか国のグループの最初のメンバーになり、純ゼロ目標を設定しました。この目標を達成するには、英国人の移動、食事、電力消費の方法を大幅に変更する必要があります。

農業、林業、泥炭地を含む土地利用は、12年の英国の温室効果ガス総排出量の2017%を占めていましたが、適切な枠組みで2050年までに約XNUMX分のXNUMXを削減できると気候変動委員会(CCC)は述べています農業政策に関する最初の詳細なレポート。

報告書は、英国が欧州連合とその共通農業政策を離れる準備をしているときに、英国が数十年ぶりに独自の農業政策を策定しつつあることを表しています。

CCCは、毎年17ヘクタール(13万〜30,000億90万本)の森林を植林することで、英国が森林被覆を120%からXNUMX%に増やすべきだと述べました。

報告書によれば、英国人は牛肉や子羊などの炭素を最も多く消費する食品を20%減らし、食品廃棄物を減らすべきだと述べています。 これは、10年のレベルと比較して2050年までに牛と羊の数が2017%減少することになります。

農民は、動物の健康を改善し、放出制御肥料を使用して、土壌と家畜からの排出量を削減することも奨励されるべきです。

「これらの土地の変更には、少なくとも年間約1.4億ポンドの資金が必要であり、その一部は民間部門から、一部は公的資金によって提供されると推定しています」とCCCは述べました。

EUの農業政策の下で、英国の農家は現在、年間約3億ポンドの公的資金を受け取っています。

社会的利益

CCCは、この変更により、大気質の改善や洪水の緩和など、年間4億ポンド相当の純社会的利益を生み出すことができ、炭素取引制度に林業を含めることで資金を提供できると述べた。

CCCは、英国が二酸化炭素を捕捉するために、英国の高地泥炭の少なくとも50%と低地泥炭の25%を回復すべきだと述べた。

英国の泥炭地の多くは、家畜の放牧と農業のための排水の影響を受けており、それが二酸化炭素を大気中に放出する可能性があります。

CCCは政府から独立しており、元英国環境長官のJohn Gummerが議長を務め、ビジネスおよび学術の専門家が含まれています。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, 気候変動, 環境, EU, EU, UK

コメントは締め切りました。