英国は#Heathrowの別の到着エリアで#Coronavirusに取り組む

| February 23, 2020
英国のヒースロー空港は、中国の新型インフルエンザ様コロナウイルスの影響を受けた地域から旅行する乗客のために、英国の運輸大臣グラント・シャップスが水曜日(22月XNUMX日)に述べた、 Sarah Youngを書いています。

ヒースロー空港はヨーロッパで最も混雑している空港であり、英国人口に対するリスクは依然として低いままですが、毎日200,000万人を超える乗客が英国のハブ空港を通過し、17便が中国からヒースローに到着します。

到着に関する新しい措置は、中国の武漢市からロンドンヒースローへのフライトにのみ適用されるとBBCは報告しています。 ヒースローのウェブサイトによると、水曜日の1830 GMTに武漢からのフライトがXNUMX回あります。

「これは、フライトがヒースロー空港に直接到着するときに、人々が到着するための別のエリアを確保するためです」とシャップスは言いました。

武漢は、人間の間を通過するウイルスの発生の震源地であり、その後、米国、タイ、韓国、日本、台湾と同様に他の中国の都市にも広がっています。

中国では、440人の確定症例があると当局が言っているXNUMX人の命を奪った。

シャップスはスカイニュースに、彼がウイルスに注意を払っていると語り、保健当局である公衆衛生イングランドが英国人口のリスクを非常に低いから低いにアップグレードすると付け加えた。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, 中国, EU, 健康, UK

コメントは締め切りました。