#シリアの状況に関するヨゼップ・ボレル上級代表/副大統領とヤネス・レナルチッチ危機管理委員の共同声明

| February 16, 2020

ジョセップ・ボレル上級代表 (写真) 危機管理委員のヤネス・レナルチッチは、シリアの困needしている人々に国境を越えた人道支援の認可を拡大するという国連安保理による最近の決定を歓迎する声明を発表した。

「シリア北部の巨大な人道的ニーズに照らして、理事会が延長に同意しなかった場合、壊滅的な結果が生じていただろう。 しかし、EUは、満たされていないニーズが大規模に続くイラクとシリア北東部のヤロビア交差点の国連安全保障理事会決議2504の適用範囲からの除外を遺regに思っています。 これにより、重要な医薬品や医療機器のシリア北東部への配送が危険にさらされます。

「欧州連合はまた、決議の時間枠の短縮を後悔している。 深刻な人道的ニーズを満たすには、XNUMXか月を超える持続的かつ予測可能なアクセスが必要です。 […]継続的な軍事作戦は、このすでに劇的な人道的状況をさらに悪化させます。 欧州連合は、北西部を含むシリアの脆弱な民間人に人命救助の支援を提供し続けています。 紛争に関与するすべての当事者に対し、即時の停戦を遵守し、民間人の保護を確保し、政治的考慮に関係なく妨げられない人道的アクセスを可能にし、国際人道法を完全に尊重するよう要請する。

完全な声明が利用可能です オンライン.

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, 欧州委員会, シリア

コメントは締め切りました。