#MiddleEastと#Libyaの状況に関する#EESCルカジャヒエ大統領の声明–「これまで以上に、EUがXNUMXつの声で話す時が来ました」

| 28日1月2020年

「EUレベルで組織された市民社会を代表する欧州経済社会委員会(EESC)を代表して、中東とリビアの緊張の高まりについて深く懸念しています。

「EESCは、世界中、特にこの地域でのすべての紛争と微妙な状況の冷静で平和的な解決策が緊急に必要であると考えています。 私たちは、らせん状の暴力のエスカレーションを撤廃するよう求めます。 欧州連合は、移民と難民の危機を含め、近隣のEU近隣で展開している多くの危機が相互に関連していることを考慮して、外交政策のあらゆる側面についてXNUMXつの声で話さなければなりません。

「トルコとリビアは、この地域の海域の境界を定める覚書(MoU)に署名して以来、悪化する一連の外交的エピソードがヨーロッパの国境で繰り広げられています。 ヨーロッパはこれ以上の危機や戦争を買う余裕はありません。

「欧州市民社会の声として、EESCは、イランの核合意を救い、トランプ大統領の歩みに従うヨーロッパへのトランプ大統領の呼びかけに反論するというEUのコミットメントを歓迎する。 そして、現場で実際の結果を生み出すというこのコミットメントのために、EUの統一をパートナーに思い出させるだけでなく、対立する個々の利益を追求することを控え、それに応じて行動しなければなりません。

「私たちは、状況がどれほど重大かつ高リスクであるかを考慮して警戒し続けなければなりません。 制御不能になる可能性があります。 ブレグジット交渉と同様に、不安定な国際情勢に対する私たちのスタンスを主張するとき、ヨーロッパはより団結し、XNUMXつの力強い声で話す必要があります。

「30月XNUMX日に、EESC(外部関係セクション)は、中東の危機的状況と地上での市民社会の役割について特別な議論を行います。」

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, 経済社会評議会, 経済社会評議会(EESC)

コメントは締め切りました。