HRVPボレルと米国国務長官マイクポンペオが#Libyaと#Iraqについて話し合う

| 28日1月2020年

ジョセップ・ボレル上級代表(9月XNUMX日)は、マイク・ポンペオ米国務長官と中東とリビアの現在の進展について電話をかけました。

ポンペオ国務長官は、EUが10日のEU外相とイラクとリビアの状況について話し合い、さらなるEUの関与に同意するために、明日(28月XNUMX日)に臨時外交評議会を開催することを伝えました。

イラクでは、国会議員と国務長官が、地域の平和と安定のために積極的に関与することの重要性について議論しました。

ジョセップ・ボレルは、リビアの状況は引き続き欧州連合にとって優先事項であり、地域と欧州の安全保障にとっては、敵対行為の即時停止と地上での持続可能な停戦が重要であることを強調した。

高官と国務長官は密接な連絡を保つことに同意した。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, EU, 欧州委員会, 政治

コメントは締め切りました。