プラハの#MediaForum2019:無料のジャーナリズム、人権、新技術

| 26年2019月XNUMX日

11月の20-22で、プラハは第2インターナショナル「メディアフォーラム2019:人権、新技術、国際情報セキュリティの文脈におけるジャーナリズムの自由」。 国際メディアの専門家、ジャーナリスト、外交官、弁護士、政治アナリストは、メディアの世界で最も差し迫った問題に取り組み、根本的な解決策を確保しようとします。 今日から始まるメディアフォーラムには、世界中の80の専門家が参加する予定です。

言論の自由の欠如と人権の軽視の問題は、新しい技術の新時代、絶えず変化するコミュニケーションの方法、国際政治関係の不安定なシステムで劇的に成長しています。 グローバルなメディアコミュニティと国際情報セキュリティ、法律の専門家、外交官は、独立したジャーナリズムをサポートし、情報の安全な交換を行う一般的な対処メカニズムを検討するために力を合わせるべきです。 これは、第2メディアフォーラムの主催者の主な目的です。国際問題誌(ロシア)、国際的な独立したプラットフォーム«現代外交»、国際関係誌(ブルガリア)です。

高度な技術と高度に発展した経済システムの時代には、グローバルコミュニティは完全な脆弱性の状態にあります。 以前はインスピレーションを与えたように思われた傾向は、予想外の結果をもたらしました。グローバル化は地元の紛争を悪化させ、寛容は価値と意味の問題を明らかにし、多文化主義はアイデンティティと伝統の主題をもたらしました。 最後に、「法の力」と「力の法」に関する問題が前面に出てきました。

世界はイデオロギーの多極化の時代に入った。 これは、歴史の終わりの著者であるフランシス・フクヤマによって認められました。 「(1992で)当時私が言ったことは、現代の民主主義の問題の1つは平和と繁栄を提供することですが、人々はそれ以上のものを望んでいるということです...疎外感があり、目的なしに感じている個人に対して、これらのIDグループに参加すると、コミュニティの感覚が得られます。 規制されていない市場の利点に関する一連のアイデアが定着したこの延長された期間は、多くの点で悲惨な影響を及ぼしました。」

メディアは、「主流」と呼ばれるものの多くに挑戦する新しい現実を適切に反映する準備ができていますか? これは、セッション「新しいイデオロギーの多極化における現代ジャーナリズム」の主題です。

100年前、マックスウェーバーは、有名な学生向けの演説で、科学者の使命と彼が満たさなければならない新しい要件との間の増大する矛盾について話しました。 真実の探求は、獲得した知識の適用された有効性によって追い出され始めました。 現代のメディアでは、それらの偽装されていない商業化と偏見を目撃している今、似たようなことが起きていませんか? そして、メディアに対する国民の信頼をどのように取り戻すのでしょうか? 米国の地域出版社であるウォルターハスマンは、「解決策は記者、編集者、ニュースエグゼクティブが内向きになり、報告において公正で客観的かつ公平であることを再確認するだけでなく、やっています」。 また、ニュースと意見を分離し、明確にラベル付けする必要があります。

この結果はどのように達成され、ジャーナリストはそれを達成するために何をしますか? 最後に、伝統的なメディアと新しいメディアの境界は、ジャーナリズムの責任と無責任の概念と一致していますか? ジャーナリストの義務に関連するこの問題およびその他の問題は、「現代世界とジャーナリズムの説明責任」および「ポスト情報時代のジャーナリズム」または「誤情報の黄金時代」のセッションで議論の対象となる「。

インターネットと新しい情報技術は、人類に多くの機会を与えており、それはかなりの危険と多くのトラブルを抱えています。 現在、サイバーセキュリティの問題は、個人、大企業、国など、ネットのほぼすべてのユーザーに影響を及ぼしています。 核戦争の恐怖は、同様に破壊的な脅威に置き換えられます。 サイバー戦争は、予測不可能な結果を​​伴って、ポイントおよびローカルから大規模、さらにはグローバルにまで拡大する傾向があります。 サイバーセキュリティの問題は現代のメディアでどのように提示されていますか? 専門家は、「メディアの情報通信技術」のセッションでこれらの問題やその他の問題について議論します。

最初のメディアフォーラムは、スロバキアのブラチスラバで2018で開催されました。 国際的なサイバー協力の側面に対処するための有望な新しいプラットフォームに成長する可能性があるとすぐに考えられ、軍事紛争、メディアと政府の関係におけるジャーナリストの安全性を含むメディア標準の進化する状況を反映した今日の役​​割、政治的多元主義や文化的多様性への挑戦。

第2メディアフォーラムのメディアパートナー:ビジョンとグローバルトレンド、国際グローバル分析研究所(イタリア)、Diplomat Magazine(オランダ)、全米国際情報セキュリティ協会(ロシア)、The European Perspectives Journal(スロベニア)。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, 人権

コメントは締め切りました。